• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

本当に痩せる?気になる血液型ダイエットの実践法とその効果とは

Date:2015.09.03

shutterstock_115271632 - コピー

昔から人気のある占いの一つに「血液型占い」がありますよね。血液型によってそれぞれ性格が違い、相性も変わってくる…あまり根拠がなさそうなものなのに、意外と当たっていたりするもので「あの人はA型だから…」なんて言葉も日常的に聞きます。

そんな血液型占いは、海外では一般的に存在しておらず、自分の血液型を知らないという人も多いと言われます。「血液型何?」なんて聞くと「え、献血してほしいの?」みたいな反応が返ってくることもしばしばです。

でも、実は面白いことに、血液型占いなんてものがないアメリカのある自然療法博士が「血液型ダイエット」というものを提唱しているのです。

この血液型ダイエットとは一体どういったもので、本当に効果があるものなのでしょうか?

血液型ダイエットって一体どういうもの?

ご存知、血液型は大きく、A、B、O、ABの4つのタイプに分かれています。これは何かしらの理由で輸血をする際に非常に大切なものなので、医療現場では無視できないものです。

しかしながら、この血液型の違いは食事にも表れるのではないかと注目したのが、アメリカの自然療法医であるピーター・ダダモ博士です。彼は1996年に血液型によって向いている食事の種類が変わってくるという考えを発表しました。

これが血液型ダイエットと呼ばれるものなのです。

コルチゾールとレクチンが血液型ダイエットのカギ

ストレスは万病の元と昔から言われており、それは医療の場でも謳われております。このストレスは病気を引き起こすだけでなく、太る原因となることが分かっています。

この太る原因になるのがストレスホルモンであるコルチゾールです。私たちがストレスを受けるとコルチゾールというホルモンが分泌され、これが食欲を増進してしまったり、脂肪の蓄積を促してしまうのです。

ダダモ博士によると、同じ食べ物をたとえ食べていたとしても、血液型により、身体にストレスがかかってしまうものがあると提唱しています。それでコルチゾールが出て、太ってしまうということなのです。

また、食物にはレクチンというタンパク質が含まれています。これが身体に合わないと、血液と反応し凝集してしまい、これが肝硬変などのあらゆる病気に結び付く可能性が出てくるのです。

このレクチンの種類は多く、血液によって害の有無が違ってきます。そのため、血液型により食品の「合う、合わない」が出てくるのです。

そのため、ダダモ博士は

  • コルチゾール
  • レクチン

の二つを肥満や病気の原因として重要視し、血液型ダイエットを謳っているのです。

血液型ダイエットの具体的なタイプ分けとは

ダダモ博士は血液型は私たちの祖先から受け継いだ遺伝子が関係していて、それはその祖先たちが何を中心に食べていたかが関係してくると主張しています。

つまり、祖先がどのようなものを食べていたかで、食べ物が体質に合うかどうかが決まってくるということなのです。

それは血液型によって、それぞれのルーツが違ってきます。古い順から以下の通りになります。

  • O型:狩猟民族
  • A型:農耕民族
  • B型:遊牧民族
  • AB型:エニグマ(謎の人といった意味)

このように分けられます。何となく想像がつくような、つかないような、という感じですよね。これはまた後ほど詳しくご紹介していきますね。

各血液型にとって、「向いている食品」「向いていない」食品とは?

次の項より血液型別で食品を見ていきますが、その食品に「向いている」「向いていない」といった表現でご案内していきます。その基本的な考え方としては以下の通りです。

向いている食品
お勧めで、是非食べていきたいもの。体質にあっており、食べることで身体が健康になり、痩せやすくもなる。所謂、身体にとって「薬」といった存在。
向いていない食品
避けたい食べ物。体質に合っておらず、その食べ物に関する消化酵素が少ないなど、消化器系に負担がかかってしまったり、レクチンの影響で身体に害が及ぶ可能性があるもの。所謂、身体にとって「毒」といった存在。
食べても良い食品
生活する上で、普通に食べてもよい食品。特に薬になるほどよく、毒になるほど悪いというわけでもない。所謂、「一般的な食品」といった存在。ただ、消化などの関係で、食べてもOKだが得意とはしていないというものも一部あり。

是非こちらを念頭に置いた上で、読み進めてみてくださいね。では、血液型の誕生が古い順番通り、O型からひとつずつご紹介してきます!

