• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

頬の毛穴を目立たなくする方法。メイクしても目立つ毛穴をケアしよう!

Date:2017.10.13

鏡をふと見た時、頬の毛穴が気になるということはありませんか?

毛穴の開がやブツブツ、触ってみると毛穴がザラついている感じ…。しっかりと洗顔をし、スキンケアをしているのに何で毛穴が目立ってしまうんだろうと気が滅入ってしまいます。

毛穴が気になると、メイクすると毛穴が余計に目立ってしまうんじゃないかと思い、憂鬱になってしまいますね。

頬の毛穴が目立つのは、毛穴の開きだけではなく毛穴の詰まりや肌のたるみが原因になっていることもあります。

鏡を見て、毛穴が目立ってきたと感じたらすぐにケアをするようにしましょう。正しいケアをすれば今からでも毛穴はカバーすることができます。


ケアが足りない? 多くの女性が悩む頬の毛穴が目立つ理由

毛穴が目立つのはメイクをする時です。化粧下地などを塗っている時に毛穴の部分だけ目立ってしまいます。頬の毛穴が目立つといっても、様々な症状があります。また、自分では気づいていないけれど、毛穴にトラブルが起こっている可能性もあります。まずは、頬の毛穴トラブルチェックと、毛穴が目立つ症状を知りましょう。

まずは自分の頬の毛穴がトラブルを起こしていないかチェックしてみる

毛穴のケアをする前に、まずは自分の頬の毛穴がトラブルを起こしていないかをチェックすることが大事です。

下記の項目で1つでも当てはまるものがある人は、頬の毛穴の目立つ原因を抱えていることになります。

【頬の毛穴チェック】

  • ピーリングや角質ケアをしても毛穴が気になる
  • 頬に楕円形(縦長)の毛穴がある
  • 頬を触るとザラザラとして表面が盛り上がっている
  • 毛穴が黒ずんでいる
  • 頬の毛穴がポツポツとミカンの表皮のようにみえる

皮脂やホコリが毛穴に入り込むことによって頬の毛穴が目立つ

  • 毛穴が黒ずんでいる
  • 頬がザラザラしている

このような症状がある人は、毛穴に皮脂やホコリが入り、角栓になっていることが原因で毛穴が目立っている可能性があります。

ホコリにメイク汚れや皮脂が混じると、洗顔だけでは落としきれないこともあります。これが毛穴に蓄積し角栓になると、毛穴の黒ずみやザラつきに繋がります。

角栓が大きくなるとザラつきだけではなくボコボコと表面が盛り上がるような症状も出てきます。

さらに、そのまま放置していると毛穴が炎症を起こし吹き出物やニキビができることもあります。

毛穴に角栓ができた時、正しいスキンケアで角栓を取り除けば問題ありませんが、そこに過剰なスキンケアをすると角栓ができやすくなることもあります。

  • ピンセットで角栓を取り除く
  • 爪で角栓を絞り出す

こういった方法で、角栓を取り除いている人もいるようですが、これでは毛穴が開きっぱなしになり角栓ができやすい状態になってしまいます。

そのため、ずっと毛穴が黒ずんでいたり、ザラつきがずっと残り毛穴が目立ってしまうことになります。

肌の乾燥で皮脂の過剰分泌や肌のキメが悪くなり頬の毛穴が目立つ

肌が乾燥すると、肌がかさつくだけではなく肌のキメが悪くなります。肌のキメが悪くなると肌が緩んでくるので毛穴が目立つようになってきます。

頬の毛穴がポツポツとミカンの表皮のように見える人は、乾燥からくる頬の毛穴の目立ちの可能性があります。

また、肌が乾燥すると毛穴の緩み以外にも症状が出てきます。

皮膚は、肌が乾燥すると防御機能が働き、皮脂を過剰に分泌させてこれ以上、肌が乾燥しないようにします。

毛穴が緩んでいる時に、皮脂が過剰分泌されると毛穴に皮脂が入り炎症を起こすこともあります。

毛穴に皮脂が入ると炎症だけではなく、上記のように角栓にも繋がるのでさらに毛穴が目立つようになってしまいます。

肌の乾燥の原因には、間違ったスキンケアが関係しています。

肌を触った時、表面が潤っているから肌全体が潤っているだろうと思っている人もいますが、実は肌の奥は乾燥状態です。

このケア方法をずっと続けていると、肌の奥はどんどん乾燥していくので皮脂もどんどん分泌されていきます。

また、肌が乾燥することでターンオーバーも乱れてしまい、肌の乾燥だけでなく肌状態も悪くなっていきます。

30歳を超えると急激に増える肌のたるみで頬の毛穴が目立つ

乾燥しないようにスキンケアをし、角栓ケアもしているのに頬の毛穴が目立つという人は、肌のたるみからくる「たるみ毛穴」の可能性があります。

たるみ毛穴の原因は、次のようなことが考えられます

  • 加齢によるコラーゲン不足
  • 冷えなどからくる血行不良
  • 乱れた食生活
  • 睡眠不足

1番の原因は、加齢によるコラーゲン不足です。コラーゲンが不足することによって肌にたるみが出てきて、肌と一緒に毛穴もたるんできます。

たるみ毛穴の特徴は、頬の毛穴が細長い(縦長)形をしていることです。鏡で頬の毛穴を見て、縦長の細長い毛穴がある人は、たるみ毛穴の可能性があります。

睡眠不足や血行不良は、肌のターンオーバーが正常に行われなくなることもあり、弾力のある肌が奪われてしまいたるみ毛穴に繋がります。

また、乱れた食生活とは栄養の偏りや脂っこいものばかり食べていると、皮脂の過剰分泌に繋がり、毛穴が広がってしまいたるみ毛穴に繋がります。

継続すれば効果アリ!頬の毛穴を目立たなくするケアのポイント

頬の毛穴は、ケアをすれば目立たなくなってきます。ケアは、一時的なものではなく毎日継続することが大事です。

また、「毛穴が気になるから」と毛穴をピンセットなどでいじっている人もいますが、これでは毛穴が余計に目立ってしまいます。

毛穴が目立って気になるという人は、まずは毛穴を目立たなくするケアを継続するようにしましょう。

その1.クレンジング・洗顔は肌に負担を与えないものを選ぶ

クレンジングと洗顔は、スキンケアの基本です。この2つに問題があると、毛穴だけではなく肌にも影響を与えます。

特に、若い頃に使っていた洗顔料やクレンジング剤をずっと使っていると、若い頃とは皮脂の分泌量などが違っているので、肌に合わないこともあります。

まず、クレンジング剤は自分の年齢や肌に合ったものを選ぶことが大事です。

  • 皮脂やメイクに馴染みやすいもの
  • 角栓や毛穴汚れも落とせるもの
  • 拭き取るだけで簡単に落とせるもの
  • 浴室でも使える(濡れた手でも使える)もの

30代を超えると、なるべく肌に負担をかけないようなクレンジング剤が最適です。

何度も擦ったり、何度も洗い流さないといけないようなクレンジング剤は肌に負担を与えてしまい、乾燥の原因になります。

また、洗顔料の選び方も大事です。若い頃は洗浄力の強いものでも、肌への負担はあまりありませんが、30代を超えると洗浄力の強い洗顔料は、肌の乾燥に繋がります。

  • 適度な皮脂を残してくれるもの(洗浄力が強くない物)
  • 保湿成分が配合されているもの
  • 泡立ちが良く、泡切れがいいもの
  • 汚れを吸着してくれるもの

洗顔は、泡洗顔が基本です。泡立ちが悪いものは洗顔するのが面倒になることもあります。

また、泡切れがいいものだと何度も水で顔を洗わなくていいので、肌の乾燥をさらに予防することができます。

その他、保湿成分があるものを選べば洗った後の肌の乾燥も気にならなくなります。

その2.正しいクレンジング・洗顔の方法

クレンジング剤や洗顔料を自分の肌に合ったものを選んでも、洗い方が間違っていたら意味がありません。

クレンジング・洗顔をする時は、次のようなことを守って洗うようにしましょう。

  • 洗顔料を使った洗顔は朝と夜の2回、クレンジングはメイクをした日の夜のみ
  • 顔を洗う時のお湯は32~34度ぬるま湯を使う
  • クレンジングは擦らず軽く指でメイクに馴染ませる
  • クレンジング剤は肌に塗るつきが残らないように洗い流す
  • 洗顔は必ずたっぷりの泡を作って洗う
  • 肌の上に泡をのせて泡で洗い、泡が消えるまで綺麗に洗い流す
  • 顔を拭く時は、タオルを軽く当てて拭き取る

洗顔の方法は、今では当たり前になっているのでほとんどの人が泡洗顔をしていますが、お湯の温度などはあまり気にしていないという人が多いかもしれません。

熱いお湯で洗うと、皮脂が必要以上に落ちてしまい、乾燥に繋がります。また、冷たい水で洗うと毛穴が締まってしまうので、毛穴の汚れが落ちません。

その3.肌の奥から潤うように化粧水で保湿をする

化粧水をつける時、パタパタとパッティングをすれば化粧水が浸透すると思っていませんか?

