• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

香り高いジャスミン茶の効能。ダイエット、リラックス、美肌効果も!

Date:2016.06.07

shutterstock_287496440スーパーやコンビニ等でよく見かけるジャスミン茶。一度くらいは飲んだ方も多いのではないでしょうか。

ジャスミン茶は花の香りを楽しめるのはもちろんですが、実は女性に嬉しい効果を持ったお茶としても知られています。

今回はそんなジャスミン茶の効果、効能についてご紹介していきたいと思います。

ジャスミンってどんな植物?知っているようで知らない花

ジャスミンはモクセイ科ソケイ属に属する植物で、実はハーブの一種としても知られています。

主な原産地は

  • インド
  • 東南アジア
  • アフガニスタン

などのアジア、アフリカ地域です。

主に、甘い香りを持つ花の部分が使われ、精油はもちろんですが、他にジャスミン茶、デザートやドリンクなどのトッピングとしても使用されています。

ジャスミンの精油は700kgの花からわずか1kgしか採れないため、大変貴重で高価なものだそうです。

ひょんな発想から生まれた!?ジャスミン茶の歴史とは

ジャスミン茶は中国、明の時代に登場したお茶です。

貴族などの限られた人のみが楽しんでいたお茶を飲むという習慣が一般市民にも広まっていく中で、茉莉花(まつりか)の花を加えたら良いお茶が出来るのではないか、という考えが生まれます。

そして誕生したのがジャスミン茶だったのです。

その後、日本にも輸入されるようになりますが、同じ中国茶のウーロン茶よりも輸入されるのは早かったそうです。

ジャスミン茶は緑茶やウーロン茶などのベースとなるお茶に花の香りをつけたお茶で、花茶と呼ばれるお茶の中でも最も人気が高いものとして知られています。

花茶とは緑茶などの茶葉に花や果物の香りをつけたお茶のことを指します。

一言にジャスミン茶といってもその種類は多くあり、ジャスミンの花の種類、ベースとなるお茶の種類、加工の違いにより大きく異なります。

実は沖縄でよく飲まれているさんぴん茶もジャスミン茶の一種なのです。

美容、健康に嬉しい成分がたっぷり!ジャスミン茶がもたらす効果

ジャスミン茶には女性に嬉しい効果がありますが、それでは一体どんな効果が得られるのでしょうか。

詳しく見ていきたいと思います。

強い燃焼効果でサポートする!ダイエット効果が抜群

ジャスミン茶に含まれる

  • ベンデルアセテート
  • タンニン
  • カフェイン

などの成分がダイエットに効果があると言われています。

ダイエットについては後ほど書いていきますね。

ストレスや気分の落ち込みに強くなる!リラックス効果も

ジャスミン茶の香りの成分、ベンデルアセテートには脂肪燃焼の他に脳をリラックスさせる効果があります。

ストレスを感じた時、気持ちが不安定な時にジャスミンの香りを嗅げば気持ちが落ち着くと言われています。

ジャスミン茶は気分が不安定になりやすい女性の味方の飲み物なのです。

辛い時期を乗り切る!PMSを軽くするジャスミン

女性のお悩みであるPMS。毎月悩んでいる方も多いと思いますが、ジャスミン茶はそのPMSを軽減するのにも役立つとか。

PMSで悩んでいる方には嬉しい飲み物ですよね。

また、前述の通り精神安定にも効果があるので生理前の気分の落ち込みやイライラを抑えるのにも有効でしょう。

さらに、ホルモンバランスを整えてくれるので、PMSだけでなく

  • 生理不順
  • 更年期

にも効果があります。

生理が毎月規則正しく来ない、という方、また、更年期の症状に悩まされている方にも是非飲んでもらいたいお茶です。

肌荒れとおさらば!ビタミン類とホルモンバランスの改善が美肌に

ジャスミン茶に含まれる

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ミネラル

は美肌効果のある成分です。

ビタミンCはシミ、そばかすを防ぎ、美白へと導きます。また、アンチエイジングや肌ツヤ、ハリを作るとされるビタミンE、さらに、ミネラルによって肌が美しくなるのです。

その効果は

  • 乾燥肌
  • 敏感肌

などあらゆる肌荒れに有効であると言っても過言ではないでしょう。

ジャスミン茶はPMSや更年期にも効果があると記しましたが、女性ホルモンが安定することはお肌の調子が良くなることにも繋がっています。

生理前などはニキビが出来たり、何かとお肌も荒れがち。しかし、女性ホルモンが安定することで便秘が解消され、肌荒れも改善することが出来ます。

ジャスミン茶は内側から美しくなれるお茶だったのです。

仕事が捗らない時にほっと一息。飲むことで集中力アップ

ジャスミン茶のうま味成分、テアニンには集中力をアップさせる働きがあります。

また、他にストレス解消にも効果があることがわかっており、仕事や勉強が捗らない時におススメ!

