• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

一時期ブームになった朝カレーの効果。みんな大好き、カレーの実力

Date:2017.01.10

shutterstock_248363104みなさん、どれくらいの頻度でカレーを食べていますか?ある著名人の方たちのように、「朝カレー」なんて習慣があったりしますか?

カレー嫌いを探す方が難しいくらい、日本人はカレー好きが多いですよね。

カレーは美味しいだけでなく、栄養満点で、健康や美容を気にする方にもオススメな食品です。ただ、カレーの効果を得るためには、いくつかのポイントがあります。

この記事では、以前話題になった「朝カレー」はどうなの?という所に焦点を当てつつ、カレーの嬉しい効果を紹介していきます。

カレーを食べるうえでのデメリットや注意点もお伝えしていきますよ。奥深いカレーの世界を一緒に覗いてみましょう!


カレーの健康・美容効果、どれくらい知っていますか?

なぜカレーには、美容・健康効果が期待できるのでしょうか?それには、カレーを作る際に使われる「スパイス」が大きくかかわっているのです。

日本では、家庭でカレーを作るときに「スパイス」を意識することは少ないですが、その効果は、もはや「漢方」と言っても過言ではないでしょう。

カレーに使われている代表的なスパイスと期待できる効果は、

  • クミン…脂肪燃焼、記憶力アップ、消化促進
  • コリアンダー…抗菌、鎮静作用、整腸、デトックス
  • ターメリック…抗酸化作用、肝臓強化、生活習慣病
  • 唐辛子…食欲増進、老化防止、ダイエット
  • ガラムマサラ(ミックススパイス)…風邪予防、消化不良の改善、冷え性の改善

主にこれらのスパイスが、カレーには使われています。どのスパイスの効能をみても、元気でいるためには必須のものばかりです。

クミンから唐辛子までは、ご存知の方も多いかと思いますが「ガラムマサラ」というスパイスは、あまり耳馴染みがないかもしれませんね。

ガラムマサラは、いくつかのスパイスを調合したものです。カレーの本場では、個人や家庭によって調合の仕方が異なります。

何種類どころか、無限大にガラムマサラの種類は存在するのです。そのため、厳選するのが難しいくらいの数の効能が存在します。

今回は、ガラムマサラのベースとなっている「シナモン」「ナツメグ」「クローブ」の効果を紹介しました。基本はこの3種を筆頭に、ガラムマサラのスパイスの調合をしていくようです。

日本の店頭でも、もちろん手に入れることができますよ!各メーカーが、すでに調合したガラムマサラを発売しています。

まずは、すでに“調合済み”のガラムマサラを試してみるのがオススメです。

そして、「今日、なんとなくカレーが食べたいなぁ」というときは、風邪の予兆だともいわれています。それもなっとくです!

カレーに使われているスパイスは、

  • 鎮痛作用
  • 抗酸化作用
  • 消化促進やデットクス効果

など、風邪を引いたときに身体が求めているであろう効能ばかりです。

身体って、本当に素直且つ優秀ですよね。風邪を引いてしまう原因は、どうしても免疫力が下がり、身体が弱っていることが関係しています。

習慣的にカレーを食べるようにすれば、風邪を引かない健康な身体になれる期待ができるのです。

食べるなら朝と夜どっちに?効果を狙うなら「朝カレー」がオススメ

「効果を狙うなら朝カレー」なのですが、それは一体なぜなのか説明していきます。あの天才メジャーリーガーも、毎朝食べていたことで有名な「朝カレー」。

一時期、テレビのダイエット番組などの影響で話題になり、すでに試した方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、痩せるどころか太ってしまった…なんて声も実際にあるようです。

