• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

人気急上昇中!潤いと発色で大人女子も大注目の色つきリップ

Date:2014.05.21

以前は子供のものというイメージが強かった「色つきリップ」ですが、最近は大人の女性も大注目のメイクアイテムになってきています。人気急上昇中の色つきリップについてご紹介しましょう。

色つきリップの魅力とは?

私が子供の頃にも色つきリップがありましたが、ポップで子供っぽいイメージで実際に使うと唇が乾燥してしまったり、今思うとまさに子供向けの商品というイメージでした。でも今は全然イメージが変わり、保湿成分や色味にこだわっていたり、その品質も急上昇中なのです。

最近はナチュラルメイクが主流だということもあり、口紅でもグロスでもなくナチュラルに見える色つきリップを選ぶ人が増えているようです。

色が強くつきすぎないので鏡を見なくてもグリグリ塗れて、潤いも補給できることから、メイク直し用に常備しているという人も多数。単価が安く手に入りやすいので、色んな種類を試せるというのも人気の秘密です。

実際、色つきリップ愛用者は

「バッグに2本は入っている。」
「新しいのを見かけると買ってしまう。」

という人も多いようです。

「ノーメイクで使っても浮くことが無く、ちょっとそこまでの外出でもリップを塗るだけで血色がよく見える。」

という人から、

「オフィスで毎日使ってるけど、色んな意味でちょうどいい。」

という人まで、活用の範囲がとても広いというのも魅力です。人気の上昇と共に新作も続々発売されていますので、まだまだ色つきリップに大注目です。

色つきリップの選び方

色つきリップには大きく分けて2種類があります。1つはリップに色素が入っているもの、そしてもう一つは見た目は透明だけど塗ると色が出てくるもの。

初心者や何度も重ね塗りするような使い方をする人は、色の調節がしやすいのでリップに色素が入っているものがオススメです。

私も実際に様々な種類の色つきリップを使ってみたのですが、発色がいいものは乾燥しやすく、保湿力が高いものは色つきが悪いという傾向があります。自分の好みに応じて商品を選ぶ必要があります。

塗ると色が出てくるタイプのものは、使う人によって色の濃さや出方が異なります。同じ商品を使っても「ベビーピンクに発色した!」という人もいれば「ピンクが濃すぎて使えない!」という人も。発色や色味の合う合わないがはっきりと分かれやすいようです。

発色の仕方にもよりますが、重ねづけすると色が濃くなりすぎてしまう場合も。しかし、色味が自分に合うものが見つかれば、色落ちしにくいのでとても便利な商品です。

この記事をシェアする

関連記事