• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性が多い職場でうまく立ち回る方法「心得6カ条」を伝授

Date:2012.11.06

女性社員が大多数を占める職場・部署へ配属になったら、どうしますか?セクシーな上司に、包容力があって賢い先輩。明るくて楽しい同僚と、小動物系の後輩。モッテモテで引っ張りだこな僕ちん。うひひ!困っちゃーう!なーんて、そんな都合がいい職場は安っぽいエロゲーの中にしか存在しません。

実際のオンナばかりの職場は、修羅が集う「大奥」。表面的には和やかかつ穏やかに見えても、一歩踏み込むと内部には陰謀と嫉妬と悪口が渦巻いていることも。

そんな“オンナの世界”に配属になった場合に上手く立ち回る方法、心得を伝授いたします。「オレはどっちに転んでも男ばっかりの世界だしー」って方は、この記事で怖~いオンナの世界を味見して楽しんでくださいね。

これがオンナを縛るコミュニティ作法

若くても年をとっていても、女が作る“コミュニティ”には一定のルールがあります。まず、「グループ」の人間関係が固定されたら新参者は受け入れないこと。その中の1人と個人的に仲が良かったとしても、「グループ」単位で動く時は別々になっていたりします。

そしてその「グループ」内で人間関係トラブルがあった場合、だいたいハブられた子は今いるグループより下位のグループへ左遷されることになります。

だけど先に述べたように「グループ」は新参者を受け入れにくい体制になっているので、左遷された子は行き先がなくなることも少なくありません。

だからオンナ同士はハブられないように気を使い、空気を読み、表立ってはケンカしないのです。苦手な人や嫌いな人に対しても、あくまでも「あの子は悪い子じゃないんだけどさー」というスタンス。

このルールの適用年齢は幅広いですよ。小っちゃい幼稚園児からパートのおばちゃんまでをカバーしていますからね。(それ以上の年代はよく知りませんが、たぶん似たようなものだと思います。)

で、この「グループ」のメンバー構成は社会人になると複雑になります。学生時代なら、好き嫌い・部活・クラスなどでグループは別れていますが、社会人ともなると好き嫌いだけでなく、年齢・未婚既婚・子持ち子無し・採用形態(正社員か契約か派遣か)・派遣の場合は派遣会社ごと、などこと細かに細分化されるのです。

こんな上下左右に張り巡らされた人間関係の中を、オンナたちはすいすいと泳ぐのです。腹に何を抱えていたとしても、表面的にはあくまでも和やかに。「可愛い~」とか言ってお互いを褒めながら。

心得 6カ条

そんな人間関係の中で、上手く立ち回るために心得るべき6カ条。

  • 社内恋愛は、きっちり諦める
  • お局さまを敬う
  • 挨拶は愛想よく、でも話題には踏み込まない
  • 悪口かな?と思ったら、さりげなく身を引く
  • 可愛い子や若い子を優遇しない
  • カッコよさは追及しない、心がけるべきは清潔感と礼儀正しさ

まず、まずまずまず、間違いなく!これだけは守りましょう。社内恋愛はきっちりかっちりきっぱり諦めてください。「心で想うだけ」もナシです。「皆には内緒ね」なんてもってのほか。オンナはそんなの30秒で見抜きます。

幼稚園時代から周りの空気を読みながら生きてきたオンナという生物の、エアリーディングっぷりを舐めちゃいけません。だから、どんなに可愛い子でもお気に入りでも、誰かを優遇するのはNG。

ましてやそれが可愛い子や若い子を対象にでもしようもんなら、そこから修羅の闘いが始まります。あなたの「良かれ」がお気に入りの彼女を追いつめることになりかねませんので、気を付けて!

もしも優遇するなら、お局さまを。オンナは、年下好きな男性は攻撃するけれど、年上好きな男性は生ぬる~い視線でスル―してくれます。いつかは自分も年をとるってことが分かってるからです。職場で上手く立ち回りたいなら年上の女性を大事にする姿勢を見せておきましょう。

そして大事なのは、悪口に加担しないこと。女性の会話は、いつの間にか悪口合戦になってることが少なくありません。表面的には悪口を言ってないように見えても、「悪い子じゃないんだけど」「別に嫌いなわけじゃないけど」とフォローしながら、ぺろーんと悪口を垂れ流してることだってあります。

そういう時、何の気なしに肯定でもしてしまおうもんなら、「○○さんの悪口を言ってた」と別グループから攻撃されるネタになってしまいます。聞いてるだけ、その場にいただけ、も同じこと。「あ、悪口っぽ」と思ったら、すぃーと音もなく逃げるが一番です。

あと、オンナはゴシップが大好きです。情報戦の中で生きているので、誰かの情報を得ることが重要視されているのです。そんな中で自分のプライバシーをさらそうものなら、がつがつと喰いつかれてしまいます。オンナばかりの中にいる数少ない男性なんて、格好の標的ですからね。

自分を切り売りしたくないなら、あくまでも愛想よく、でも会話に深入りはしないこと。清潔感と礼儀正しさには気をつかって、「カッコいい俺」は作らないでおくこと。

仕事以外にもこんなに気を付けることがあるなんて大変だと思いますが、仕事の人間関係は大事なもの。人間関係が良ければ事は続けやすくなるし、逆に面白い仕事でも人間関係が最悪だと心身を壊しかねません。楽しく仕事をするためにも、自己防衛のためにも、がんばりましょうね!

この記事をシェアする

関連記事