• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「彼氏にドキドキしなくなった」カップルのマンネリを改善する方法

Date:2014.03.18

彼氏と付き合い始めの頃は、「傍に居るだけでドキドキ」「目を合わせるだけでドキドキ」と何をしなくてもただ一緒に居るだけで胸をときめかせるものです。

しかし、月日の流れと共に心は安定し、ドキドキする機会が減ってマンネリに悩む時期が訪れるかもしれません。今回は、マンネリカップルになってしまった時にお勧めの改善方法を6個ご紹介します。

1 行ったことが無い場所へ行ってみる

環境がマンネリの原因になっている場合は、デートする場所を変えることで改善できることがあります。

普段のデートが外ではなく、どちらかの家やショッピングモールなどの場合は山や海でアウトドアデートしてみてはいかがでしょうか。

登山やピクニック、海水浴など、野外にはマイナスイオンを堪能することができるパワースポットもありますので、マンネリだけではなく日頃のストレスや悩みからも解放されてリラックスできることでしょう。

逆に外でのデートが多い方は、自宅でのDVD鑑賞や料理など二人の距離を縮めるデートでマンネリ改善をしてみてはいかがでしょうか。

2 呼び方を変えてみる

付き合い始めの頃から、彼氏の呼び名が変わっていないという方は居ませんか?マンネリしている時にはお互いの呼び方を変えてみることもお勧めです。

名前で呼んでいる場合は、名前から変化させたニックネームや呼んで欲しい名前を自ら提案して、名前と気分を新たにしてみてはいかがでしょうか。

3 グループで行動してみる

二人で過ごすことが多い場合は、グループで行動してみることもマンネリ解消にお勧めです。

年齢様々な友達と行動することで、普段の彼氏からは想像がつかないほど頼もしい面や優しい面を発見できるかもしれません。

また、敬語を話す、周りへの気遣いなど普段とは違った彼氏の姿に新鮮さを感じて、出逢った頃の彼氏の姿を思い出すきっかけになってときめきが蘇ることもあるでしょう。

4 イメージチェンジしてみる

マンネリカップルになった時には、お互いにイメージチェンジすることで新鮮さを得られる場合があります。

ストレートヘアを巻き髪にする、カラーリングする、メイクを変えるなど彼氏の趣味に合わせてイメチェンしてみましょう。

そして、彼氏にも服装や髪形などを変えてもらい、お互いにこれまでとは違う一面を見せ合うことでマンネリを改善できるかもしれません。

5 しばらく距離を置いてみる

マンネリが続いていると些細なことから喧嘩に発展することもあるので、デートに気乗りしない時や会うことが億劫な場合は無理して会わずに離れることをお勧めします。

無期限で離れてしまうとそのまま別れに発展する危険性もありますので、1~2週間程度の短期間が良いでしょう。会わないことに抵抗がある場合は、1~2日程度連絡を断ってみても良いでしょう。

しばらく距離を置くことで「彼氏のことが頭から離れない」「彼氏に会いたくなった」などマンネリから一気に抜け出すきっかけになるかもしれませんので、別れを考えている方は付き合いを解消する前に試してみてはいかがでしょうか。

6 昔の彼氏や彼女について話してみる

二人の関係がマンネリ化になっている時には異性を交えることが効果的です。ですが、マンネリカップルの時にときめきを求めて合コンやナンパなど浮気に繋がることは避けるべきです。

簡単に異性の存在を感じる方法は、過去の恋愛について話すことです。これまで付き合った相手はどんな人で、どんな場所へ出かけていたのかなどを告白し合うことでジェラシーを感じ、そこからマンネリを改善できるかもしれません。

注意すべきことは、彼氏と元彼氏を比べるような発言です。劣等感が強い男性の場合は、元彼氏の話しを聞かされ比べられることでジェラシーではなく怒りになることもありますので、彼氏の反応を見つつはなしましょう。

予め、「質問されたことだけ答えることと怒らないことを約束しよう」と納得してから告白し合うことをお勧めします。

マンネリは二人の関係を見直すチャンスかも!

マンネリは恋愛だけではなく、仕事や人生など様々なことに訪れます。悪いことではなく現状を見直して、より良い方へと改善するチャンスと言えるでしょう。

マンネリカップルになった時には、二人の関係を見直すために必要な時期とプラス思考で受け止めて彼氏との未来を良い方へと自らの手で舵を切ってみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事