• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

肩こりを解消させる食べ物と、季節別に食べたいものはこれ!

Date:2014.07.09

肩こりを発症する原因には、様々なものがあります。ようは血の巡りが悪くなる事で起こってしまうものですが、急に仕事が忙しくなって残業が増えたというような場合に起こる一過性のものや、長期的なストレスなどにより慢性化してしまっているものもあります。

冷え性で血行が悪いなど、体質もあるでしょう。たかが肩こりといっても、ひどい症状になると激しい頭痛やめまいなどを引き起こしてしまいます。昔より季節=旬の食べ物は全て血になり肉になると言うように、健全な体質作りには欠かせないものになります。

今では季節に関係なくほとんどの食材が入手可能ですが、ここは今一度季節の食べ物、特に肩こり解消に有効な食材を見直してみてはいかがでしょうか。

季節別食材

季節別に食材を分けなさいというものではなく、いつものメニューに1品加える程度で結構です。「春」にはやはり菜の花がぴったりです。菜の花のおひたしなどはいかがでしょうか。それにプラスあさりのスープなどがベストでしょう。

「夏」は意外に多くの食材があります。玉ねぎ・にら・オクラ・とうもろこし・桃、そして夏には特に食べたいスイカやうなぎなどです。例えばとうもろこしとオクラを炒めて食べるのもいいでしょう。

「秋」と言えば食欲の秋ですが、さんまや梨・ぶどうなどはこの季節が一番美味しいですよね。さんまは焼くだけではなく、ごはんと一緒に炊き込んで食べるのも工夫があって美味しそうです。また、鮭もムニエルなども1品加えるといいでしょう。

「冬」には多くの野菜を温めて食べましょう。大根は豚肉などと一緒に炒めたり、白菜はスープにして食べると身体が温まり血行も良くなります。果物はやはりみかんがいいでしょう。他にも味噌汁の具は長ネギやニラをふんだんに入れると身体は温まります。

それぞれの食材の役割

菜の花・ニラ・うなぎですが、これらは血管を広げて血の流れを良くします。オクラのネバネバは、血栓を予防して血液をサラサラに導きます。大根は胃腸の働きをよくしますが、そのままでは身体を冷やしますので温めて食べるようにします。

みかんなどの柑橘類の酸味は、ストレス解消に働きかけます。抗酸化作用による疲労回復にもぜひお勧めな果物です。

辛い肩こりを少しでも和らげるために、少しでも季節の食材を取り入れてみてはいかがでしょうか。また、肩こり予防には毎日のストレッチも大変有効です。特にデスクワークを主としている人はガチガチの身体をほぐす意味でも、ストレッチを習慣にするのが最善の肩こり予防策です。

この記事をシェアする

関連記事