パッティングをしながら化粧水をつけても、肌の奥まで潤うというわけではありません。

肌の奥まで潤いを与える場合は、化粧水の選び方に注意する必要があります。しっかりと保湿をしたい場合は、次のような化粧水を選びましょう。

  • アルコール成分が入っていないもの
  • ヒト型セラミドが配合されているもの
  • 保湿成分が入っているもの
  • ハリやツヤを与えてくれる成分が入っているもの

頬の毛穴は、たるみが出ると目立ってきます。たるみ毛穴の原因は、乾燥やコラーゲンの減少です。

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • セラミド

こういったものが入った化粧水を選ぶようにしましょう。

特に、乾燥が気になる人はセラミド配合の化粧水がオススメです。

セラミドは、細胞間脂質の主成分なので、これが減少すると肌の乾燥に繋がります。

最近の化粧水は「セラミド配合」と書かれたものが増えています。しかし、どのセラミドでもいいというものではありません。

人間の細胞間脂質に似ているのが、ヒト型セラミドと呼ばれているものです。セラミド配合のものを選ぶ時は、ヒト型セラミドが入ったものを選びましょう。

その3.毛穴パックやピーリングは適度な回数で行う

毛穴の詰まりが気になると、どうしても角栓を取り除くパックをしたくなります。

パックは、角栓が取れてスッキリした感じがしますが、あまり頻繁に毛穴パックをしていると毛穴が開きっぱなしになり、余計に目立ってしまうこともあります。

角栓はできたら取り除くのではなく、できないようにすることが大事です。

毛穴パックをする場合は、頻繁にするのではなく1ヵ月に1回程度で十分です。

また、ピーリングも同じです。毎日のようにピーリングをしている人もいますが、これは肌に必要な皮脂などを過剰に取り除いてしまう可能性があります。

ピーリングや余分な皮脂を取り除くようなパックは、週1~2回程度で十分です。

その4.たるみ毛穴に特化したクリームなどを使う

毛穴のたるみは、保湿をすることである程度は解消されますが、いくつもの毛穴が繋がって大きなたるみ毛穴になっていると、それだけでは症状が改善されないこともあります。

そういう時は、たるみ毛穴に特化したクリームなどを使ってケアをしましょう。

高いクリームなどではなく、ビタミンC誘導体やエラスチンが配合されたものでも十分効果が期待できます。

特に、ビタミンC誘導体はコラーゲン生成に欠かせない成分なので、たるみ毛穴が気になる時はこういった成分が入ったクリームなどを使いましょう。

その5.紫外線対策をして肌にダメージを与えないことも大事

保湿をしっかりとして、肌に潤いを与えることも大事ですが、肌の水分を奪う紫外線のダメージを受けないようにすることも大事です。

皆さんは、日焼け止めはどういう時に使いますか?

多くの人が、夏や日差しの強い時に使いますが、紫外線は1年中出ているので私たちは1年中紫外線を浴びていることになります。

日焼け止めや美白化粧水などを使い、紫外線から肌を守ってあげましょう。

また、紫外線は肌だけではなく体内に活性酸素を作り出します。活性酸素が体内に蓄積されると、肌の老化にも繋がるので注意しましょう。

スキンケアだけじゃない!たるんだ毛穴はマッサージなども効果的

毎日のスキンケアで、毛穴の目立ちを改善することはできますが、たるんだ毛穴の場合は、顔や頭皮のマッサージもたるみ毛穴には効果的です。

【顔の表情筋ストレッチ】

  1. 大きく口を開き5秒静止、その次に口をすぼめて5秒程度静止する
  2. 空気を吸って口を膨らませ、口の中の空気を右頬・左頬と交互に移動させる

上記のストレッチは、ちょっとした時間にでもできるものです。簡単なので、覚えておきましょう。

また、顔のむくみを取る時に顔をマッサージすることがあります。これも、顔の凝りを取り除いて表情筋をストレッチさせてくます。

【簡単な顔のマッサージ】

  1. 顔全体にクリームかオイルを塗る
  2. 手を軽く握り頬骨部分に当て、第一関節~第二関節部分を使って軽くクルクルとマッサージする
  3. 中心から外に向かってマッサージし、顎の輪郭部分までマッサージをする

かっさなどを使って、顔の中心から外側に向かってマッサージをしますが、それを手で行うというものです。かっさがある人は、かっさを使ってマッサージしましょう。

顔以外に、頭皮のマッサージも毛穴のたるみに効果的です。

頭皮マッサージというと、薄毛予防というイメージがありますが、顔のたるみやアンチエイジングの効果もあります。

【簡単な頭皮マッサージ方法】

  1. 手のひらを広げ、指先全部を頭皮に当てる
  2. 指先でクルクルと頭皮をマッサージしながら、頭皮を上に持ち上げるように下から上へ向かってマッサージする

この時のポイントは、下から上へマッサージをするということです。

たるみを上に持ち上げる気持ちで、頭皮も下から上へ引っ張り上げるようなイメージでマッサージをします。

頬の目立つ毛穴は毎日のケアで解消できる

頬の毛穴が目立ってきた時は、とにかくケアをすることが大事です。また、自分の毛穴の症状に合ったケアをしなければ、改善しません。

毛穴の開きでも、乾燥からくる毛穴の開きなのか、それとも加齢からくるたるみ毛穴なのかではケア方法も違ってきます。

まずは、自分の頬の毛穴がどういうことで目立っているかを見極めるようにしましょう。

それから、自分に合ったケアを見つけて、毎日毛穴のケアを行うようにすれば、気になる頬の毛穴も目立たなくなってきます。

この記事をシェアする

関連記事

コメント