• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

雨はきらいな方必見!髪うねりはシャンプー選びで改善できる!

Date:2014.05.23

恵みの雨なのにヘアースタイルが湿度できまらないと「今日も雨かぁ…」と憂うつになる人も少なくないのではないでしょうか?乾燥した季節は艶のあるサラサラヘアーになるのに、湿度が高いとうねりが出てきてしまうものです。

ストレートパーマなどをかけておられる方ならご存知かと思いますが、ストレートパーマはいわゆる矯正パーマなので湿度などの外的要因に左右されることがありません。

一方、ウエーブなどのパーマをかけているとパーマをかけていないところのくせ毛、つまりうねりが出てきてしまうのです。また、うねりは湿度などの外的要因に加えて老化と深くかかわっているのです。

外的要因と頭皮の老化による髪のうねり。

まず外的要因からうねりが出てきてしまうのは、毛質が水分に誘発されてくねくねとうねってしまうものです。水分バランスが保たれていないと出てきてしまうものなのです。

また老化によって出てきてしまう髪のうねりは頭皮にしわがより細胞自体がかわってしまう事から起きていると言われています。例えで考えてみましょう。モンブランケーキなどに使われるクリームを絞る時に用いるいくつか小さな穴が開いているパーツ。

そのパーツにへこみやゆがみができてしまえば穴も歪んでしまうものです。そのような穴にゆがみができれば、絞られたクリームはきれいなまっすぐなクリームはできません。

それと同じようにしわが寄った頭皮は毛根がゆがみ毛自体もでこぼこした髪が生えてきます。ですから頭皮の改善がポイントなのです。また雨の日であってもサロン帰りだと髪の毛がおとなしくいう事を聞いているなんて経験をされた事はありませんか?

もちろんドライするときも素人がしない工夫がされています。そのひと工夫の前に…頭皮環境を良くするシャンプーによって髪のうねりが改善されるのです。

ですから素人さんであっても、ホームケアによってうねり髪を改善できるものなのです。ではどのようなシャンプーを選べばよいのでしょうか?

理想のシャンプーにであうために…知っておきたい成分。

外的要因に負けない髪の水分量をたもち、老化をくいとめるべく頭皮の酸化を抑え栄養をあたえるシャンプーが決め手となるのです。今は種類が豊富で、ひとりひとり好みのアロマもあるものですから、シャンプーに含まれていると好ましい成分をご紹介します。

ソルビトール…ソルビトール自体に抗酸化作用があるため酸化をおさえながら保湿する効果がある。

α―リボ酸…細胞のエネルギーとなり皮脂と油脂の代謝を良くする効果がある。

アスタキサンチン…ビタミンEの持つ抗酸化作用の1000倍と言われる優れた抗酸化物質がある。

そして個人的には、カミツレ配合がおススメです。なぜならカミツレ(カモミール)は抗炎症効果があり何らかの頭皮トラブルや皮膚トラブルの炎症をしずめ育毛効果があると注目されているからです。

髪のうねりは年々年を重ねていくほど、出てくるものですので早目に良いシャンプーにめぐり合って続けていく事が大切です。

この記事をシェアする

関連記事