• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

原因は何?ガタガタになった髪をツルサラに改善させる方法

Date:2015.03.15

shutterstock_131220704_もともとまとまりにくい髪質だった私。最近やけに髪の状態が悪いなあ、手触りが悪くなったなあ、と思っていましたが、出産したばかりだったので、一時的に髪にトラブルが起こっているだけだろうと軽く考えていました。

ところが、出産後半年以上経ってふと髪を触っていたときのこと、なんだかガタガタしている髪の毛があることに気が付きました。しかも一本や二本では無く、髪全体に何十本、いや、もしかしたら何百本もあるのです。

まとまらない原因はこれだったのです。

一体このガタガタ髪の正体は何なのでしょうか。

トリートメントが効かない

髪にまとまりが無いとき、皆さんならどのようなヘアケアをしますか?

シャンプーやトリートメントをダメージケア用に変えてみたり、ヘアパックや洗い流さないトリートメントを使ってみたり、私も思いつく限りのことをやってみました。

しかし、髪の状態は一向に良くなる気配がありません。洗髪後はなんとなくサラサラしているなと思っていても、あのガタガタ髪は無くなることはありませんでした。

乾燥を防ぐための乾燥

その原因の一つとして考えられるのは髪の毛の乾燥です。

しかし、乾燥しているだけならばトリートメントをしっかり使えば改善されるのでは、と思いませんか?

実はそれだけでは十分ではありません。髪の毛の乾燥によるダメージを防ぐためにはきちんと「乾燥」させることが大切なのです。なんだか矛盾しているようですね。

どういうことかと言うと、洗髪後きちんと乾かさず生乾きの状態が長く続くとキューティクルが開いてしまいます。長い間キューティクルが開いているほどその隙間から髪の毛の水分が逃げてしまい、乾燥してダメージが進んでしまいます。

さらにキューティクルが開いた状態で寝るなど、外部からの刺激が加わるとキューティクルが痛んで爆発したような状態になり、髪の毛がガタガタしてしまうというわけなんです。

ですので、髪を洗ったら根本まできちんと乾かしてあげることがダメージを防ぐために大切なのです。

毛穴の形を整える

もう一つガタガタ髪の原因として考えられるのは毛穴の形が綺麗な円形ではないことにあります。毛穴が曲がっていればそこからまっすぐな髪の毛が生えることは難しいのです。

では毛穴の形が綺麗な円形にならない原因は何でしょうか。

くせ毛の場合、産まれつき毛穴の形がそうなっている人もいますが、そうでない場合、その原因として毛穴の詰まりが考えられます。

皮脂や汚れ、シャンプーの洗い残しなどが長年蓄積されて固まってしまい、毛穴を一部分塞いでしまうことによって毛穴の形が変わるのです。

ですので髪を洗う際に毛穴を綺麗にするよう、意識的に地肌を洗浄する必要があるのです。

髪を強くする

以上二点をガタガタ髪の原因として挙げましたが、これはあくまでも応急処置にすぎません。では根本的な解決策は何でしょうか。

それは、髪を強くすることです。

ガタガタの原因は乾燥や汚れといった頭部の様々なダメージから髪が変形してしまうことにあるのです。

髪自体が強くなればダメージを受けることはありませんし、少しダメージを受けてもガタガタ髪になることは防げます。

そのためにおススメな方法は、シャンプーの際に頭皮マッサージをしながら洗髪をすることです。

頭皮マッサージをすることで頭皮の血行を良くし、栄養を髪全体に行き渡らせることができます。髪を強くするということは髪に十分な栄養を与えるということなんです。

当たり前のようですが、髪の毛の内部から強くしなければ、いくら表面だけケアしても根本的な改善にはならないのです。

もちろん髪に届ける栄養がなくてはいけませんので、偏食せず、キューティクルのもととなるたんぱく質を中心にしっかりとバランスの取れた食事をするように心がけましょう。

以上のケアを同時進行でやることで髪の毛の質を改善していきましょう。改善にはもちろん時間が掛かりますので、どうしてもガタガタ髪が気になる場合は、抜かずに切るようにしてください。

これでツヤサラ髪を手に入れて新しい気持ちで春を迎えましょう!

この記事をシェアする

関連記事