• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

現実を見て!鏡で自分の顔を見てる貴女!自己評価と違う恐れあり

Date:2014.05.24

あなたは鏡をよく見ますか?女性であれば一日に必ず数回は鏡を見ますよね。「一日のうち、まったく鏡なんか見ないわ」という人は本当に少ないと思います。メイク、身だしなみのチェックなどもありますので、鏡と女性は切っても切り離せない関係であるようです。

さて、鏡が左右反対に物を映し出すというのは、有名すぎる現象ですよね。それによって人の顔が本当の顔の印象とは違ったものを映し出しているという事実もまた、多くの人に知られていることだと思います。

つまり、間単に言えばいま私たちが鏡で日常的に見ている自分の顔は、実は他人から見ればちょっと違う場合がある、ということ。これが結構厄介で、怖いのです。

鏡で自分の顔を見て「けっこうイケてる」と思い込んでいて、実際の周りからの評価は微妙にそれよりも低い…ということがけっこうあるのです。

ここでは本当の貴女の顔を知るための対策方法を模索していきましょう。

まず、なぜ真実を知る必要があるのかと言うと

ではまず、どうして真実を知る必要があるのでしょうか。ここで言う真実とは、あなたの本当の姿のことです。

普段鏡で見ているあなたと、他人の目から見た実物のあなたは、その評価に少し、差があります。これは鏡が実際のものと左右反対のものを写し出しているため起こる現象です。有名な現象かもしれませんが、その真実が写し出す「本当の自分のレベル」には皆さん特に無頓着の人が多いようです。

ですが、本当のことを知ってからが、女子力の鍛えどころ!あなたの本当の顔を知らない限りは、その女子力はなかなかアップしていきません。

鏡だと絶対に実物より可愛く写る

残念なお知らせかもしれませんが、鏡で見る人の顔は実物よりも数倍可愛く見えるそうです。それは写る人が無意識に「自分が一番可愛く見える角度」で写ろうとし、自分の自信のある表情で写ろうとするからです。

つまり「自分の意識がある写り方」しかできないのが鏡なのです。この「実際より可愛く写る」ということから目をそらしてはいけません。

よくあるのが、鏡や自分撮りばっかりに慣れてしまい、動画や人から撮られた写真を見て「あれ…思ってたほど可愛くないな…」という、その差にびっくり!という現象です。これはほとんどの女性が経験したことがあるのではないでしょうか。

それから街を歩いていて、向こうにガラス窓があることを分かっていてそこに近づいて写るときには「けっこう今日の私いけてるじゃん」と思っても、ガラス窓があることに気づかずふとした瞬間にものすごい疲れた形相の女性と目が合い、うわっと思ったらそれはガラス窓に写った自分だった…、なんてこと。

一度は経験したことがありますよね。つまり意識した状態で写るのと、無意識のまま写るのとでは、顔のレベルや容姿のレベルにそんなにも差があるということなのです。まずは現実を受け入れる、これが大事です。

自分撮りではなく、真の実力は誰かにふいに撮られたときに現れる

自分撮りではご自身の容姿の実力というのははっきりとわかりません。どうしてもよく写るように意識をしますし、角度もばっちり決めるでしょう。写りが悪くなるはずがないのです。

では、あなたの真の姿はどのようなときに現れるのでしょうか。それは、誰かにふと写真を撮られたときです。何も意識していないとき写された自分の顔、想像していたものと違って大きなショックを受ける女性が多いようです。

ショックかもしれませんがここで真実を知る勇気を持つことができれば、より自分に似合うメイク方法を試すきっかけになるかもしれません。また、自分が考えていた自分の顔とまったく違う現実の顔を受け入れることにより、さらにきれいになれるチャンスが手に入るのです。

こういった面からも、真の実力を知ることはとても大切なことと言えます。動画などを撮ってもらい、自分の動いている姿を見るというのもいいかもしれません。

自意識と本当の評価を明確に分けましょう

このようにして自意識と本当の評価を明確に知ることにより、自分をさらにきれいにするチャンスを得ることが可能です。客観的なまなざしというのは何においても大切なものです。

鏡を見てばかりでは、一定の角度からしか自分の顔を見ることができません。ですが、一歩踏み込んで逆さまの逆さま、つまり真実を見る勇気を持ちましょう。

さきほども述べたように「けっこう自分ってイケてる」と思い込んだまま自己評価だけが上がっていくと、ある程度の年齢になったときに取り返しのつかない勘違いを巻き起こす場合があります。

たとえば、どこかの会に出席したときになかなか思うように異性の気が引けなかった場合。そんなときに「鏡を見てばっちり決めてきたはずなのに!どうして!」と悩んでしまうことだってあるかもしれません。

早い段階で本当の自分の姿を知っておくことは女性にとって、とても重要なことなのです。

この記事をシェアする

関連記事