• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ひとつ間違えると恐ろしい!職場での女性関係で失敗しない為に

Date:2013.03.31

24時間のうち正社員であれば約8時間程度は会社にいることになりますよね。ですので、やはり一日の大半を過ごすことになる職場の人間関係って大事ですよね。

その中でも特に女性同士の関係は一度こじれると、職場にいることができない状況になり、退職の危機にまで追い込まれることもあります。この不況の中、折角入社した職場なのだから、ずっと働いていたいですよね。そんなあなたのための失敗しない方法をお教えします。

いつも笑顔でにこにこする

まず一番初めには、職場の人たちに悪い印象を与えないことが重要だといえます。悪い印象を持っている人と、良い印象を持っている人が同じことを言った場合では受け取る側の気持ちも変わってきますよね。

よい印象を与えるためには毎日笑顔でいることです。そして大きな声であいさつをすることが重要といえます。疲れているからと言って会社に行って疲れた顔や、前の日に彼と喧嘩をしたからと言って、イライラした顔で「おはようございます」っていっていませんか?

言っているほうは何気なくあいさつしただけであっても、言われたほうは私のことを嫌っているのかしら?なんて勘違いされることもあります。そういったことが続けば、あの人は私のことが嫌いだから挨拶もしてくれないなんて噂が広まることもあるかも!?

そんなことにならないためにも、きちんと毎朝笑顔であいさつするようにしたいですね。

中立の立場にいる

会社内に女性が多い場合によくあることですが、女性同士のグループや派閥ができたりすることが多いですよね。

そういったときに強そうなグループや派閥で、それとなくやり過ごすこともいいかもしれませんが、長く働き続けたい場合には中立の立場にいるのが一番オススメです。

どちらにもつかないことで会社内に友達ができないと気にする人もいるかもしれませんが、友達は会社の外で作る、お昼も一人でのんびり食べるほうが、気をつかわなくていいですよね。仕事は仕事と割り切って一人でいるというのも一つの手です。

そうなんですねは魔法の言葉

どうしても派閥の中に入らないといけないときによくあるのは、人の悪口などで盛り上がってるときですよね。そういったときはできるだけ話に乗らないことが重要です。

そんな時に使える言葉は「そうなんですね」です。そうなんですねは肯定も否定もしていません。悪口を肯定すると、何かあった時にあの人もいっていたからといわれたりしますし、本人が聞いていた場合も大変です。

あと使えるのは「大変なんですね」です。そうやって肯定も否定もせず、できるだけ会話から一歩引いたところにいるのがよいでしょう。周りから見た時に無理矢理付き合わされているんだなというのが分かるようにしておくほうがよいでしょう。

毎日通う会社だからこそ居心地の良い場所にしたいものですよね。

この記事をシェアする

関連記事