• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

見える景色も変わる!?姿勢を良くする簡単エクササイズ

Date:2013.06.20

kantannekusasaiz

あなたは自分の姿勢に自信がありますか?どうでしょう。私はハッキリ言って自信がありません。パソコンに向かっている仕事の為、肩凝りもありますし、気を付けていないといつの間にか猫背になってしまっているなんてことはしょっちゅうです。

気付いた時には直すようにしていますが、気を抜くとまた・・・。そんなことの繰り返しです。

しかし、モデルや女優などの美しい人を見ていると、美しさのその条件は立ち姿がキリッとかっこいいことなんですよね。テレビに出ている芸能人を見ていても、男性女性問わず姿勢が悪い人はいません。

人に見られることを意識していれば、姿勢は良くなるものなのかもしれません。とは言え、私たちが毎日の生活で「いつも誰かに見られていることを意識し続ける」のはなかなか難しいことです。

気持ちの面の他に、どんなことに気をつければ姿勢をよくすることが出来るのでしょうか。

猫背だとこんなデメリットがあります

まず猫背であることにはどんなデメリットがあるでしょうか。見た目が良くないことはもちろん、実害があります。

  • 肩凝りが悪化する
  • 姿勢がいい人に比べて猫背の人の方が肩凝りがひどくなります。

  • 脂肪がつきやすい
  • 猫背は筋肉的には楽な姿勢=筋肉が緩むので脂肪がつきやすくなります。しかも女性が気になる部分ばかり・・・太ももやお腹周り、アゴなどにつきやすくなります。

  • 垂れる
  • 同じように筋肉を使わないという理由で、元々あった脂肪が締まらずに垂れてしまいます。

改めて文字にすると恐ろしいことばかりです・・・。

意識するツボは一点だけ!

特別なエクササイズなどの紹介をする訳ではありません。何をするにしても、全身の中でたった一つのツボを意識するだけで姿勢はぐっと良くなります。

「丹田」というツボを聞いたことがありますか?おへその下辺りにあるツボで、あのロングブレスダイエットで指導者の男性が意識するように言っていたツボだ!とピンと来た人もいるのではないでしょうか。腹筋に力を入れたに固くなる部分です。

例えば歩く時、丹田を意識して歩いて見てください。背筋がすっと伸びるような感じがするはずです。例えて言うなら頭のてっぺんから糸で吊るされているような緊張感です。

歩くことは日常の中で最も当たり前な行為なので、それを運動に転換出来たらいいですよね。丹田を意識して歩くことは、ただの歩くことをエクササイズに変えることです。

座る時にも丹田を意識してください。椅子に腰掛けたら一旦ぐっと腰を反らします。そこから少しずつ腰の力を抜いていくとおへその下辺りにぐっと力が入るはずです。

するとおへそから肩まで、まっすぐと伸びた姿勢になります。その状態なら長くデスクワークをしていても以前よりは肩凝りがしなくなると思います。

仕事中だけでなく、友人との食事や合コンなど外食の機会にも、丹田を意識して座ること出来れば、それに加えて人に見られている意識も加わり、姿勢は確実に良くなります。

よい姿勢を続けていれば筋肉が自然が使われ、引き締めも期待出来ます。まずは日常の普通の動きに「丹田を意識する」これだけです。目指せ姿勢美人!

この記事をシェアする

関連記事