• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

コレで割ると悪酔いする!女子会でやりがちな誤ったお酒の飲み方

Date:2013.07.08

最近流行りの女子会。小洒落たお店もいいけどやっぱり家が一番くつろげるし…ということでお料理やお酒を持ち寄って誰かの家へ集まることも多いですよね。

そんなとき、自分で手軽に作れるのがジュースでお酒を割ったカクテル。カシスオレンジとかカシスグレープフルーツとか女子の好物ですから。そしてそこにちょっとスパイシーな炭酸を足したりするともう最高ですよね。

でもちょっと気になる記事を海外サイトで見つけてしまいました。なんとダイエットソーダでお酒を割ると酔が回りやすくなるという研究結果が出たというのです。

普通のソーダ割りとの比較実験

ある実験が行われました。被験者を2つのグループに分け、ある飲み物を飲んだ後に、それぞれの呼気中に含まれるアルコール濃度を測定するというもの。

グループ1が飲んだのは、アルコールをダイエットソーダで割ったもの。そしてグループ2はアルコールを普通のソーダで割ったもので、どちらもアルコール濃度が同じようになるようにしました。

ところが、飲酒後の呼気中に含まれるアルコール濃度は、ダイエットソーダで割ったグループ1の人たちの方が18%高いという結果が出たのです。

なぜダイエットソーダで割ると酔が回りやすいのか

ダイエットソーダはカロリーが気になる人向けの商品ですから、当然ゼロカロリー、糖質ゼロですよね。それがアルコールと一緒に胃の中に入るとどうなるでしょうか?

「消化するものがなければアルコールはそれだけ早く胃を通過して小腸に達します。そして血流を早めるため、酔が回りやすいのです」と専門家は言います。

そして普通のソーダに含まれている糖質は、胃の中で(食べ物のように)消化されるため、アルコールの吸収を穏やかにしてくれるのだそうです。

お酒を楽しく飲むために

カロリーが気になる女子としてはダイエットソーダを選んでしまいがちですが、カロリー制限することよりも、血中アルコール濃度が急激に上がる方が危険だと専門家は指摘
しています。

ジュースなどでお酒を割る場合は、ダイエットソーダではなくカロリーのあるもので割りましょう。

また、空腹でお酒だけを飲むと酔いやすいとも言われています。おつまみを食べながらとか、アルコール飲料だけを飲み続けるのではなく、間にちょっとソフトドリンクを挟みながら飲むといいようですよ。

この記事をシェアする

関連記事