• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

朝カレーって効果あり?家族みんなが好きなカレーの本当の効果とは?

Date:2013.11.06

有名野球選手も食べていたと言われている“朝カレー”。カレーが好きな人は多いと思いますが、朝からカレーを食べるの?と意外に思っている人もいるでしょう。

カレーの香りや味には、ストレスが軽減される、モチベーションが上がる、という効果もあると言われています。カレーはおいしいだけでなく、疲労回復など、さまざまな健康効果があるのです。

カレーのそんな健康効果について、また、おいしいカレーを作る秘訣などについて紹介していきましょう。

カレーの健康効果

おいしいカレー。カレーの効果にはどのようなものがあるでしょう?カレーにはいろいろなスパイスが入っています。例えばターメリックには血流の流れをよくする作用があり、トウガラシには末端血管を拡張させる効果があると言われています。

クミンやコリアンダーには胃腸の働きをよくする作用があり、食欲増進効果があるのですね。

フェヌグリークというスパイスには、糖や脂質の代謝を改善し血糖値を抑えてくれる作用が、生姜やニンニク、トウガラシには抗菌作用、抗ウイルス効果があると言われています。

ナツメグには体温を上げる作用、整腸作用、下痢や便秘の防止などの働きがあります。スパイスにはこういった効果が含まれ、血行をよくすることで冷え症の改善や、風邪予防、ダイエットにも効果的ということが言えますね。

クローブは抗酸化作用がありアンチエイジングにも効果的です。ベイリーフには、整腸作用や胃を健康にする働きがあると言われています。

朝、カレーを食べることで、神経を興奮させ体を目覚めさせてくれるのです。朝にカレーを食べるのは効果的なのですね。

さらに、カレーにはたくさんの野菜が使われていますね。野菜の栄養素はスープにもしっかり溶け込んでいるので、きちんと栄養を摂取することができます。

脳にもよい効果がある?

カレーに含まれるターメリックには、記憶力を高める働きがあると言われています。それは認知症にも役立つとも言われています。アルツハイマーの予防や改善にも役立つのではないか、とも言われています。カレーは脳への血流もよくするので、集中力も高まります。

カレーの美容効果

カレーは血行をよくするので、肌に必要な栄養素を体のすみずみまで運んでくれます。新陳代謝もよくなり、発汗作用もあるので、美肌にもいいのです。カレーはデトックス効果もあると言われています。美容にもさまざまな効果があるのですね。

カレーの効果をアップさせるために

さまざまなカレーの効果をよりアップさせるためには、朝、カレーを食べることの他にも、次のようなことがあります。

一つは冷たい水を一緒に飲まないこと。カレーを食べる時には水を飲む人も多いと思いますが、あまり冷たい水だと体を冷やしてしまいます。せっかくのカレー効果がなくなってしまうので、カレーを食べる時には常温の水か、温かいものを飲むようにしましょう。

また、スパイスは煮込みすぎると効果を失ってしまうこともあるそうです。煮込みすぎないように注意しましょう。

カレーはカロリーが高い?

カレーは油をたくさん使うためカロリーは高めです。食欲増進作用もあるので、つい食べ過ぎてしまうのですよね。

それを抑えるには、野菜カレーが比較的低カロリーです。また、カロリーを高くしているルーを半分にして、トマトやココナッツミルクなどを入れるとカロリーを抑えることができますよ。

カレーをよりおいしくする隠し味

カレーの隠し味としてよく使われるのは、ニンニクやしょうが、すりおろしたりんご、などがありますね、リンゴは甘味を引き出してくれます。

りんごはすりおろした方が、香りがよいですね。はちみつも甘味を引き出してくれる隠し味。はちみつにはお肉をやわらかくする働きもあります。

生クリームやヨーグルトなどの乳製品は、コクを出してくれます。ヨーグルトならのどごしがさわやかな感じに。

チョコレートやコーヒーなどもコクを出してくれる隠し味。でも、入れ過ぎると失敗するので味見を忘れずに。特にコーヒーは入れ過ぎると苦味が出てしまうのでち注意しましょう。

うまみを出してくれる隠し味としては、オイスターソースやココア、赤ワインなどもおススメ。また、ビールで煮込むと苦味が出て大人のカレーになります。

しょうゆやカツオだしなどを使うと、和風の味になっていつものカレーとはまた違った美味しさが楽しめますよ。

この記事をシェアする

関連記事