では、なぜ「朝カレー」で太ってしまったのか?主な原因は

  • カレールー
  • 選んだ材料のカロリーが高い
  • 量を多く食べ過ぎたため

以上のことが、上手く結果が出なかった要因だと考えられます。まず、カレールーに関してですが、ルーにはスパイスの他に小麦粉や脂質、砂糖などの添加物が含まれています。

カレーを作るのに、ルーをゼロにする必要はありませんが、4つ使っていたところを2つにするなど工夫してみましょう。

ちなみに、オススメはカレールーではなく「カレー粉」を選ぶことです。市販のカレー粉も、ルー同様に添加物は含まれています。

ですが、ルーと比較してみると、粉の方が圧倒的に少ないことが食品表示を見てみるとわかります。

トロっとしたカレーがお好みの方だと、ルーを使う必要がありますが、もしサラサラしたカレーがお好であれば、粉タイプを推薦します。

先程お伝えしたように、カレーの健康・美容効果はスパイスによるものです。ルーは脂質分が多く、どちらかと言えば、太りやすい食品であるといえます。

ですが、まったく使ってはいけないというわけではないのです。ルーも美味しいですし、便利ですからね。ただ、100%ルーのみで作るのは避けるのがポイントです。

さらに、カレーを作る際に使う具材にも注目しましょう。いくらカレーにダイエット効果があったとしても、カロリーの高い具材ばかりを選んでいてはNGです。

できれば、

  • 野菜
  • きのこ類

を多めにし、お肉は、

  • 赤身の肉
  • 鶏肉

など脂質の少ない種類や部位を使うようにしてください。

最後に、“食べれば痩せるんでしょう?”なんて要領でカレーを食べてはいけません。また、美味しいからといって食べ過ぎても、もちろん身体に負担がかかります。

カレーのスパイスには食欲増進効果もありますし、気持ちはわかりますが、「腹八分目」を意識して食べるようにしましょうね。

後程、オススメのカレーレシピを紹介しますので、ぜひ最後まで読み進めてくださいませ!

「朝カレー」がオススメな理由

ここで、なぜ「朝カレー」が健康、さらには美容にもいいのかを紹介していきます。以下をご覧ください。

  • 自律神経に働きかけ、身体を起こしてくれる
  • 脳が活性化される
  • ダイエット、デトックス効果
  • バランスよく効率的に栄養を摂取できる

などが、あげられます。まず、朝起きたときは、自律神経である副交感神経が優位に働いています。

そのため、どうしてもボーッとしてしまう時間帯なのですが、カレーを摂取することにより、交感神経へと切り替えをスムーズにしてくれます。

これは、カレーには必須のスパイスによる働きのお陰です。「朝カレー」を食べれば、身体も脳もやる気モード全開ですよ。

  • 交感神経…活動しているときや緊張状態にあるとき、朝から日中にかけて働く
  • 副交感神経…眠っているときやリラックスしているとき、日中受けた疲労を回復させるため夜に働く

さらに、脳への血流量が増加し、活性化するといわれています。カレーが認知症予防や集中力アップに繋がるといわれるゆえんにも、頷けますね。

そして、朝カレーを食べることは、ダイエット効果も期待できるのです。健康美人を目指す方にとっては、最も興味があるところではないでしょうか?

カレーに使われるスパイスのほとんどが、

  • 発汗作用
  • デトックス効果

など、新陳代謝を高める作用がある成分ばかりです。

これらの効果は、日中の活動している時間帯にこそ必要だといえます。夜に、ゆっくりとカレーを食べたい気持ちもわかります。

ですが、ダイエット効果を狙うのであれば、朝に食べるのがポイントです。寝る時間帯は、エネルギーの消費量が少ないため、どうしても身体に蓄積されやすいのです。カロリー高めのカレーも、朝に食べることで効率的にエネルギー源として作用してくれます。