お肉食べ放題?狩猟民族タイプのO型のダイエットとは

4つある血液型の中で、O型は最古の血液型と言われています。これは紀元前4万年ごろに現れた私たちの祖先にあたるクロマニョン人の血液型で、全ての人がO型であったとのことです。

彼らは狩猟生活を行っており、それがO型の人にも引き継がれているため、動物性のタンパク質に対する消化が優れているとされます。

ではどのような食事がO型の人には向いているのでしょうか?

パレオダイエット向き!O型にお勧めの食べ物

O型は狩猟民族をルーツとしているため、何よりもお肉が重要視されます。「お肉ってダイエットに悪そうだからあまり食べないのだけど…」というO型の方は、是非これを機にお肉をどうぞ。

具体的にはO型には以下のような食事が合っています。

  • 肉類(牛肉、マトン、レバーが最適。鶏肉もOK)
  • 魚介類
  • 野菜(ブロッコリー、ケール、ほうれん草など)
  • 果物(ブルーベリー、サクランボ、バナナがお勧め)

基本は動物性のタンパク質、つまりはお肉をしっかりと食べることをお勧めします。それに加えて野菜や果物も摂りましょう。

イメージ的にはパレオダイエット(原始人ダイエット)のような、穀物は摂らずに(低炭水化物で)タンパク質をたっぷりといったスタイルになります。

穀物が苦手?O型には向かない食事とは

O型は歴史が古く、まだ農耕や牧畜がおこなわれていなかった時代をルーツにしています。そのため、主に以下のようなものが向いていません。

  • 麦製品(小麦、大麦など)
  • トウモロコシ
  • 赤・白インゲン豆
  • じゃがいも
  • ピーナッツ
  • キャベツ
  • カリフラワー
  • 乳製品全般(バターはOK)
  • 酸が多い果物(オレンジなど)

なお、麦製品には身体に耐性が無いのでダメですが、同じ穀物でも、白米や玄米などの米類は食べても構いません。麦に関しては、ライ麦は食べても構いません。これらの食品は毒にも薬にもならない、「普通の食品」といった立ち位置です。

ただ、狩猟民族というバックグラウンド的に、O型は穀物一般の消化自体を得意とはしていません。そのため、米類は控えめにしないと太りやすいので、その点は注意しましょう。

O型ダイエットの効果を上げるためのヒント

O型に向いたダイエットというのは、とにかく

  • 肉をたっぷり
  • 穀物と乳製品は控えめに

ということがポイントです。肉を消化する酵素が強いといった点で、比較的消化器系は丈夫ですが、新しい食べ物に適応しにくいといった特徴もあります。なお、他の血液型と比べ、炭水化物抜きダイエットが一番成功しやすいタイプです。

また、ストレスを上手く扱うためには、激しめの運動をしっかりとすることが大切です。息が切れるぐらいの運動をすることで、気分がかなりすっきりすることでしょう。

更に、代謝を高めることがO型が痩せやすくなるポイントとなります。そのため、身体を動かすことを日常的に行い、基礎代謝を上げると良いでしょう。

肉などの動物性たんぱく質をたっぷりと摂っても良いタイプだからこそ、運動をすることで筋肉もつきやすく、代謝が上がり、痩せやすくなるのです。

日本人に一番多い!農耕民族タイプのA型のダイエットとは

4つある血液型の中で、日本人はA型が多いと言われています。ダダモ博士によると、A型は農耕民族をルーツにしているとのことです。

これは紀元前約2万5千年ほど前に人間は農業を始めるようになり、その時に生まれたのがA型であると言われています。

では、具体的にどのような食べ物がA型の人には向いているのでしょうか?

A型はベジタリアンに似ている!野菜中心の食生活を

A型は野菜などの植物性のものを食べていた農耕民族をルーツとしているため、野菜をたっぷりと摂る必要があります。主に以下のような食物がお勧めです。

  • 野菜類一般
  • 穀物類
  • 全粒粉製品
  • 果物(リンゴ、ベリー類、パイナップルがお勧め)
  • 豆類(大豆や大豆製品など)
  • ナッツ類、種類(特にピーナッツ、かぼちゃの種など)