集中力が欠けた時や仕事や勉強でストレスを感じた時、ジャスミン茶を飲んでほっと一息ついてみてはいかがでしょうか。

飲むと仕事や勉強を再開した時に集中力が上がり、作業をスムーズに行うことが出来ますよ。

日常的に取り入れて健康的な体を。生活習慣病予防に

タンニンに含まれるカテキンには抗酸化作用があります。その威力は同じ抗酸化作用を持つことで知られるビタミンEの約50倍もあるとか。

そのため、アンチエイジングや生活習慣病予防に大変効果的であることがわかっています。

よく、緑茶は体に良いということを聞きますよね。それはカテキンが強い抗酸化作用を持っているからなのです。

具体的には

  • コレステロールの増加を防ぐ
  • 血糖値の上昇を抑える

といった生活習慣病の原因となるコレステロール等の増加を抑えてくれます。

コレステロールが増えてしまうと心筋梗塞や脳梗塞に陥る危険が、また、血糖値が上がってしまうと糖尿病を引き起こしてしまう可能性があります。

これらを防ぐために、コレステロールを増やさないこと、血糖値を上げないことが大切なのです。

もう臭わない!強い殺菌力、消臭力で口臭・体臭を予防

ジャスミン茶に含まれるカテキンは強い殺菌力、消臭力を持っているため、

  • 口臭
  • 体臭

を予防する効果があります。

さらに、ジャスミンの香りが臭いを抑えてくれるので、嫌な臭いを抑えてくれます。

日常的にジャスミン茶を飲んでいれば、

  • 焼き肉
  • 餃子

などのにんにく料理を食べた後、また、喫煙をする方も臭いが気にならなくなります。

また、体臭が気になる方にもおススメ!特に夏は体臭が気になることって多いですよね。ジャスミン茶を飲めばそんな嫌な体臭にも対応出来ます。

口臭や体臭が気になってサプリを飲んでいる方も多いと思いますが、ジャスミン茶なら自然な素材から出来ているので体にも良いですし、安心して飲める点が良いですよね。

二日酔い時の頭痛にも!お酒のお供にジャスミン茶

ジャスミン茶はアルコールの解毒作用を持っています。そのため、二日酔い対策としても効果抜群!飲みすぎた時にジャスミン茶を飲めば二日酔いから守ってくれます。

新年会や忘年会など何かとお酒の席が多い時期にはぜひジャスミン茶の力を借りてみてはいかがでしょうか。

また、二日酔いで経験するあの嫌な頭痛…頭がガンガンして辛いですよね。ジャスミン茶には鎮痛効果も兼ね備えているので、そんな二日酔いの時の頭痛も抑えてくれるんです。

ダイエットに効果大!ジャスミン茶は女性の味方の飲み物

ジャスミン茶にはダイエット効果があることを先ほどご紹介しましたが、これから、その成分とダイエット方法について詳しくご紹介していきますね。

燃焼効果抜群、ベンデルアセテート

香り成分、ベンデルアセテートにはリラックス効果はもちろんのこと脂肪を燃焼させる効果があります。

脂肪の吸収を抑えるタンニン

カテキンに含まれるタンニンは体内への脂肪の吸収を抑えてくれる効果があります。そのため、肥満となることを防いでくれるのです。

さらに、体脂肪の減少にも効果があるため、タンニンはジャスミン茶ダイエットには欠かせない成分であると言えます。

体内への脂肪の蓄積を防ぐカフェイン

カフェインには体内の熱の増加を促す働きがあります。そのため、脂肪を燃焼し、体に蓄積されるのを防いでくれるのでダイエットには有効な成分と言えます。

ジャスミン茶はダイエットに有効な成分であるベンデルアセテート、タンニン、さらにカフェインが同時に摂れる優れモノだったのです。

さらにジャスミン茶を始め多くのお茶はカロリーがゼロというのもダイエットを行う上では嬉しいですよね。カロリーを気にしなくて良いから安心してダイエットを行えます。

飲むだけ簡単!ダイエットに効果的なジャスミン茶の飲み方とは

ジャスミン茶は効果を持続させるために継続して飲むことが大事です。時々飲んでも良いですが、ダイエット効果を狙うなら継続して飲んだ方が良いのです。

また、カフェインの効果を最大限に生かすために、運動する30分前にジャスミン茶を飲むことをおススメします。

カフェインの効果は飲んでから30分後に現れるそうなので、運動前に飲めば運動中に効果を発揮してくれますよ。

飲みすぎも良くない!カフェインの摂りすぎにはご注意を

美容と健康に良いジャスミン茶ですが、カフェインも含まれているため、飲みすぎには注意するようにして下さい。

ジャスミン茶に含まれるカフェインの量はベースとなっている茶葉の種類によって違いますが、ベースとなるお茶の中でも紅茶は発酵を完全に行っているので、最もカフェインが多く入っており、その量は100ml当たり30mgだそうです。

煎茶やウーロン茶は100ml当たりカフェインが20mg含まれているので、カフェインを控えたい方は煎茶やウーロン茶がベースのものを飲むことをおススメします!

妊娠中や授乳中の方の一日のカフェインの目安は200mgまでと言われています。200mgをティーカップに置き換えると煎茶やウーロン茶がベースのもので一日5杯まで。くれぐれも5杯以上は飲まないようにしましょう。

ジャスミン茶はリラックス効果や女性ホルモンを整える働きがありますが、その反面、カフェインも含まれているということも忘れずに!

女性に嬉しいお茶、ジャスミン茶を飲んで内側からキレイに

shutterstock_429363898---コ
ジャスミン茶について見てきましたがいかがでしたでしょうか。普段何気なく飲んでいる方も多いと思いますが、こんなにも女性の味方のお茶だなんて驚きですよね。

ジャスミン茶はジャスミンと緑茶両方の効果を得られるのでジャスミンや緑茶だけをそれぞれ摂るより効率が良い飲み物です。

美容や健康を保つためには毎日の継続が大切。

最近ではどこでも見かけることも多くなりましたし、手軽に飲める飲み物ですので、生活の一部に取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント一覧

  • お茶大好き😆💕

    元々お茶類は何でも😆👌❤です
    更年期にダイエットや美肌効果やコレステロールにも良いなんて最高の お茶だと思います☺
    私が飲んでいるのは伊藤園のティーパックですが他の名か➰とは効果効能は変わらないのでしょうか❓教えて下さい(^O^)🎵

    返信
  • エリザベス

    ハーブティーは、女性のために、いいです。カモミールは、リラックス効果があり、女性には、いいですよ。後、ローズヒップティーは、美容に、いいです。

    返信

コメント