• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

多忙な社会人でも成功!忙しい人向けのヘルシー&効果絶大ダイエット

Date:2014.11.17

朝から晩まで仕事漬け。残業や休日出勤も当たり前。習い事もあるし、友達と会う時間も必要。でも、家に帰ったら家事が待っている…そんな忙しい日々を送っている人は、ダイエットしたくとも、そんな時間がないと思われるかもしれません。

でも、コツをつかめば、忙しくても賢くヘルシーにダイエットできてしまうのです!諦める前に、少しだけ頑張ってみませんか?

1. 朝食はしっかりと

出社前の朝は誰しも忙しいですよね。それで朝食をとらなかったり、コーヒー1杯に菓子パンで終わりにしてしまっていませんか?

朝起きた時点で、すでに前日の夕飯からかなりの時間が経っていて、身体は飢餓状態になっているはずです。会社でマフィンでも食べるから…なんて言わず、朝食をとりましょう。

朝食を食べない人は太りやすくなります。また、低脂肪で卵などのたんぱく質を朝食に食べる人は、同じカロリーのベーグルを食べるよりも65%多く減量ができたという報告もあります。

腹持ちのために繊維がたっぷりのシリアルに低脂肪牛乳をかけ、フルーツ、そして卵やヨーグルトなどのたんぱく質を足すと更に良いでしょう。または、繊維たっぷりで、更に血糖値を急上昇させない全粒粉のパンで野菜を入れたエッグサンドなんていかがでしょう?

2. 軽食も気を付ける

結局時間がなく朝ごはんを食べないで会社に来てしまい、マフィンとコーヒーでお腹を満たしてみた…。その時は確かに満足するのですが、あとですぐにお腹が空いてしまいます。

というのも、甘いものは急激に血糖値を上げ、その後急激に下げてしまうため、食べる前よりもエネルギーが落ちてしまうのです。こうなったら思わずお昼はこってりしたものを沢山食べてしまう可能性が大です。

そこで、マフィンなどの甘いものの代わりに、全粒粉のクラッカーや、全粒粉のパンで挟んだ低脂肪のチーズサンドウィッチ、リンゴなどを用意しておきましょう

また、アーモンドを食べるのもお勧めです。8-9粒ほどで100キロカロリー以下ですし、更にはタンパク質もカルシウムも摂れます。

3. リラックスして昼食を食べる

忙しくて、パソコンの前で仕事しながら食べたり、携帯をいじりながら食事をしていませんか?このような「ながら食べ」は満腹感を得ることができません。

忙しくとも、一度コンピュータの画面を切り、携帯はしまって、集中してよく噛みながら昼食を取りましょう。満腹感も出ますし、仕事から一旦離れてリラックスすることで、仕事の効率も上がりますよ。

4. 息抜きの散歩を

可能であれば、昼食後に一息ついたら、軽く散歩をしてみましょう。会社の周りを外の空気を吸いながら一周してみたり、社内を少し歩いてみたりしてみましょう。時間がなかったら、トイレに少し遠回りして歩くだけでも構いません。

特にOLさんは同じ姿勢で作業をしていて、身体の筋肉が固くなってしまっています。それをほぐしてあげることで身体がリラックスできますし、新陳代謝も自然と上がります。

5. 夕飯までの時間を乗り切る

お昼後夕食までの時間が空きすぎて、反動で夕飯をドカ食いしてしまう危険があります。軽食を会社に用意しておきましょう

低脂肪のシリアルバーのようなものやナッツを少し食べるだけで、お腹が落ち着き、イライラ感もなくなります。また、甘いものが欲しくなったらダークチョコレートを食べましょう。

6. 味見をやめよう

家族がいる方は特に、手間をかけて夕食を作る方が多いでしょう。でも匂いに誘惑され、延々と味見をしてしまう…それはカロリーの摂り過ぎに結び付きます。そこでミントのガムを噛んでみましょう。食欲を減少させてくれます。

7. 夕食はスープやサラダから

夕食を食べるときには、スープやサラダなど、水分の多いものから食べましょう。この方法で食べ過ぎを防ぎ、カロリーを10%ほど抑えられるという報告があります。なお、マヨネーズたっぷりのサラダやクリームスープはNG。150Kcal以下のものをどうぞ。

8. テレビは消す

夕飯も終わりゆっくりとテレビを観るのもリラックスできますよね。でも、テレビはほどほどにしましょう。その時間を電話で話したり、他の作業に回すことでカロリーがもっと消費されると、研究でも証明されています。

また、テレビを観ながら思わずお菓子をつまんでしまう方も多いはず。これは食べた量が把握できず、NGです。

9.早く寝よう

夜更かしするとお腹が空いてきて、思わず寝る前に食べてしまうものです。できる限り早く寝ましょう。万一お腹が空いたら、ホットミルクやハーブティーを飲むようにしましょう。

そしてぐっすりと寝ること。寝ることは大切で、睡眠を減らすと体重が増えるという研究結果もあります。肥満の原因の一つとなるストレスも眠ることで解消されるのです。早く寝て明日に備えましょう!

この記事をシェアする

関連記事