また、よくお勧めされるのが、栄養満点のアボカドです。カロリーは高いのですが、栄養価が非常に高く、是非食生活に取り入れたいものです。

まとめると、「野菜とお米を中心に」ということになります。いわゆるベジタリアンと同じような食生活をすることで、身体の調子が良くなり、痩せやすくなるでしょう。

焼肉大好きな人は注意!A型には不向きな食べ物とは

私たちの食生活は欧米化してきているため、肉をたっぷりステーキや焼き肉で、といった食事をされる方も少なくないでしょう。

勿論これはたまには良いのですが、A型の人にとっては、他の血液型に比べても肉に対する消化酵素が弱いため、がっつりと肉食をするのには向いていないとされています。

主に控えたい食物は以下の通りです。

  • 肉類全般(特に牛肉、豚肉などの赤肉)
  • 乳製品
  • インゲン豆

中でも赤肉は毒で、A型には向いていないため、完全に食生活から抜いたほうが良いとされています。

健康のことを考えるのであれば、A型は出来る限り赤肉は避けた方が無難なようです。

また、野菜はタンパク質が少ないため、大豆などの豆類やアーモンドやピーナッツのようなナッツ類など、植物性のタンパク質を取り入れることがお勧めです。

A型ダイエットの効果を上げるためのヒント

A型は農耕民族タイプのため、定住をし、自分で作物を収穫して食べるといった食生活が基本です。そのため、

  • 野菜を中心に食べる
  • お米などの穀物もしっかり、でも過剰摂取はNG
  • 果物は1日3食
  • 赤肉はダメ、鶏肉は週3回まで
  • 肉の代わりに魚介類や豆類、ナッツ類でタンパク質を摂る

ということがポイントとなります。また、ストレスを解消のためには、激しい運動よりも、精神の安定を同時にはかり、リラックスが出来るヨガなどがお勧めです。

痩せるためにはとにかく野菜の量を増やすことが、スリムな身体を入れるための近道になります。

自由なイメージ?遊牧民族がルーツのB型のダイエット

紀元前1万年から1万5千年ころから、農耕生活が安定したことから、人口が増え始めます。そのため、一部の人々は移動を始めるようになります。その時に生まれたのがB型の遊牧民族です。

遊牧民族は家畜を引き連れ常に移動していくので、そのスタイルに合った食生活となります。では、具体的にどのような食事となるのでしょうか?

結構幅広く食べられる!B型にあった食事とは

B型は家畜を引き連れて移動するといったスタイルからも、幅広いものを食べる食生活をしていました。

そのため、乳製品にも耐性がある消化器、消化酵素を有しているとされています。そのため、以下のようなものがお勧めです。

  • 牛肉
  • 七面鳥
  • 魚介類(甲殻類を除く)
  • 野菜
  • 果物
  • 穀物
  • 乳製品

イメージとして、連れて歩ける家畜とともに定住せずに移動した先々で食べられるものが向いているといった感じです。食べられるものが多いため、B型でダイエットをする人は少しお得感があるかもしれません。

少し注意が必要!B型に向いていない食物とは

お肉もOKだし野菜もOK。お米も食べられる。そんなB型ですが、避けた方がいいものもあります。それは以下のようなものです。

  • ライ麦
  • 小麦
  • トウモロコシ
  • そば粉
  • ピーナッツ
  • トマト
  • 鶏肉
  • 豚肉

恐らく一番不自由を感じるのがパンなどの小麦粉製品でしょう。これは漂白されているものも全粒粉もNGなので、なるべく控えるよう、注意が必要です。

B型ダイエットの効果を上げるためのヒント

遊牧民族をルーツとするB型は

  • 多くの食材を楽しめるため、野菜、肉、乳製品とどれもバランス良く
  • 鶏肉やトウモロコシはアレルギーが出る可能性もあるため避ける
  • 麦製品、そばは避ける

といったことがポイントになります。免疫系も強く、一部を気を付ければほとんどの食材が大丈夫なため、ダイエットをしやすいでしょう。

B型は血液型占いなどでも言われますが、柔軟さがあるため、それを生かして対応すれば、ストレスをあまり感じずにいることが出来ます。

激しすぎない適度な運動を行うことで、身体が痩せやすくなるでしょう。

少し変わり者?少しミステリアスなAB型のダイエット

AB型は人口からみても、割合的に一番少ない血液型です。そのためか、血液型占いではちょっと変わり者なんてレッテルが張られてしまうこともありますよね。

そんなAB型は「エニグマ(謎の人)」とされています。これは、定住して農耕をしてきたA型と遊牧してきたB型がまた再び一緒になり、混合されたタイプで、歴史としては千年程度と言われています。

新しいタイプで、A型とB型の要素を受け継いでいるようで、受け継いでいない部分もあり、進化の過程には謎が多いタイプなのです。

ではこのAB型は具体的にどのようなダイエットが向いているのでしょうか?

