• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

気持ち悪い「顔ダニ」、増殖の原因はしっとり効果を人工的に作ったケア用品

Date:2012.08.08

一時メディアで紹介されて有名(?)になった「顔ダニ」。実は多くの人の顔にはこの「顔ダニ」が生息しているようです。普通の真菌類と違って虫のようにうごめきますし、形そのものも虫なので何とも気持ち悪い限りです。

特に悪さをする訳でもないので多少なら仕方ないかなとも思えますが、この「顔ダニ」は日頃私達が使っているシャンプーや洗顔石鹸などの「ある成分」によって増殖するという事が報告されています。

「顔ダニ」とはこんな奴

「顔ダニ」は別名「にきびダニ」とも言われ、人間では皮脂腺の多い顔や背中へと生息する事が多いようです。ようは人間の皮脂が大好物なんです。ですので、小鼻などの脂っぽい箇所に集中して多くいます。

顔ダニの生態はまだ完全には解明されていません。にきびの原因になるという人もいれば、皮脂を食べて除去してくれるので肌にいい事と言う人もいます。

特にそのまま放置していても問題にはならないようですが、さすがに無駄に増殖はさせたくありませんよね!

間違った洗顔が原因の場合も

「顔ダニ」には、やはり洗顔の事をちゃんと考えた方がよさそうです。モコモコと泡立つ洗顔はとても心地よく、しっかりと洗ったという感覚になりやすいものです。

しかし、その泡立ちが人工の界面活性剤や研磨剤によるものだったら?それは「顔ダニ」を育てるのに良い条件を与えてやっている事にもなります。

それらの人工の成分が肌に残ってしまい、「顔ダニ」はせっせとそれらを食べて生息します。決して人工の成分が含有された洗顔料は使用しないようにしましょう。

お風呂にカビが生えるのと同じ条件だった!

洗顔料だけではなく、シャンプーやボディソープも同じ事です。シャンプーやボディソープの中には、洗い上がりの使用感を優先するために色々な化学成分が使われている事があります。

これも同じく界面活性剤などが主な成分ですが、これによっていくら髪をすすいでもいつまでもしっとりしていますよね。このぬめり成分が、実は顔ダニを増殖させる原因となっています。

例えば、お風呂のカビ。水道から出る衛生的なお湯を溢れるほど使って、さらにお風呂から上がる前にはシャワーでタイルや壁などをさっと流している人も多いでしょう。なのに、カビはいつの間にかしっかりと発生しています。

これだけお湯を使って汚いはずはないのに、どうしてと思いませんか?実は、シャンプーなどに入っているこのぬめり成分のせいです。このぬめりは簡単には取れませんから、カビの増殖になってしまうのです。

「顔ダニ」も同じで、このぬめり成分が増殖のもととなります。顔や背中というのは、シャンプーやリンスの成分が残ったままになっていますので、「顔ダニ」の棲家としては最適なんですね。

「顔ダニ」にとって、私たちの皮膚がお風呂場のカビと同じような事となっていたのには驚きです。

洗顔料やシャンプー・リンスなどは、やはりこれらの人工添加物が入っていないタイプがお勧めでしょう。今では天然の成分だけでもしっかりと泡立つものが多く販売されています。

この記事をシェアする

関連記事