• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

除毛クリームの効果と正しい使い方。上手に使えばメリットだらけ!

Date:2018.03.28

温かい季節なって薄着になると、「すくすくと育つムダ毛が目立って困る」と頭を悩ませる方も多いはず。

脱毛方法にはさまざまな種類がありますが、カミソリや毛抜きでのムダ毛処理は怪我のリスクや痛みが伴うこともあって、ムダ毛処理が嫌になってしまうことも。

そんな方におすすめなのは、除毛クリーム!除毛クリームを使えば、肌のダメージを補いながら、するっと憎いムダ毛を取り除くことができます。

目に見えてムダ毛が取れてきれいな肌が姿を現すので、脱毛に爽快感を感じる方も少なくないのだそう。

今回は、除毛クリームの仕組みと特徴正しい使い方と注意点をご紹介していきます。除毛クリームのメリットと自分にあったクリームの選び方もあわせてチェックしてください。

肌を傷つけるリスクのない除毛クリームを活用して、憂鬱なムダ毛処理を楽しい時間に変えてしまいましょう!


除毛クリームのメリットって?除毛クリームの特徴と効果

除毛クリームの存在は知っているものの、「どんな仕組みでムダ毛を処理することができるの?」「他のムダ毛処理に比べてメリットはあるの?」と、除毛クリームについて漠然と不思議なイメージを持っていませんか?

除毛クリームは、使用法を守れば肌に優しく、怪我のリスクもなく、なめらかな肌に仕上げてくれる「魅力いっぱいのムダ毛処理方法」です!

まずは、除毛クリームの特徴や効果について詳しく見ていきましょう。除毛クリームの仕組みやメリットを知れば、きっと今すぐ除毛クリームを使いたくなってしまいますよ。

除毛クリームの仕組みと特徴

除毛クリームによる脱毛とは、除毛クリームに含まれる有効成分が体毛を溶かすことでムダ毛を処理する方法です。

除毛クリームの有効成分である、アルカリ性の「チオグリコール酸カルシウム」が体毛を作っているケラチンタンパク質を分解し、結果として体毛を溶かす働きがあります。

肌表面のムダ毛だけに効果を発揮するため、日数が経てばまた毛が生えてくるため定期的な除毛クリームによる脱毛が必要ですが、1週間に1度のペースの除毛で十分と言われています。

では、カミソリや毛抜きによる脱毛と除毛クリームとの違いにはどのような特徴があるでしょう。

肌触り 肌状態 リスク
除毛クリーム 毛根は残るものの目立たない なめらかさが持続 パッチテストを行えばリスクは少ない
カミソリ 毛根が残りポツポツが目立つことも 生えてくるとジョリジョリ カミソリ刃による怪我やダメージ
毛抜き 毛根も抜かれてすっきり 毛穴が赤くなり少し盛り上がる 埋没毛や炎症

比較した表から分かる通り、除毛クリームは他の処理方法に比べて処理後の肌状態が良いのが最大の特徴と言えます。

除毛クリームのメリット

除毛クリームのメリットには、

  • 再び生えてきた毛がチクチクしない
  • 怪我のリスクがない
  • デリケートゾーンやカーブの多い膝や脇が処理しやすい
  • どんな毛質でも使える
  • 保湿成分によりなめらかな美肌が目指せる

などが挙げられます。

カミソリで剃ると、ムダ毛がまた生えてきたときに肌触りがチクチクすると感じたことはありませんか?それは、カミソリで切った毛の断面が尖っているから。

除毛クリームでは毛を溶かしているので、毛先が丸くなってチクチクしないという優秀なメリットがあります。

また、除毛クリームは敏感肌には合わないという意見もありますが、最近では天然保湿成分などで肌を保護しながら体毛を溶かすことのできる除毛クリームも増えてきています。

自分の肌に合ったクリームを選ぶことでカミソリよりも肌への負担を少なくすることもできます。さらに、カミソリによる怪我のリスクもなく、使用方法を守るだけで誰でも簡単になめらかな肌を手に入れることができます。