基本はA・B 型と同じ、でも少し複雑なAB型ダイエット

AB型はA型とB型が混合したもののため、A型、B型に向けばAB型にも向く、その逆も然り、というのが基本です。

でもそもそもA型とB型のタイプ自体が違うため、少し複雑な部分もあり、例外もあるので、注意が必要です。例としては以下のようなものがお勧めです。

  • 七面鳥
  • 魚介類
  • 乳製品(モッツアレラチーズ、リコッタチーズなど。カビ系は除く)
  • 野菜
  • 果物(パイナップル、ぶどうなど)
  • ライ麦

アルコールも弱め?AB型に向かない食物とは

AB型はA型のように肉を消化する酵素はあまり優れていなく、B型のようにトウモロコシのような穀物は不向きとされています。

代表としては、以下のようなものは避けた方が無難でしょう。

  • 赤肉(牛肉、豚肉など)
  • 鶏肉
  • トウモロコシ
  • そば
  • オレンジ

ちなみに、アルコールやカフェインもあまり得意ではなく、適度ならともかく、過剰摂取すると体質的に問題があります。

AB型ダイエットの効果を上げるためのヒント

AB型ダイエットの特徴をまとめると、

  • A型と同じように大豆など植物性たんぱく質が有効
  • B型と同様に乳製品との相性も良い
  • 鶏肉、トウモロコシ、そばはNG

といったことが挙げられます。A型とB型が合わさっているため、両方の要素を持っているので、一部例外はあるものの、基本は両方を参考に出来、ダイエットはしやすいことでしょう。

ただ、消化酵素は少な目のため、しっかりと少量を良く噛んで食べることがダイエットには大切です。

ストレス解消方法はA型同様、ヨガのような精神統一を重んじるものを行うと、効果が出やすいようです。

血液型ダイエットは本当に効果あり?科学的根拠は?

血液型占いのように、血液型によって食べるものの向き不向きがあるのは、とても興味深いことですよね。

でもそこで何より気になるのは効果のほどです。そして、科学的根拠たるものはあるのでしょうか?これに関してはいくつかの研究がおこなわれています。

まず一つは、1455人の若者を対象に、野菜と果物を沢山食べるという食事法であるA型のダイエット法を試してもらう研究が行われました。

この食事法を行うことで、被験者たちの健康は良くなったということが確認されましたが、これはA型の人だけでなく、A型以外の全ての人に置いて良い結果が出たのです。

2013年に行われた大規模な研究の見直し調査では、血液型ダイエットと健康に関する研究を行っているものは一つもなかったということが分かっています。

また、4つほど血液型ダイエットと健康に関連の研究があったようですが、多少関連がある程度で、更にその方法が不十分であるため、納得がいくものではなかったのです。

更に、最初の項目でご紹介したレクチンに関しても、ダダモ博士が謳っている通りに完全に血液型で分けられるものは少ないと言われています。

ただ面白いことに、血液型によって病気にかかるリスクの確率が変わってくるということは調査でわかっています。例えば、O型の人は心臓病にかかるリスクは低いのですが、胃潰瘍になるリスクは高いということが分かっています。

血液型が何かしら私たちの体質に影響するということは言えるようですが、食事に関しては裏づけられる研究結果というものが出ていないのが現状です。そのため、このダイエットが科学的に効果があるか、ないかはわかっていません。

科学的根拠はないもののやってみる価値はあるかも!

shutterstock_282846113
このように血液型ダイエットは科学的に証明されているものではありませんが、効果がないとの証明もされていません。

しかしながら、人の体質は人それぞれですので、4つに単純に分けられるものでもなく、他の色々な健康状態や体調、生活環境なども関わってくるものではないでしょうか。

そう考えると、完全に自分の血液型通りにダイエットをこだわり過ぎてしまうのも、問題がでてくるかもしれません。

ただ、このダダモ博士が推奨しているダイエット法は、どの血液型もベーコンやハムのような加工品はダメである、といったようにかなり健康志向になっています。そのため、これを行うことで、ある程度効果が見られるはずです。

そして、パレオダイエットやベジタリアンなど、世の中に似たようなダイエットもあるため、それが自分の体質にあっていれば、十分に効果が認められるはずです。

「こういう傾向があるよ」ということを念頭に置いて参考にし、自分の身体の調子を見ながら行ってみると良いと思いますよ。

是非参考にしてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント