• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏に対するマンネリ対策!上手に解消して乗り越える方法

Date:2017.10.06

彼と付き合いが長くなると訪れるマンネリ。これが原因で別れを繰り返す人もいるのではないでしょうか。

「今回の相手もマンネリになってきた…運命の相手じゃないのかな」。いえいえ、どんな相手でも基本マンネリはやってくるもの。その度に別れてしまってはなかなか身を固める事はできません。

したがってベストパートナーが欲しいと思うのなら、マンネリにならない相手を探そうとするよりも、今の彼とのマンネリを乗り越える努力をする方が現実的。

そもそもマンネリで別れてしまうカップルの原因として、

  • マンネリが起きたらすぐに別れてしまう
  • マンネリの解消法を実践していない
  • そもそもどちらか、あるいは両方のタイプ上、マンネリが起こりやすい

これらの事が挙げられます。

そこで今回はどのようにすればそれを乗り越えられるのか、対処法について紹介します。


マンネリは生まれて当然。問題はマンネリとの付き合い方!

彼と付き合いたてでドキドキに支配されている時期は、ドーパミンというホルモンがたくさん分泌されます。

このドーパミンは脳に興奮を与えてくれるので、「恋って楽しい!彼の事が大好き!」というドキドキをたくさん感じさせてくれるのです。

しかしこの興奮がずっと続くとどうでしょう。ドキドキには緊張感もつきものなので、次第にリラックスできずにストレスが溜まってくる状態になります。

そうならないためにも彼と過ごす時間に徐々に慣れていき、一緒にいて「気楽に過ごす事ができる、安心できる」存在に変わっていく事が、心地よい関係作りには必要なのです。

この一緒にいてリラックスできる状態こそがマンネリの始まり。つまりマンネリは恋愛において必要な要素とも言えるのです。なので、マンネリ=別れと考えてしまう人はちょっと待って!

とはいえマンネリに支配され過ぎてしまうと付き合っていてもつまらないのも事実。したがって「緊張感とマンネリ」、このバランスがとても大切なのです。

この二つのバランスを上手く保つには、マンネリとの付き合い方が大切です。上手に付き合えばリラックスした心地よい関係の中にも刺激が生まれ、お互いがベストパートナーになり得る可能性があるでしょう。

2人の間に刺激を呼び戻す、マンネリ解消法とは?

それではマンネリとどのように付き合っていけば良いのか。それはマンネリの解消法を知る事が大きなポイントです。

マンネリになる原因は色々ありますが、それらすべてを解消しようとするにはかなりのエネルギーが必要です。したがって、「ここは工夫できる」というポイントを知りましょう。

服やメイクをチェンジして。男性は外見の変化に弱い!

まずはあなたの服やメイクをアップデートしてみましょう。男性は視覚的な変化に弱いので、新鮮な気持ちになるはずです。

そもそもマンネリになるプロセスとして、男性は視覚的な慣れから始まる事が多いよう。そして「好きだよ」「可愛いね」という女性をドキドキさせてくれるセリフを言ってくれなくなる事から、女性側もときめかなくなる経過を辿るのです。

したがって、再び彼に「可愛い」「綺麗」と思ってもらえるように外見をチェンジして。

しかしマンネリ期を迎えると、心の中では「可愛い」と思っても、今更恥ずかしいと口に出してくれない彼も多いもの。あなたの方からも、「今日の服、似合っててかっこいい!」などと相手を褒めて、お互いが自然に褒める環境を作っておくことも大切です。

デートでいつもと違う経験をする。女性がリードするのがポイント!