あえて除毛クリームのデメリットを挙げるとするのなら、

  • ほとんどの除毛クリームは顔への使用が不可
  • 肌にのせて置いておく時間(平均5分~15分ほど)がかかる
  • 髪や爪についたまま放置すると、毛や爪が柔らかくなったり溶けるリスクがある

などがあります。

除毛クリームとカミソリや電気シェーバーを使い分けたり、バスタイム用の除毛クリーム(シャワーしながら使用可)を選んだり、髪や爪につかないように注意するだけでこれらのデメリットはカバーできます。

効果のある毛質と部位

除毛クリームの仕組みはご説明した通り、毛を有効成分で溶かすこと。

  • 産毛のような細い毛
  • 太い剛毛

にも効果を発揮します。

剛毛には効果がないと思われがちですが、除毛クリームを肌につけておく時間を調節することでクリームの成分が毛に浸透するため、剛毛にも効果的です。

体毛の量や毛質によって除毛クリームを塗布する時間を調節することで、体毛を溶かすことができるので、一般的にはどのような体毛にも効果があるとされています。

さらに、除毛クリームは顔以外の体全体に使用できる製品があります。

  • 脇の下
  • カーブの多いひじや膝
  • デリケートゾーン

などカミソリや毛抜きでは処理しにくい部分にも効果を発揮してくれます。

デリケートゾーンには除毛クリームを使えないというイメージを持っている方も多いですが、実はデリケートゾーン専用の除毛クリームもあり、カミソリより除毛クリームのほうが肌への負担もリスクも少ないと言われています。

デリケートゾーンの肌は敏感なため、カミソリの刃でダメージを受けやすく、怪我のリスクがあります。さらに、剃ったあとに生えてくる毛がカミソリで剃ったことで断面が尖っているのでデリケートゾーンがチクチクして肌が荒れてしまう可能性も。

デリケートゾーン専用の除毛クリームを使えば、優しい成分で肌への負担も少なく、毛先が丸くなってるのでチクチクする心配もありません

除毛クリームを使用する場合は、必ずデリケートゾーン(ビキニライン)用のものを選びましょう。また、デリケートゾーンに限ったことではありませんがパッチテストも忘れずに行ってください。

自分に合った除毛クリームの選び方と正しい使い方を知ろう

除毛クリームの魅力を知ると、いますぐにでも除毛クリームを薬局や通販で探してしまいたくなりますが、少し待ってください!

除毛クリームは、

  • 自分に合ったものを選ぶ
  • 正しい使い方を守る

ことで効果を十分に発揮してくれます。

除毛クリームを購入する前に、除毛クリームの賢い選び方と正しい使用方法をしっかりとチェックしておきましょう。

除毛クリームの選び方

除毛クリームを選ぶ際は、

  • 除毛したい部分
  • 肌質
  • 使用場所

によって選びましょう。

除毛したい部分で選ぶ
腕や脚のムダ毛は一般的な除毛クリームが適していますが、デリケートゾーンなどの敏感な肌にはデリケートゾーン専用の除毛クリームがあるので、使いたい部位によって選びましょう。
商品を購入する際には、しっかりと表示されている使用可能部位を確認してください。
肌質で選ぶ
各メーカーがそれぞれ皮膚科医監修のもと開発された敏感肌用の除毛クリームを出している場合がほとんどです。敏感肌の方は必ず敏感肌用の除毛クリームを選びましょう。
普通の除毛クリームと比べて敏感肌用の除毛クリームはつけておく時間も違うので、製品の使用方法をしっかりチェックしましょう。
使用場所で選ぶ
除毛クリームの主な使用場所は、室内浴室があり、どちらが自分のライフスタイルに合っているのか考えてみましょう。
室内で使用する場合は、家具や壁、床にクリームがつかないように注意する必要があります。

