• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

時間のない人におススメの「肩甲骨ダイエット」って何?

Date:2013.09.08

テレビなどでも取り上げられているダイエット法の中に「肩甲骨ダイエット」があります。このダイエット法だと時間がない、運動が苦手という人でも痩せることができると話題になっています。

実際、芸能人が1か月実験で肩甲骨ダイエットだけをしてどのくらい痩せるかというのを実証していましたが、思っていた以上に痩せることができていました。

この「肩甲骨ダイエット」、どういうものなのでしょうか。そしてより効率的にダイエットするにはどういう方法があるのでしょうか。

肩甲骨ダイエットって何?

肩甲骨ダイエットは、肩甲骨を動かすことで肩甲骨の部分にある褐色脂肪細胞を活性化させて全身の脂肪燃焼率をアップさせるというものです。とにかく肩甲骨を動かす運動をするだけなので時間がない人や運動があまり得意じゃないという人にもおススメです。

肩甲骨ダイエットはダイエット以外にもいくつかの効果があり、全身の代謝が上がることで冷えの解消や肩を動かすことで肩こりの緩和などにも効果があるそうです。

本当に簡単にできる?どのくらいの頻度でやればいいの?

「運動が苦手な人におススメ」と言われても、1日にどのくらいの運動時間が必要なのかというのが気になります。

目安は1日5分。それ以上運動するのはもちろんOKです。それも1つのストレッチを5分するのではなく、いくつかのストレッチを合わせて5分するだけでいいそうです。主にやって欲しいと言われているストレッチが4つあるので、1つを1分程度するだけでOK。

簡単にできるストレッチが多いので、テレビを見ながらしているとあっという間に5分は過ぎていきます。最初はしっかりとストレッチを覚えるために「ながら運動」は難しいかもしれませんが、覚えてしまえばちょっとした空き時間などにもできるのでしっかりとストレッチを覚えましょう。

肩甲骨ダイエットのストレッチってどういうもの?

たくさんストレッチはあるようですが、最低この4つは覚えておくといいようです。

その1.肩甲骨を回す

腕を上げ下げするだけで肩甲骨を上下に回すエクササイズができます。その動きをゆっくりと行うことで肩甲骨付近を大きく動かすことができます。

その2.肩甲骨を寄せる

腕を一定の高さに保ち、前後に動かすだけで肩甲骨の間が動きます。前後に動かす時に負荷を感じながら動かすだけでも動きが変わります。この動きは姿勢も良くなるので姿勢が悪い人にはおススメです。

その3.肩甲骨を反らす

手のひらを合わせてそれを後ろに移動させるだけで肩甲骨がぐっと内側に入ります。腕を頭の後ろ側に移動させる時に腹筋を使うので肩甲骨だけではなく腹筋を鍛えることもできます。

その4.肩甲骨をひねる

腕を斜め上下に動かすことで肩甲骨付近の筋肉をひねることができます。斜めに動かすだけではなく腕をピンと張った状態で動かさないと意味がないので、きちんと腕を伸ばして動かすようにしましょう。

どの動きも姿勢を良くして運動をすることが大切です。常に姿勢を良くするだけでも代謝が上がるとも言われています。姿勢よく、そして褐色脂肪細胞を活発に動かして痩せやすい体質にしましょう。「忙しい」はもう禁句です。

この記事をシェアする

関連記事