• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性の「おひとりさま」の過ごし方。慣れれば魅力的な一人行動!

Date:2017.10.10

女性の中には一人で過ごす事にとても抵抗を感じる人が居るようです。

「寂しそうに見えるから」「知らない人だらけの場所に一人で居たくない(話相手が居ないとつらい)」「誰かと感情を共有したいから」

など理由は様々あるようですが、「勿体ないなぁ」と思います。

勿論一緒に過ごせる人がいるのは素晴しい事です。友達が多いのは人とのコミュニケーションに長けているという事ですし、誰かと一緒に作った思い出はかけがえのない宝物になります。

でも一人で過ごす時間は決して寂しいみじめなものではありません。一人の時間を持つことは、人づきあいに疲れた心の休息にもなりますし、ゆっくり自分と向き合う機会にもなります。

是非「おひとりさま」の楽しさを知って、一人の時間を満喫して頂ければと思います。


おひとりさまのメリット・デメリット

一人で行動する事のメリットは、すべて自分で決められるということ。何処に行くか、何で行くか、何をするか…全て誰かに気を遣うことなく、自分の好きなように決められます。

時間を自分の為に自由に使う事が出来ますし、他人のペースに合わせて動く必要もありません。

また、会話に気を取られる事がない為、誰かと居ると見落としてしまうような事に気付ける、というメリットもあります。

一方、おひとりさまのデメリットは、「荷物を置いて動けない」こと。例えばちょっとトイレに行くのに荷物を置いてその場を離れる、という事が出来ません。

また、日本は「おひとりさまに寛大な国」だと言われています。海外では、女性が一人で出掛ける事自体が「ありえない」という価値観の国もあるようです。

イタリアなどでは一人で居るだけで「普通じゃない人」のような対応をされて、実質女性が外で一人で過ごす事は不可能なんだとか。一人で海外旅行などを計画する時は注意が必要ですね。

是非一人で満喫してほしい、おすすめの過ごし方

それでは休日におすすめの、「一人○○」を提案したいと思います。「これなら出来るかも…!」と思うものがあったら、是非トライしてみて下さいね。

一人カフェ
例えばゆっくり読書をしたい時、持ち帰った仕事や作業に集中したい時などにカフェは最適な場所です。
家だとテレビやマンガ本なんかがあって気が散るなぁ、という時は本やノートパソコンだけを持ってカフェへ行けば、コーヒーを飲みながら読みたい本や作業だけに集中する事が出来ます。
お腹が空いたら自分で作らなくても美味しいご飯も出て来るし、至れり尽くせりですね。

▼一人ランチについてはコチラも参考にしてください!

一人ランチの記事のトップ画像キャプチャ
一人外飲み
「一人外食」よりも「一人外飲み」の方が難易度が低いように思います。特にバーなどであれば一人で座って飲んでいてもそんなに違和感もなく目立ちません。
テーブル席よりもカウンターの方が自然だと思います。思いがけず店員さんや近くに座った人との会話に花が咲くことも。
一人で映画館
映画が始まってしまえば館内は暗くなるし、映画を見に来たのですから、誰も周囲の人の事など気にしていません。
ですので一人で映画館もそれほど敷居は高くありません。
上映が終わった後に感想を言い合う、という楽しみは味わう事ができませんが、映画に集中できるし、一人でじっくりとストーリーを思い出し、余韻に浸ることも出来ます。
一人美術鑑賞、史跡めぐり
美術館や博物館、史跡などは一人の時間を楽しむのにぴったりの場所です。
もともと静かに鑑賞するのがマナーですし、じっくりと作品や資料を見る事に集中できます。
一人で鑑賞する際は是非展示物に添えられたキャプション(作品についての説明書き)も読んでみて下さい。
解説をしてくれる職員の方が居ればお話を聞いたり、音声ガイドを利用するのもおすすめです。

▼美術館の楽しみ方についてはコチラも参考にしてください!

美術館の楽しみ方の記事のトップ画像キャプチャ
一人カラオケ
「ヒトカラ」とも呼ばれる一人カラオケ。ちょっと恥ずかしいのは受付の時だけです。(それも慣れれば平気になります)
個室に入ってしまえばマイクは独占状態、心ゆくまで歌うことが出来ます。ストレス発散にもなりますよ。

▼一人カラオケについてはコチラも参考にしてください!

一人カラオケの記事のトップ画像キャプチャ
一人旅
乗り物やホテルの手配、計画など、全て自分でしなければなりませんが、旅行会社では一人旅向けのプランなども用意されています。
一人旅なんてしたことないよ…という人も一度旅に出てみれば、こ、これは楽しい!!と思う筈。
誰かと行くのとはまた違った、一人旅ならではの魅力があるのです。現地の人や旅先で出会った人との交流も、素敵な経験になると思います。
グルメツアーや買い物三昧、ライブやイベント遠征、ダイビング等のアクティビティ…あなたのやりたい事だけを叶える旅を計画してみませんか?
一人ホテルステイ
ラグジュアリーなハイクラスのホテルに一人で泊まる。快適で高級感あふれる素敵な空間でゆったりと過ごす。
これ、本当におすすめです。贅沢な気分に浸れるしとても癒されるんです。
お気に入りの本やDVDを持ち込んでお部屋にこもったり、ルームサービスを取ってティータイムを楽しんだり。
プールやフィットネス、スパが併設されているホテルなら体を動かしてスッキリしたり、ボディトリートメントで疲れた体をケアしたり…。
リフレッシュして、また次の日から仕事や家事を頑張れます。
時々は「自分へのご褒美」にホテルステイをするのも良いものですよ。
一人ハイキング
「山ガール」という言葉も生まれ、女性の間でも休日は登山を楽しむ、という過ごし方も広まってきました。
でも「山に登ってみたいけど、体力に自信がないし、ペースを合わせられないかも…」と躊躇っている人もいるのではないでしょうか。
筆者もその一人ですが、山に行くと一人で登山を楽しんでいる女性を結構見かけます。
自分のペースで登る事が出来るので、体力が不安な人でも大丈夫。無理せずハイキングを満喫できます。
ただし山では道に迷ったり、怪我をしたりする可能性もあります。女性一人で登るのですからその点は特に気をつけなければなりません。
荷物の準備などは万全に、前もってしっかりルートを確認し道に迷わないよう、また日没までに下山出来るよう無理のない計画を立てましょう。
万が一何かあった時の事も想定して、連絡方法などもちゃんと考えておくように。日帰り出来ないような山や険しい山に一人で行くのは避けた方がいいでしょう。

有意義な一人の時間を、あなたも是非自分のものに

おひとりさまの魅力、伝わりましたでしょうか?一人で行動するのには慣れていない、でも一人になる時間が欲しい…という人も居ると思います。

最初だけ、ほんのちょっとの勇気を出してトライしてみて下さい。「おひとりさまってこんなに楽しかったんだ!」って、きっと思う筈。何だかちょっと成長したような、そんな喜びも味わえると思います。

この記事をシェアする

関連記事

コメント