付き合いたての頃は何をしてもどこへ行っても新鮮という気持ちがありますが、付き合いが長くなるにつれて「いつもと同じ」事が増えてきます。

このようなデートの定番化は、マンネリを引き起こす大きな原因に。そこで、女性側がリードして、新しい場所へ行ったり経験をするようにプランを立てましょう。

なぜ女性側かというと、このような理由があります。

男性側は、デートにおいて定番化する事を求める傾向があるから。

通常、デートでは男性側がリードする事が求められるため、付き合いたての頃は彼女に喜んでもらおうと様々な場所へ出かけたり、一生懸命プランを練るでしょう。

そのようなデートを続けているといくら彼女の事が好きでも疲れてしまいます。そして、もっと気楽にデートを楽しみたいために徐々に「いつもと同じ」を増やしていくのです。

新鮮味がなくなる事は分かっているけど、楽な方が良いという傾向が強いのです。

そこで、それをカバーするためにたまには女性側がリードしてデートのプランを立てましょう。初めての場所や普段あまりやらない経験を提案してみて。

「今度、あそこ行ってみたいな。車で行けるかな?」
「途中でここのカフェに寄ってみたい!」
「外が気持ちいい季節だから、今度お弁当持って公園行こう!」

また、アウトドアでスポーティな恰好をしたり、ディナーでめいっぱいお洒落をしたり。普段と違う恰好ができる経験を取り入れる事もポイントです。

非日常が詰まった旅行はマンネリの特効薬!

いつもと違ったデートがマンネリ対策に効果的という事で、非日常が詰まった旅行はことさら特効薬とも言えるでしょう。

旅行と言えば温泉や景色、・食べ物など楽しみはいっぱい。そもそも魅力のある場所へ趣くという時点で気持ちは無条件に盛り上がります。非日常という事で、初めてみる相手の一面を見つけられる事も。

興奮した気持ちや非日常という空間が、相手に対するドキドキを蘇らせてくれる事も多いでしょう。

距離を置いて会う時間を減らし、「いて当たり前」の感覚防止!

本来特別な存在なはずなのに、相手を「いて当たり前」に感じてしまうのがマンネリ期の怖さ。

そもそも付き合う前はや付き合いたての頃は、

「手に入らないかもしれない」
「離れて行ってしまうかもしれない」

という気持ちがどちらか一方やお互いにまだあって、不安定な関係である事がほとんど。そういう状態だと緊張感があってドキドキを感じやすくなるのです。

しかし長い時間を一緒に過ごし信頼関係ができあがってくると、離れていくはずがないという安心感から、相手を「いて当たり前」と特別に感じられなくなってしまうのです。

それを防ぐために、今までよりも会う時間を減らしてみましょう。2人の時間が貴重に思え、会った時の気持ちの盛り上がりが違ってくるはずです。

また、仕事や趣味、友人付き合いなど、お互いが違った時間を過ごす事でそれぞれの経験を共有しようと話題も増えます。話題の中身自体も新鮮になる事から、会話も以前より盛り上がる事でしょう。

さらには、相手が自分の知らない場所で様々な経験をしているという事は、ちょっとした不安の種になるのもポイントです。この不安こそが、付き合いたての頃に感じていた緊張感と同じような効果をもたらしてくれます。

「いて当たり前の存在」は空気のように大切な存在とも言え、決してこのような状態が悪いという訳ではありません。問題なのは、相手を大切に思う&リスペクトできなくなるという事。

会っていても常に携帯やスマホをいじっていたり、それぞれの時間をダラダラと過ごすようではどうでしょう。リラックスできる人なら誰でも良いという事になってしまって、相手を大切に思っているとは言えません。

自分の時間を充実させる事で成長へと繋がり魅力もアップ!

会う時間を減らして距離を置く事にも通じますが、自分の時間を充実させる事も大切です。自分1人の時間を上手く過ごせないと、相手と常に一緒にいるようになってしまうからです。

逆に仕事や趣味・友人付き合いなど、自分の時間を充実させる事ができれば相手に依存する事なく、ダラダラと一緒にいる時間が少なくなります。

また、このような人は自分磨きも上手。新しい経験や知識を吸収して成長し、人間として・女性(男性)としての魅力もぐんぐんアップさせる事ができるので、その結果相手にもマンネリを感じさせる事がないのです。

2人で共通の趣味を見つけると新たな関係が築ける!

それぞれの時間を充実させるのが効果的である一方で、2人で同じ趣味を見つけるというのもおすすめ。

新しい趣味を一緒に始めたり、どちらかの趣味に合わせて始めてみましょう。今までにない会話が生まれたりと、2人の関係においても新しい関係がスタートするはずです。

2人で一緒に成長したり、後から始めた方の成長を見守ったりする事も、今までにない絆を育む機会になります。

マンネリでダメになりやすい、相手への依存度が高い人とは?

マンネリが乗り越えられなくて、いつも別れてしまう。こういった人たちはある共通点があります。それは「相手への依存度が高い」という事。

そしてこの「相手への依存度が高い」人は、大きく分けて二つのタイプに分かれます。

マンネリでダメになるという自覚がある人は、自分のタイプを確認しましょう。自分のどのような部分が別れを引き寄せてしまうのかが理解できるので、マンネリ解消法をさらに効果的に実践する事ができるのです。

タイプ1. 幸せ依存。付き合う人は自分を幸せにしてくれる人じゃなきゃダメ。

付き合う相手を「自分を幸せにしてくれる人」という基準で選ぶ人は、自分が彼に対してマンネリを感じてダメになりやすいタイプです。

女性には多いこの価値観、一体何が問題なのでしょうか?

自分を幸せにしてくれる。つまり、

  • 自分を楽しませくれる
  • 自分を愛してくれる
  • 自分を大切にしてくれる

こういった「自分の幸せを依存できる男性」が理想になっていませんか?これを理想と思う事は、マンネリを最初から認めないと言っているようなもの。自分を幸せにしてくれる人なら、そもそもマンネリになる事はないと思ってしまっているからです。

したがって、マンネリが起こると途端にそれは男性の努力不足と感じて魅力を失ったり、運命の相手で無かったと残念な気持ちになったりするのです。

結婚を視野に入れるくらい真剣に相手を選ぶのなら、相手に幸せを依存するのではなくて、

  • 2人で幸せになるためには自分は何ができるのか
  • 相手を幸せにするには自分は何ができるのか

このような価値観へ変わる必要があります。そのように考える事ができるようになれば、マンネリが訪れた際にも頑張って乗り越えて行こうという気持ちになるでしょう。

タイプ2. 自分に自信がなくて依存。パートナーにのみ自分の存在価値を見出せる。

自分に自信がない人も要注意。このタイプは相手がマンネリを感じて離れて行ってしまうパターンが多くなるでしょう。

彼氏ができるといつもべったり、なんでも「一緒に」という依存が激しくなりやすいのですが、その理由として次の事が挙げられます。

  • 自分1人の時間を充実させるのが苦手
  • 自分自身に対して持てない自信を、持ち物や交友関係を充実させて満たそうとする

自分に自信のない人は趣味や仕事といった風に、彼氏との時間以外に自分が打ち込めるものがない場合はほとんど。1人の時間を充実させる事ができないので、彼とずっと一緒に過ごさないと不安になってしまうのです。

また、自分自身に価値を感じられないので、高い持ち物を身に付けたり交友関係を充実させて自分の価値を保とうする傾向があります。したがって、「自分には何もないけど彼がいる」と自分の存在価値を彼氏に見出そうとするので、相手にべったり依存する事になるのです。

彼が離れて行ってしまう事が怖くて仕方ないので、常に一緒に過ごすだけでなく束縛をするようになってしまうことも。

そうなると、依存された方はどうでしょう。「可愛い」「守ってあげたい」と最初は思うかもしれませんが、次第に常に一緒に過ごす事にマンネリを感じて、その結果より魅力的な人へ気持ちが移ってしまう事も少なくありません。

マンネリ対策の秘訣は、成長するために自分磨きを続けること!

マンネリ対策についてここまで紹介してきましたが、マンネリが起こるのは相手との相性のせいではありません。

ほぼどんな相手でもマンネリを感じる時はやってきます。しかしその時に、ダメになるか上手にやっていけるか。ここが人によって分かれる所です。

上手にやっていく人は、マンネリを上手に解消するために自分磨きが出来る人です。

  • 新しい事を取り入れて新鮮な一面を相手へ見せる事ができる
  • 成長を続け、人間としても魅力が増し続ける

このようにしっかりと自立していて魅力的な人は、まず相手の気持ちを惹き付け続けます。さらには、

  • 自分磨きをする事によって1人の時間を充実させる
  • 自分に自信があるので相手に依存しない

といった風に、自分の幸せを相手に依存するのではなくて、自分も相手に与えられるように成長し、お互いが幸せを補い合う存在になるべきという姿勢があるのです。

そのため、マンネリ=相手の問題と思わずに、お互いが努力して解消するべきだと思って実践できるのです。

一気に、すぐに成長する必要はありません。今よりちょっと、何かを変えて行きましょう。新しい自分を見つけるたびに、彼もあなたもきっと強い絆で結ばれて行くはずです。

この記事をシェアする

関連記事

コメント