浴室で使用可能な除毛クリームは水でも流れにくく、クリームを塗った部分に直接水をかけなければ、シャワーを浴びても大丈夫なものがあります。バスタイム用の除毛クリームを選べば時間を有効活用することができますね

使用前に必ずパッチテスト

初めて除毛クリームを使用する場合は、必ずパッチテストを行いましょう。人気の商品で多くの人が使っているからといって、自分にも合うとは限りません。万が一のために、事前にパッチテストをするのが基本中の基本です。

パッチテストの方法

  1. クリームを少量出す(10円玉大ほど)
  2. 脱毛したい部分にクリームをつける
  3. その商品の塗布時間に従って洗い流す
  4. 24時間以内に肌に異常が出ないか観察する

肌に合っていない場合、

  • 赤み
  • かゆみ
  • 腫れ・かぶれ
  • ヒリヒリとした刺激

などの症状が出ます。

少しでも異常が出た場合はその除毛クリームの使用はやめてください。また、炎症などの程度が重かったり、炎症がすぐに治まらない場合は、すぐに病院で専門家に診てもらいましょう。

除毛前の肌を準備しておく

まず、除毛クリームを取り出す前に、脱毛したい部分をきれいに洗い、お湯でしっかり石けんを流しておきます。

毛穴がしっかり開いて肌の汚れを流しておくことで、より除毛クリームの効果が発揮されます。

肌の上に、

  • 汚れ
  • 日焼け止めクリーム
  • 保湿クリーム

などが残っていると除毛クリームの働きを邪魔してしまい、除毛効果が薄れてしまいます。

肌を洗ったあとは、清潔なタオルで肌を拭いて乾いた状態にしておきましょう

除毛クリームの使用手順

製品によっては付属のスポンジやヘラを使うものと、手で直接塗ることができるもの、またチューブ状になっていて直接肌にクリームを出すものなどがあります。

基本的な除毛クリームの使い方は以下の通りです。

  1. ムダ毛が隠れるくらいしっかりクリームをまんべんなく塗ります。(スポンジやヘラが付いている場合は、スポンジなどを使ってムダ毛処理したい場所に塗ります。)
  2. 製品の使用方法に記載されている時間待ちます
  3. 時間が経ったら付属のスポンジやヘラでクリームを一部分だけ取り除き、除毛が十分にできているかチェックします。
  4. しっかり除毛効果が見られたら残りのクリームも取り除きましょう
  5. 水かぬるま湯でクリームをきれいに洗い流します。
除毛クリームの製品によって使用方法は違う場合もあるので、まずは使用方法をしっかり読んでその通りに従ってください。

もし、除毛効果があまり見られない場合は、製品に表示されている時間内で、肌につける時間をのばしてください

くれぐれも、除毛効果が物足りないからといって長時間クリームを肌に放置しないでください。表示時間以上の時間おいておくと肌に負担になってしまいます。

クリームを取り除いたら、水かぬるま湯で肌にクリームが残らないようにしっかり洗い流しましょう。クリームが肌に残っていると肌荒れを起こしてしまうことがあります。

タオルで優しく肌を拭いたら除毛完了です!

除毛クリームを使うための注意点と使用後の禁止事項をチェック

除毛クリームの選び方と正しい使い方に加え、正しく使うことで肌トラブルのリスクを低くできることをご説明しました。最後にいちばん重要とも言える注意点についてご説明していきます。

具体的にどのような注意点、禁止事項があるのか知っておくだけで、肌荒れなどの肌トラブルを避け、除毛クリームの効果を最大限に実感することができますよ。

ムダ毛のない美肌のために、最後まで気を抜かず注意点をチェックしていきましょう!