朝にカレーを食べることは、カレーの効果を最大限に活かした方法といってもいいですね。

一つのお皿で野菜やお肉、ご飯までも一緒に美味しく食べられるところも、カレーのおすすめポイントです。

ただ食べればいいわけではない!「朝カレー」の注意点とデメリット

裏があれば表がある。というように、メリットがあればデメリットもあります。「朝カレー」を試すうえで、気をつけていただきたい注意点と、デメリットをお伝えします。

試すときは、ぜひ頭に入れておいてくださいね。

その1、毎朝食べなくてOK

「朝カレーを試したいけど、毎朝カレーはちょっと…」という方。大丈夫です!それば正解なのです。

朝カレーの頻度は、週に3日ほどにするのがオススメです。カレーに使われるスパイスは刺激が強いため、毎日食べると胃腸に負担がかかる可能性があります。

また、普段から胃腸が弱い方は、試してみて万が一合わないようなら、朝カレーは中止しましょう。無理は禁物ですよ。

その2、市販のカレールーはなるべく避ける

前半にお伝えしたように、市販のルーには多くの食品添加物が含まれています。ルーが原因で、胃もたれを起こしてしまう方もいるようです。

使うのであれば、通常よりも少なくするようにし、可能ならカレー粉を使うのがオススメです。

その3、具材は野菜やきのこ類を中心に

お肉をゼロにしなくても大丈夫です。お肉は、筋肉を作るのに必要なタンパク質を含んでいます。ですが、脂肪分の多い肉は避けてください。

お肉の代わりに、サバ缶などを入れたり、豆類を入れてもGOODです!

その4、ご飯はお茶碗半分~1杯分を目安に

カレーとご飯の相性はバツグンなので、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。しかし、ここで食べ過ぎてしまったら、元も子もありません。

朝に限らず、いつでも腹八分目がベストです!ご飯は、150g程の茶碗半分から1杯に止めましょう。

玄米や雑穀米などの栄養価の高いご飯にすれば、なお健康食に近づきますよ。しっかりと、よく噛んで食べるのが重要です。

その5、ニキビや口臭が気になる方

スパイスは刺激があるため、肌荒れが出てしまった場合や、ニキビが気になる方はカレーを食べる頻度を減らすなど工夫しましょう。

また、カレーの香りは強いため、口臭や匂いが気になる方は向かないかもしれません。

カレーを食べた朝は、いつもより念入りに歯磨きやオーラルケアをするといいですね。

ぜひお試しあれ!いつでも食べたくなっちゃう健康カレーレシピ

本格的な、健康・美容効果が期待できるカレーのレシピを紹介します。

慣れてきたら、スパイスを足したり、減らしたりしてオリジナルのカレーを作っちゃいましょう!

簡単でシンプルなレシピですので、ぜひ参考にしてみてください。

材料(1人分)
たまねぎ
1枚
じゃがいも
1本
トマト
1本
きのこ類(エノキやマイタケなど)
4分の1パックほど
カレールー
1片の2分の1
赤味噌
適量
ガラムマサラ
大さじ半分
約100ml

※1人分なので、量は少なめに設定しています。お好みで具材やスパイスを減らしたり、増やしたりしてOKです!

作り方
  1. たまねぎ、じゃがいもは1cm程の角切りにする
  2. トマトはざく切りにし、きのこはお好みの大きさに切る
  3. 鍋に水を入れ、沸騰したら野菜類ときのこ類を入れて、中火で5分程煮込む
  4. 5分経ったら火を止め、ルーと赤味噌を溶かしながら入れ、ガラムマサラも加える
  5. 再度火を点けて、2~3分程煮込んで出来上がり!
味噌も入れるので、味噌汁の代わりにもなりそうですね。ポイントは、ルーと味噌、ガラムマサラを入れてからは煮込み過ぎないようにすることです。

スパイスの薬効が飛んでしまいかねません。くれぐれも、煮込み過ぎには注意です。

朝になにを食べようか迷っているなら「朝カレー」は試す価値あり

カレーがなぜ健康や美容に役立つのか、それは薬のような効果を発揮する「スパイス」のお陰だったのですね。

朝はバタつくため、カレーを作る時間がない方もいらっしゃいますよね?そんな方は、前日の夜に作っておくのも手ですよ。

ただ、スパイスだけは食べる直前に入れるのがオススメです。そして、カレーを食べるときに、冷たい物は飲まないようにしてください。

冷たい飲み物は、身体を冷やしてしまいます。常温か温かい物を飲むようにしてくださいね。

朝カレーを食べて、今日も1日元気に過ごしましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント