• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

話題の顔タイプ診断で自分に似合うメイクを見つける方法

Date:2016.02.27

shutterstock_288121037女性の間から「雑誌で紹介しているメイクをするけど、私には似合わない」という声をよく耳にします。

同じようにメイクをしているはずなのに「仕上がりが違う」「思ったような印象にならない」というのはメイクが似合わないのではなく、そのメイクが自分の顔タイプに合っていないことになります。

雑誌で紹介しているメイクは、そのモデルさんの顔タイプに合ったものを取り上げていて、どの顔タイプでも似合うというものではありません。

モデルさんにも様々な顔タイプがあり、自分の顔タイプを診断することができれば雑誌で紹介されているメイクの中から自分に似合うものを見つけることが簡単にできます。

メイクで大切なのは輪郭よりもパーツの大きさと組み合わせ

「顔タイプ」というとよく診断方法として使われるのが、

  • 丸顔
  • 四角顔
  • 面長顔
  • エラ張り顔

といった顔の輪郭で分けるものです。顔の輪郭で顔タイプを診断するのもいいのですが、メイクで大事なのは輪郭よりも目や口といったパーツです。

パーツの大きさや配置によって同じメイクをしても印象がガラっと変わるくらい実は大事なのです。

このパーツなどで振り分けると顔は、

  • あっさり顔とくっきり顔
  • かわいい系とカッコいい系

に分かれます。

この組み合わせだと下記の4つの顔タイプができます。

  • かわいい系あっさり顔
  • カッコいい系あっさり顔
  • かわいい系くっきり顔
  • カッコいい系くっきり顔

それぞれの顔タイプにはどういう特徴や似合うメイクがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう!

少女のようでキュートな「かわいい系あっさり顔」

雑誌で紹介されているかわいい系メイクが似合うのが、この「かわいい系あっさり顔」です。特徴としては、

  • 顔の表皮が薄く、頬などがほんのりと赤みがある
  • 口が小さく、唇も少し薄い
  • 目がアーモンド形
  • 小鼻が小さく、張っていない
  • 目と目、目と眉の間が広め
  • 瞳が茶系

といったものです。顔のパーツが少し外側に配置されていて色素も薄く、肌に透明感がありほんのりと血色が出ているのが特徴です。

そのため実年齢より下に見えてしまい、「幼顔」「子供っぽい」と言われてしまうこともあります。

「かわいい系あっさり顔」の女性の場合、ピンク系の色をメイクに入れるとさらに肌の透明感がアップします。メイクは色を選びが大事で、

  • 口紅は青みのあるピンクやスモーキーピンク
  • アイシャドウは濃い色ではなくスモーキーなブラウンやモーヴ系
  • チークは血色を活かすため淡いピンクを極薄で

といったものを選びましょう。目元や口元は少しくすみのある色を使うと幼く見えることもなくなります。

凛としたクールビューティーの「カッコいい系あっさり顔」

クール系メイクとして紹介されているのが似合うのが、この「カッコいい系あっさり顔」です。特徴としては、

  • 目は切れ長
  • 口が大きく、唇は薄め
  • 眉はしっかりしているが、色が薄めで太さがない
  • 面長
  • 肌に透明感がある
  • 目が一重か奥二重

といったものです。「カッコいい系あっさり顔」は切れ長の目が特徴であり、シンプルですっきりとした印象が魅力的です。

バランスの良い顔立ちで涼やかなイメージがあるので、冷たいイメージを相手に与えてしまうこともあります。

「カッコいい系あっさり顔」の女性の場合、寒色系の色をメイクに入れるとクールビューティーのような凛とした女性を演出することができます。メイクに取り入れたい色は、

  • 口紅とチークはほんのりピンクで女性らしさを
  • アイシャドウはゴールドベージュやカーキといった少し濃いめの色を使う
  • 切れ長の目はアイラインではなく濃いめのアイシャドウでラインを描く

です。寒色系が似合う「カッコいい系あっさり顔」ですが、全てを寒色系にすると冷たい印象しか残らないので、目元は寒色系にして唇やチークは女性らしいピンクを使うようにしましょう。

女性が憧れるパーフェクトフェイス「かわいい系くっきり顔」

この顔立ちは「女性が1番憧れる顔」と言われていて、パーフェクトフェイスとも言われています。特徴としては、

  • くっきり二重で幅が広い
  • 黒目が大きい
  • 目は丸く大きい
  • 眉は太めだが色が薄い
  • 鼻筋がしっかりとしている
  • 口は小さいが、唇が厚くぽってりしている
  • 輪郭は丸顔やたまご形

といったものです。女性らしく整った顔の「かわいい系くっきり顔」はパッチリとした目やスッとした鼻が特徴です。

顔が整っているので今、若い女性で流行っているような盛りメイクをすると反対に古臭く見えてしまいます。

「かわいい系くっきり顔」の女性の場合、整った顔を活かすためになるべく薄めの色を使うのがポイントです。色味が薄いものを使うと落ち着きのある大人女性を演出することができます。メイクに取り入れたい色は、

  • 口紅はピンクベージュなどのほんのりとした色を使う
  • 眉は太さがあるので茶系のアイブロウで描く
  • チークはピンクで血色をプラスする
  • アイシャドウはライトブラウンなどのヌードカラーを使う
  • アイラインはダークブラウンでまつ毛を埋めるように描く

です。整った顔は濃い色を使うと古めかしく見えたり、薄化粧なのに厚化粧に見えてしまうことがあるのでなるべく薄い色を使うようにしましょう。

エキゾチックな魅力のある「カッコいい系くっきり顔」

ハッキリとした顔立ちで、よく「男前顔」と言われるのが、この「カッコいい系くっきり顔」です。特徴としては、

  • 眉の形がしっかりとしていて太い
  • 目が大きく、黒目がしっかりしている
  • 目と眉の間が狭い
  • エラがしっかりしている
  • 口が大きくて唇が厚い
  • 鼻筋が通っている
  • 肌色が強く赤みがほとんどない

といったものです。「カッコいい系くっきり顔」は日本人離れしたハーフ顔をしており、実年齢よりも上に見られてしまいます。

目が大きく鼻筋も通っていて彫が深く、ノーメイクでもくっきりとした顔立ちのためメイク法を間違えると派手な仕上がりになってしまいます。

「カッコいい系くっきり顔」の女性の場合、濃い色ばかりを使うと派手になってしまうので淡い色と濃い色を上手に使うのがポイントです。メイクに取り入れたい色は、

  • アイシャドウはパールの入ったイエローベージュやピンクベージュといった色味の薄いものを使う
  • アイラインはブラウンで目の形に添って描く
  • 赤みのあるオレンジのチークで頬の色味をプラスする
  • 口紅はボルドーのような濃い色を指で薄くつける

です。目元はすっきりとしたメイク、そして口元にポイントを置くとさらにカッコいい仕上がりになります。

口紅も濃い色を使う場合は、指で付けることで唇に馴染んだ色になり主張した色にはなりません。

リップを直塗りしてしまうと口だけが目立ってしまい、相手に威圧感を与えてしまうことがあるので注意しましょう。

「どれにも当てはまらない」っていうことはある?

特徴を見て「自分にはどれも当てはまらない」という人は「目」と「口」を基準で選んでみましょう。

メイクで印象に残るのが目と口です。この2か所のメイクでコロッと印象が変わってしまうこともあります。

顔タイプを知ってあなたに似合うメイクを楽しもう!

「雑誌のメイク特集を見ても自分の顔には合わないし、楽しくない」という女性もいます。しかし顔タイプがしっかりと分かれば自分に合うメイク法や色も分かってきます。

自分に合うメイクが分かり始めると、メイクをするのが楽しくなってきて「自分に合うメイクをもっと知りたい」という気持ちにもなります。自分に合うメイクを知るとファッションなどにも繋がるので、とても楽しくなります。

まだ自分に合ったメイクを見つけることができないという人は、まずは自分の顔タイプを知って雑誌のモデルさんがどういう顔タイプのメイクをしているかを勉強すると、もっともっとメイクが楽しくそして身近になってきます。

この記事をシェアする

関連記事

コメント