• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

化粧直しができない日に!口紅を長持ちさせる方法

Date:2013.07.12

口紅って、特に濃い色だと、はげかかってきた時に本当に目も当てられないような唇になってしまいますよね。だから濃い口紅は苦手…なんて方もいらっしゃるかと思います。更に外出先で化粧直しができない状態だと、余計に口紅をつけるのを躊躇してしまったりもします。

でも、どんなときでも綺麗でいたい、それが女心ですよね。そこで、少しでも口紅を持たせる方法をご紹介いたします。ちょっとひと手間掛けて、一日中魅力的な唇を実現しちゃいましょう!

1. 角質とりをする

唇に優しいピーリング剤を使ってみましょう。または、唇をぬるま湯で湿らせ、軽く歯ブラシ、またはボディタオルで唇をこすって表面を滑らかにしてみましょう。

古い角質や乾いた肌を落とすことが目的です。これは毎日やる必要はありませんが、週に1、2度、定期的に行うことをお勧めします。

2. リップライナーを使う

リップライナーで丁寧に唇の輪郭をなぞりましょう。このライナーは口紅より若干暗目の色を使うのがお勧めです。その後、そのリップライナーで唇全体を塗ります。このように口紅の層を作ることで、口紅がぼけてしまったときのバックアップとなるのです。

なお、塗る色は口紅が濃い色のものであれば、薄めの色のライナーを使うのがお勧めです。ここでのポイントは口紅のラインをくっきりとさせることではなく、唇を満遍なく、均一にライナーで埋めてあげることが目的です。

3. 口紅の層を作る

ライナーで作った薄いベースの上に口紅をのせます。口紅をまず塗ったら、ローション入りなどのほこりがつかないティッシュを上唇と下唇の間に挟み、軽く唇を合わせます。そして軽く手でティッシュを押さえてください。

ティッシュを取り除いたら、軽くふき取った口紅の上に更に口紅をのせます。なお、ここでは唇の輪郭側よりも、中心に気持ち重みを乗せる感じでぬってください。

4. ルースパウダーをあてがう

2度塗りをした後、もう一度ティッシュを唇に当てます。そして、その上から大きな化粧ブラシでルースパウダーをはたいてあげましょう。ティッシュがフィルターになり、ちょうど良い量のルースパウダーを唇に乗せてくれ、口紅の色を変えないように保護してくれます。

5. グロスをつける

ハイライトをつけ、更にぷっくりとした唇に見せるためにグロスをつけましょう。ここではべったりとグロスをつけるのではなく、きらきらとしたグロスを少量、薄くした唇の中心に乗せてあげるのがお勧めです。このひと手間で唇に綺麗に光が集まり、綺麗に見せてくれます。

6. 最終チェック

人差し指を唇の間に差し入れ、唇をすぼめてみましょう。人差し指を抜き出してみて、指に口紅の色がついてきましたか?もしついてきたら、歯にもついてしまう可能性があります。もう一度同じようにやり、鏡で唇と歯を確認してみましょう。大丈夫だったら、完成です。

この記事をシェアする

関連記事