• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「彼女が居ても好きです」彼女持ち男性に告白し成功させる方法とは

Date:2014.11.18

彼女が居る男性に恋をしたことはありますか?既に彼女が居る場合は、告白しても撃沈すると思われるかもしれませんが、中には告白を成功させて彼女になった女性たちも居ます。

今回は、彼女が居る男性との恋を実らせる方法をご紹介します。成功させた女性たちは、一体どんな方法で彼女持ちの男性を振り向かせたのでしょうか。2つのケースをご紹介しましょう。

ケース1 共通の趣味や話題で関係を盛り上げた女性

職場の先輩に恋した女性は、共通の趣味や話題を見つけて彼女になったと言います。

「3歳年上の先輩は、顔や高い身長だけじゃなく明るい性格も私のタイプで一目惚れでした。でも、既に彼女が居たので自分にはチャンスがないだろうと諦めていました。

そしたら先輩と仲がいい同期の子から、彼女とうまくいっていないと聞いたので駄目でもともとという気持ちでアピールしてみることにしたのです。

先輩が好きなスポーツ観戦チケットを入手して誘ってみたり、先輩が好きなミュージシャンの話題を振ったりして、先輩が喜んでくれそうなことばかり探していました。最初は断られていたのですが、何度も誘っていたら3回に1回くらいは誘いに乗ってくれるようになったのです。

先輩は明るい女性が好きと言っていたので、とにかく笑顔で元気いっぱいで接していました。そしたら、『俺の彼女はこんな風に俺の好きなことを楽しんでくれない。もしかしたら運命の相手を間違っていたのかもしれない』って告白めいたことを言われたのです。

付き合って欲しいとか好きという気持ちは一切伝えていなかったので、その時に告白したらOKをもらえたのです。彼女について色々質問したり、好きと言う気持ちを伝えなかったことが成功に繋がったんじゃないかなと思っています。

ケース2 彼氏が居ると嘘をついて警戒心を解いた女性

合コンで知り合った男性に恋をした女性は、嘘をついたことが成功の鍵と言います。

「合コンで知り合った男性は、とにかく面白い人。周りを笑顔にする明るさに惹かれて連絡先を交換し、電話やメールをしていい感じになったら、『実は彼女が居るんだ。君に申し訳ないから連絡を控えようと思っている』と言われちゃったのです。

すごくショックでしたけどかなり本気になっていたので離れることができず、『私も彼氏が居るから気にしなくていいよ』と嘘をついちゃったのです。そしたら『嘘をついていて罪悪感があったけど、君にも居たんだね。じゃあ、友達になろう』って言われたのです。

安心したようで、それからは彼女と喧嘩した話や不満など色んなことを話してくれるようになったのです。私には彼氏が居なかったので嘘をつくことは大変でしたけど、『俺らが付き合ったら喧嘩しなさそうだね』と言ってもらえるのが嬉しくて嘘の彼氏の話を何度もしました。

恋人になったらという空想話を楽しむために、友達から彼氏との喧嘩した話を教えてもらって話を合わせることもありました。

そんなことを半年くらい続けていたら『彼女に浮気された』って電話がかかってきたのです。そこで私も『実は、つい最近私も浮気されて許してみたけどずっとわだかまりが残っていて、別れたほうがいいかなぁと考えていたんだよ』とまた嘘をついて共感していることを伝えたのです。

更に別れたらいいなという期待を込めて『私、彼氏と別れる。だから○○さんも彼女と別れない?』って聞いてみたら、『別れたら付き合ってくれるか?』って待ちに待った言葉を言われたのです。

別れてすぐに付き合うと元彼女の代理的な扱いになるという話も聞きますが、どんな風であれ彼と付き合えればいいと思っていたので『もちろん!』と即答しました。嘘をついてしまいましたが、大好きな人の彼女になることができたし、今とっても幸せです。」

彼女持ちの男性との恋愛を成功させるための共通点とは?

ご紹介した女性たちは、彼女になるために本来の自分の姿を見せずに理想の女性を演じていたようです。

恋する男性が好きな物を好きと言い、彼らを楽しませるためにあれこれと手を尽くして、いい女と思ってもらえるように努力した結果、彼女と別れる決意をさせることができたのです。それほどその男性を想っていたということでしょう。

好きな人に彼女が居ても居なくても、理想の女性と気づいてもらうためにはある程度の努力が必要です。自分を商品として「身だしなみや内面全てにおいてあなたの理想です」と密かに売り込んだからこそ、彼女になることができたのではないでしょうか。

彼女持ちであればなお一層のアピールが必要になるでしょうから、その時に備えて自分の良さを知ってもらえるような売り込みポイントを日頃から探し磨いてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事