• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

脱「地味女」!無難カラーを使いこなすファッションのコツとは?

Date:2015.03.14

shutterstock_231072544_
服の整理をしていたら、クローゼットやタンスの中が、黒やネイビー、ブラウンやベージュばかり…なんて、ベーシックカラーのアイテムばかり増えていく、筆者と同じような方はいませんか?

それらベーシックな色は、誰にでも似合って、コーディネートをする上でも合わせやすいのが魅力の「無難カラー」です。しかし、一歩間違うと「地味」と言われるカラーでもありますよね。

今回は、筆者自身のファッション改善のために、無難カラーを上手にファッションに取り入れるコツを調べてみました。

あなたのファッション、大丈夫?

よかれと思って着ているファッションが、実は人から「地味…」と思われているのかも?

大人っぽい≠地味

無難カラーが集まる理由はさまざまです。

コーディネートがしやすく誰にでも似合うという便利さのほかに、大人の女性であれば、ビビッドなカラーやパステルカラーを着ることに「大人げないかな?」と抵抗がある人もいるのではないでしょうか。

または、プライベートのほかビジネスシーンでも合わせやすい、という理由も挙げられます。

つまり、落ち着いた大人にふさわしいファッションのカラーとして、無難カラーは集まっていくのです。

しかし、「大人っぽい」を狙ったファッションは、一歩間違えると途端に「地味」な印象になります。無難カラーでまとめてもオシャレに見せるファッションには、いくつかテクニックが必要なのです。

お手本は海外セレブ!

海外セレブたちのプライベートショットを見ると、だいたいとてもラフなファッションに身を包んでいませんか?

ブーツにデニム、シンプルなシャツ、そこにサングラスやニット帽など、アイテムだけ並べるとひとつひとつはとてもシンプルです。カラーも、全身見事に無難カラーでまとめているセレブは珍しくありません。しかし、彼らが着るととにかくオシャレですよね。

それは、着ている人が違うから…ではないのです。シンプルなものをオシャレに着る方法を、彼らが知っているからです。

無難カラーをオシャレに着るコツ

ベーシックカラーのアイテムを地味と思わせず、オシャレに着こなすコツを5つご紹介します。

1.素材で変化を

全身を同色系でコーディネートしたり、トップスもボトムも無地のもので合わせる時は、「素材」で変化を持たせるとファッションにメリハリが出ます。

たとえば、トップスもスウェット素材、下もスウェットのマキシスカートだと、全身がのっぺりとした印象になります。これを、トップスをざっくりと編んだニットにすると、たとえ無地のシンプルなアイテムの組み合わせでも、表情が出てきますよね。

単色か2色くらいのコーディネートで、アイテムそのものがシンプルな時ほど、素材にレザーやデニムなどインパクトがあるものを選ぶとオシャレに見えます。

2.1アイテムにサシ色を

雑誌やテレビのファッションコーナーでもよく耳にする「サシ色」ですが、クローゼットに無難カラーが集まっている人ほど、簡単にオシャレに見せてくれるテクニックです。

まず、同系統の色でコーディネートを組んだら、何かひとつサシ色としてアイテムを足しましょう。

サシ色に悩んだら、クローゼットにある「無難じゃないカラー」のアイテムをひとつ選んで、それを基準にコーディネートを考えます。

ポイントは、サシ色のアイテムはひとつだけに抑えること。あまりあちこちにサシ色を散らばすと、「やり過ぎ」の印象が強くなり、こなれ感が出ないようです。

3.ライン、サイズにこだわりを

服を買う時についやってしまうのが、試着を面倒臭がってしまうこと。

しかし、シンプルなカラーでコーディネートをする上で、服の試着は必須です。シンプルな服をオシャレに着こなす人の共通点として挙げられるのが、服のサイズが体に合っていて、ラインが美しく見えることです。

特に、シンプルなシャツやデニムは、サイズやラインの美しさで、野暮ったく見えるか、こなれて見えるかが左右されます。

また、激安でたたき売りにされているような服は、着た時のラインまで考えられていないものも多いです。長く着続けるデニムやブーツなどは、少し奮発しても信頼の置けるメーカーのものを選ぶ方が使えます。

4.小物使いは計算して

小物は上手に取り入れると、無難カラーのファッションが一気に垢抜けます。

しかし、小物と一括りに言っても、帽子やストール、メガネ、ネックレスなどのアクセサリー類など、種類は無限大です。

これらを持っているだけ全部取り入れたとすると、途端にゴテゴテとした野暮ったい印象になってしまいます。

小物使いは、足し算と引き算です。ボリュームのあるストールをまいたら、帽子はかぶらない。大き目のピアスをつけたら、ネックレスはシンプルまたはつけない、など、バランスをとるようにすると、「シンプルだけどオシャレ」な小物使いができるはずです。

5.髪型、体型は油断しない

無難カラーを使いこなす上で、この最後のコツがもっとも難易度が高いのでは、と思うのですが…

シンプルなファッションであるほど、着る人の体型で印象が大きく変わります。

無難カラーのアイテムを、大人の女性らしくすっきりと着こなすには、体型もまたすっきりしていると難易度が一気に下がるのです。体型をキープすることも、自分の好きなファッションを楽しむためには必要なのではないでしょうか。

また、ヘアスタイルも重要です。髪がぼさぼさのまま、無難カラーのファッションに身を包むと、完全にコンビニスタイルに見えてしまいます。

ロングヘアなら、ラフにおろしても髪にツヤが出るようにヘアクリームをつけたり、ショートならしっかりとスタイリングを欠かさないなど、ヘアスタイルをきちんとしているだけで、無難カラーのファッションにこなれ感が出てきますよ。

使いこなせばオシャレ上級者

無難カラーのファッションアイテムは、上手く使いこなせば誰でも似合って、しかもオシャレ上級者に見せてくれます。

さらに、シンプルな分だけ誰からも好まれやすく、好印象を持ってもらえるファッションです。

ぜひコツをつかんで、無難ファッションをオシャレにランクアップさせてみてください。

この記事をシェアする

関連記事