除毛クリームを使うための注意点

除毛クリームを使う際に気をつけるのは、

  • 記載された使用方法の厳守
  • 除毛クリームの扱い方
  • 除毛クリームの塗り方
  • 除毛クリームの洗い流し方

の4点です。

使用方法
正しい使用方法、特に使用時間と使用頻度に注意しましょう。各メーカーの検査の結果、安全に使用できるルールが詰まっています。厳守することで、重大な肌トラブルを防ぐことができます。
除毛クリームの扱い方
クリームが髪や爪につかないように十分注意しましょう。もし、髪や爪に除毛クリームがついたら速やかに流水で洗い流します。
室内で行う場合は、床にクリームが落ちないようにビニールシートを敷くなど工夫しておくといいです。アクセサリーや服などにつくと変色してしまうことがあるので、十分に注意してください。
除毛クリームの塗り方
除毛クリームを肌にすり込む必要はありません。そっと除毛クリームを肌に乗せるように塗るだけにしましょう。肌表面の毛に効果があるので、毛穴まで浸透させようとしないでください。毛穴への負担が大きくなってしまいます。
除毛クリームの洗い流し方
付属のスポンジやヘラを使って肌をごしごし擦るのはNGです。また、除毛後にボディタオルを使って肌を摩擦するのもやめてください。除毛後は、優しく肌の水分をタオルで拭くだけにとどめましょう。

除毛後直後と24時間以内のNG行為

どんな方法であれ脱毛は肌に負担をかける行為。除毛クリームを使用した場合も同様です。肌に少なからずストレスを与えることになります。

そのため、除毛クリームでの脱毛直後は、石けんで肌を洗ったり、タオルで擦るのは厳禁です。

除毛クリームには保湿成分が含まれています。石けんでそれをわざわざ洗い流すと肌が荒れてしまうこともあります。

除毛後は優しくタオルを肌に押しつけるように水分を拭き取るのが正解です。

また、除毛後24時間は

  • 収れん作用のある化粧水
  • 日焼け止め
  • 制汗剤
  • 香水

を肌につけるのもやめましょう。

収れん作用とは肌を引き締める作用のこと。毛穴が締まってなめらかな肌になる効果がありますが、除毛後のデリケートな肌には刺激が強いので、収れん作用のない優しい成分の化粧水で水分を補うようにしてください。

肌に直接塗るもの以外で気をつけるのは、

  • 日焼け
  • 海水浴
  • プールや温泉など公共施設で肌を水(お湯)につける

ことです。

ダメージを受けた肌は、細菌などに感染しやすくなっているので紫外線やプールなどで肌トラブルを起こすことがあります。

海水浴などの予定がある場合は、予定の前々日までに除毛を済ませておくといいですね。

体調不良や生理中は使用禁止

生理直前や生理中はホルモンバランスが不安定で、肌も敏感になっている時期。この時期には、除毛クリームを始めとしたほかの脱毛方法もおすすめできません。生理が終わって体調が落ち着いてから除毛を行いましょう。

また、体調不良時にも除毛クリームの使用は厳禁です。体調不良は自分で気が付いていないこともあります。
  • ストレスが溜まっていないか
  • 寝不足ではないか
  • 食事はしっかり摂っているか

をチェックして自己管理をきちんと行いましょう。

体調によっては、パッチテストで異常がなくても使用中・後に異常が出る場合もあります。肌だけでなく目の異物感など、肌以外にも異常が出ることも。

肌や目への異常が出た場合は、使用中の場合はすぐに洗い流し、すぐに病院へ行きましょう。

除毛クリームを正しく使って、安全になめらかな美肌を目指そう

ご紹介してきた除毛クリームの効果と正しい使い方を通して、除毛クリームの魅力を十分にお伝えすることができたでしょうか。

除毛クリームは、

  • カミソリを使えない敏感肌さんにも使用できる
  • 気になるデリケートゾーンにも使用できる

などメリットがあり、家でできる優秀なムダ毛処理アイテム。

レーザー脱毛のコストや時間と比べても、除毛クリームは手軽で簡単な方法ですよね。

除毛クリームを取り除くときに、ムダ毛も一緒に取れていく快感を、ぜひ体感してください。ムダ毛処理の時間を楽しませてくれる除毛クリームを、賢く選んで正しく使い、安全になめらかな肌を手に入れましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント