• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

サヨナラ音痴!ラクラク呼吸と歌い方でカラオケがみるみる上達

Date:2013.08.05

歌うことに自信がないけれど、職場や友達との付き合いや流れで、次はカラオケに・・・なんて時もありますよね。カラオケが苦手な理由は人それぞれだと思います。

音域が狭い、人前で歌うことは緊張するし苦痛、流行りの曲についていけない、そもそも歌が好きではない、といったところでしょうか。

歌わなくていいなら歌いたくない、できればずっと聞き役でいたい、なんて思っていてもその場の雰囲気でどうしても断れない時もあります。

ここでは、そんな「カラオケが苦手」な方のために、お悩み別攻略方法をご紹介していきたいと思います。

1.私って音痴かも!?と思っているあなたは選曲とブレスに注意!

音程が外れてしまうと音痴に聞こえてしまいがちです。さらに、テンポが早かったり、ノリノリで歌うと音程が外れやすくなるので選曲も注意が必要です。

友人同士の楽しい集まりでワイワイ盛り上がりたいときには、多少の音痴もご愛嬌!なのですが、ここ一番という時には出来るだけ失敗したくないのが本音ですよね。

そんなときは、なるべくゆるやかな曲で頭の中で曲がイメージができる歌を選びましょう。そして、ちょっとかっこつけているように見えるのが難点ですが、歌うときにマイクの頭を口と水平にして持つとキレイな声に聞こえます。

さらに、肺活量に自信のある方もそうでない方も、ブレスと呼ばれる息継ぎをするポイントを意識してください。ブレスの注意点は息を吸い込みすぎないことです。おおむね7~8割にとどめておきましょう。そうするだけで、一曲の歌の流れがとてもスムーズに仕上がります。

また、テレビで実際歌っている歌手を見てブレスの場所をチェックしてみるのも参考になりますね。

2.あがり症でうまく歌えないあなたはまず緊張をほぐしてリラックス

誰も真剣に私の歌なんて聞いてないに決まっている!そう思い込んでも歌うときは多かれ少なかれ緊張が伴うものです。プロの歌手ではないのですから当然ですよね。

緊張すると顔もこわばるし、喉も締め付けられる気がして、ますます歌うことを苦手に感じてしまうものです。

そんなあなたは、歌う前にこっそり口を大きく開いたりすぼめたりしてみましょう。これだけでお顔の筋肉がほぐれストレッチ効果が高まります。続いて喉をリラックスさせるために、あくびを出すような気持ちでゆっくり口を開けてください(あくびが出れば尚良いです)。

喉の奥が柔らかくなるのがわかったら大成功!これで顔と喉のストレッチは終了です。あとは、あまり力まずに「実はあがってるんです」「歌うとき緊張して手が震えちゃうんです」と思い切って伝えてみましょう。

告白したことで気持ちが軽くなるし、周りの人もかわいい女性だなと温かく見守ってくれますよ。

3.歌える歌が見つからないあなたは・・・無理はしないでいいのです!

知ってる歌がなかなかないし、そもそも歌自体、あまり好きじゃないという場合は、無理せずに聞き役、盛り上げ役に徹してもいいのです。聞き役・盛り上げ役もなくてはならない貴重な存在ですからあなたにできる任務を果たしてくださいね。

とはいえ、一曲だけでも「もしどうしても歌を披露するとしたらこの曲を」と決めておくといいでしょう。場の雰囲気で避けては通れない時ってありますよね。

大事なのは、カラオケって正直苦手なのよね~と内心思っていても、お店に入ったからには割り切って笑顔で過ごすことでしょうか。知らない曲を無理して歌ったり、冷めた表情でぼんやりしたりしなければあなたの評価は守られますからきっと大丈夫です。

この記事をシェアする

関連記事