• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

もはや「美容法」外?!顔を洗わない美容法

Date:2013.09.09

最近変えてみた習慣が2つ。一つ目は朝起きたら洗顔の前にお肌をチェック、しっとりしたいい感じであれば洗顔をしない。べたつきが気になるときは拭き取り化粧水でそっと皮脂を押さえたり、ぬるま湯のみで洗顔します。

二つ目はクレンジングでメイクを落としたあとはぬるま湯ですすぐだけ。ダブル洗顔はしない。

結果、顔の赤みがひいた、シミが薄くなってきた、頬がピンと張ってほうれい線がなくなったなど嬉しい効果が。さて、この習慣、なんと世間では「顔を洗わないケア」と呼ばれ多くの人によって実践されていることが判明しました。

さらには「垢ため」「角質培養」なんておどろおどろしいネーミングで呼ばれるケア方法も存在するのだそうです!

顔を洗わない美容法とは?

文字通り、朝から晩まで毎日顔を洗わない方法なのかと思ってドン引きしていた筆者。それじゃあメイクしている人はどうやって化粧を落とすの?不潔じゃないの?そんな生活は可能なんだろうか、と様々な疑問が沸いてきます。

しかし実際には洗顔フォームを使わずぬるま湯洗顔だけだとか、こすりすぎないケアを心がける方法の総称としてこんな決定的なネーミングにしてしまっているようです。ほっとしました。

お肌はターンオーバーを繰り返していますが、その際過剰なケアによってまだ若い角質まで落としてしまい、未熟な肌細胞が表面に浮上。その結果お肌がどんどん薄く、弱くなってしまう・・・。

だから肌を暫く放置する(摩擦を避ける)ことで元の丈夫な角質を取り戻しましょう、という考えから生まれた美容法がこれ。

摩擦のみならず洗顔フォームの使用や、理想よりも高めの温度のお湯による洗顔で、肌が必要とする皮脂まで奪ってしまい、お肌の保湿力が低下するということも理由に挙げられます。

ちなみに理想的な温度のお湯とは?皮脂が溶けるとされる温度は30度。またお肌の表面の温度は32度といわれています。理想的なぬるま湯の温度はその32度。肌表面に浮いた皮脂だけを溶かし落としてくれる温度です。

顔を洗わない美容法、やり方アレコレ

さて、毎日洗顔フォームを使ってさっぱりと顔を洗っている人にとってはとても抵抗の大きなネーミングですね。

朝の洗顔がないと気分がすっきりしないし、目がちゃんと覚めないまま会社にいく羽目になりそう。しかも「顔を洗わないケアをしているの」なんて不潔に思われそうで大声では言えないわ・・・。

しかし、この美容法、要は肌をしっとりさせた状態を常にキープできれば良いのです。たとえば洗顔フォームを使うと肌は、さっぱりしますがしっとりの状態は続きませんね。暫くすると肌表面の水分が蒸発してしまい乾燥します。

洗顔フォームは使わず水のみ、あるいはぬるま湯だけでパシャパシャとすすぐだけにしてみましょう。タオルで水気を取ると洗顔フォームのようなさっぱり感ではなく、肌表面のしっとり感(ほどよいヌルっと感?)が残るはずです。

その上から油分やクリームだけ、または化粧水+乳液でフタをしてしまうのです。きっと肌が油脂のベールで覆われたようなふわっと感が残るはずです。最初はさっぱりしないので物足りなく感じるかもしれませんが、暫く続けるとこのふわっと感やしっとり感の方がやみつきになります。

逆に皮脂を取り過ぎると肌、特に皮膚の薄い目の周りや口周りに赤みが出たりヒリヒリすることがあります。赤みを放っておくとそのまま茶色く色素沈着してシミになることも。低温での洗顔ではその赤みが出ることもありません。

また、肌への過剰な摩擦も避けましょう。ぬるま湯だからなんて油断して、無意識のうちに手のひらでお肌をこすっていることも。極力「手ではなくお湯で洗う」つもりで手があまり肌を摩擦しないよう気をつけてください。

さて、このふわっとしっとりしたベールを毎日キープしていると・・・。お肌がなんだか保護されている感じがします。

いつもならお風呂に入ったときにそのお風呂のお湯(約40度)を顔にまでかけてしまうのですが、それだとお風呂上がりの顔が真っ赤に。特に目の下、シミの気になる場所が赤みを帯びています。

きっとこれがますますお肌にダメージを与えてシミを作りやすい環境にしてしまっているのでしょう。一方、お風呂場で洗顔するときも水でお湯を冷ましてから使うとお風呂上がりの肌色が全然違います。

また皮脂そのものに紫外線から肌を保護するという働きがあります。シミ、シワは紫外線の影響によってできるもの。皮脂膜は大切にキープしたいものです。

さらにその先を行く「垢ため」とは?

顔を洗わない美容法どころか「垢ため」なんて呼ばれる美容法(?)を実践している人もいます。

引きこもっている人が1週間くらい顔を洗わずに過ごし、「このままではいけない」と思い立って洗顔したところ、垢がポロポロ出てきて中から生まれ変わったつるつるの肌が出てきた!だとか。

入院中身動きが取れず洗顔せずに過ごしたところ、同じように数日後垢が出てきて新しい肌が出てきた!とか・・・。実践したというよりも、結果的に垢をためこむような生活になっていたという感じがしますね。

こればかりはできる環境が限られている(顔を洗わず、メイクせずに1週間過ごせるなんてオケージョンはそうありませんよね)ので、実践が難しいところです。

ただ、これを実践して毛穴が目立たなくなった・小さくなった、キメが整った等嬉しい声が上がっているのも事実。一度はやってみる価値あり?!

この記事をシェアする

関連記事