• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お腹をへこますだけで痩せる?理想をキープ!形状記憶ダイエット

Date:2014.10.21

shutterstock_119371003
若くてもだらだら過ごしているとぶよぶよしてくるお腹。

年を取ると特にだらだら過ごしていなくてもお肉がついてくるお腹周り。

スッキリお腹になるために、世の中にはありとあらゆるダイエット方法が存在しますが、どれもこれも面倒で、成果が出るまで長続きしないのが現状です。

何が面倒って、まずトレーニングなどの方法や手順を覚えるのが面倒!ということはありませんか?

そんな面倒臭がり屋さんにお勧めなのが、理想の形をキープするだけの形状記憶ダイエットです。

難しい方法など存在しませんので誰にでも簡単に始められます!

お腹を引っ込めるだけ「ドローイン」

「ドローインダイエット」という言葉を聞いたことがある人は、多いのではないでしょうか。

「ドローイン」とはお腹をギュッと引っ込めること。

お腹を引っ込めた状態をキープすることで、お腹周りのインナーマッスルを鍛え、結果、その引っ込めた状態が普通の状態になるという、簡単にスッキリお腹を手に入れることができるダイエットです。

注意点としては、

  • 背すじを伸ばすこと
  • 腰や背中に負担がかからないように、お尻にもキュッと力を入れること

息は止めないようにして、お腹をギューッと引っ込め続けてください。それだけです。簡単でしょう?

お腹だけでなく、理想の姿勢を形状記憶

慣れるまでは鏡の前で、実際にお腹を見ながらすることをお勧めしますが、この時、お腹だけでなく、背中やお尻もまとめて理想のラインを作ってみると良いでしょう。

背中も美しく伸ばせば背中周りについている贅肉のラインもマシになりますし、お尻もキュッと持ち上げるように力を入れれば垂れたお尻もそれなりに上がってきます。

理想のラインをキープするといっても、かなりムダなお肉がついている場合、一生懸命にへこませても「自分の理想とは程遠い!」という人もいるでしょう。

そういう人は、今の自分ができる最高のボディラインを作ってみてください。

今できる精一杯を記憶して、それが普通の状態になったとき、今想像できない限界以上のラインを目指せるようになります。

そうして段階を踏んで、最終的に自分の理想を叶えるのです。

面倒臭がりもタイプいろいろ。やり方もいろいろでOK

お腹のついでに全身理想のラインをキープするようにお勧めしましたが、それは、私自身が面倒臭がり屋だから。

お腹をへこますドローインをしていると、自然と背中や全身の筋肉にも力が入ってしまうため、どうせ全身を鍛えることになるのであれば、この際、背中もお尻もいっぺんに理想の形を意識してしまえ!という面倒臭がり理論からきています。

背中やお尻を意識すれば、お腹にも自然と力が入りやすいというやりやすさもあります。

が、面倒臭がりにもタイプはいろいろ。

あれもこれも一度に考えるのは面倒!というタイプの人は、まずはお腹だけ!でもちろん構いません。

お腹をドローインしているだけで、背中の贅肉が取れてくることもあります。

おまけで背中もある程度痩せた!で十分な人はお腹に集中してください!

無理のないペースで

とにかく、続くことが大切!無理のないペース配分で、自分が続けやすいやり方で行うことが大切です。

一日中、常に意識して引っ込める

これが基本形なのですが、一日中という長い枠で行うと、集中力が続かないため「あ、忘れてた!」が多発する危険性が。

一日中というくくりでも、通勤電車の中、人前に立つとき、など、最初は自分で「何かをするタイミング」を見つけて、徐々にそのタイミングを増やしていくのが良いかと思います。

決まった時間、一日何回かに分けて集中して引っ込める

常に意識するのは面倒という人は、一日の中で決まった時間を決めて、ぐっと集中して行うことから始めることをお勧めします。

鏡や窓ガラスなどに自分の姿が映るとき、お気に入りのドラマを見ている時間、など、自分の集中力が続きそうな場面を選んでチャレンジしてみてください。

筋力がついてきて、それほどきつくなくなり、クセづいてきたなら、常に意識するやり方に移行していけば良いでしょう。

効果を早く出したい人は

少しくらい大変でもいいから、とにかく効果を早く実感したい!という人は、お腹をぐっと引っ込め、理想の姿勢をキープしたまま、ウォーキングしたり、ジョギングしたり。有酸素運動や他の筋トレと組み合わせて行うとより効果的です。

自分の性格にあったペースや運動量で、筋肉が形状記憶できるまで、しっかり続けてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事