• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

気遣いよりも気配りのできる女性に!本当の意味の気配りとは

Date:2016.01.07

shutterstock_271124450

外見の良さや愛嬌の良さで自分に注目を集めようとする人がいますが、自然と注目されたり一目置かれたりする素敵な女性というのは、外見や愛想などではなく「気配り上手」であることが多いです。

また仕事や人が集まる場所では気遣いや気配りが求められ、年齢を重ねるにつれ「出来て当たり前」「出来ないと恥ずかしい」と思われるようになります。

もし気配りが出来ていなくても、周囲の人はあえてそれを口にすることは少ないでしょう。しかし心の中では、「こんなことも出来ないのか」と思われてしまっているかもしれません。

気遣いは相手にも気を遣わせる?気遣いと気配りの違いとは

“気遣いは相手にも気を遣わせる”ということを聞いたことはありませんか?

気遣いと気配りは「配慮をする」という意味は同じですが、どのように配慮するのかが違います。

気遣いとは
その場の状況に応じて周囲や相手のことを考えて行動すること
気配りとは
先に起こり得ることを予測して最善だと思う行動をすること

今困っている人に手を貸すのが気遣いで、人が困らないように下準備をしっかりするのが気配りです。ですから気遣いは相手にも気づかせてしまいますが、起こり得る問題を未然に防ぐ気配りは相手の目には触れません。

つまり気遣いは“今”対して、気配りは“(近い)未来”に対する配慮です。この違いが、相手に気を遣わせてしまうかどうかの差に繋がるのです。

人間関係をよくする気遣い、その気遣いが気疲れになることも

“気遣い”と“気配り”はどちらも出来るに越したことはありませんし、どちらが良い悪いということではないのですが、下手な気遣いは自分自身だけでなく相手も気疲れさせてしまいます。

人が気を遣うのには理由があります。

  • 人と仲良くするため
  • 楽しい関係を作るため
  • いい子であろうとするため

気遣いは人間関係を良くするために行われるものなのですが、“自分を良く見せるため、嫌われないため”という自己保身のためにする人もいます。

自己保身ではなく人のための気遣いだとしても、気遣いは相手にもみえるので気を遣われていると感じた人は気遣いを返します。その気遣い合いに居心地の悪さを感じる人も多いでしょう。

また気を遣っている時は緊張やストレスを感じることも多いので、「人といると疲れる」と感じる人は、気を遣いすぎているのかもしれません。

人間関係を良くするための気遣いなのに、気を遣いすぎて人と関わるのが苦手になってしまうのは本末転倒というものです。

相手に気を遣わせない!上手な気配りを身に付けるには

その場で臨機応変な気遣いのできる女性も素敵ですが、先手を打つ気配りの出来る女性はもっと素敵ですよね。

素敵だからといって、普段気遣いも気配りもしていない人が「気配り上手になろう!」と思っても、実際に何をすればいいのかが分からないと思います。

気配り上手になる方法は3つあります。

  • 周りをよく観察する
  • 相手がしてほしいことをする
  • 積極的に行動する

気配りも的外れや過剰になると、お節介やストレスになってしまいます。そうならない為には、相手のことをよく観察し相手が必要としていることをきちんと見極める必要があります。

目の前のことで精一杯だと難しいかも!周りをよく観察する

気配り上手な人は普段何気なく過ごしていても、自然と周囲のことを見ていて人がしようとしていることや必要としていることが自然と分かってしまうと言います。

例えば飲み会でも、話に夢中で話すことだけに一生懸命な人は、相手のグラスが空いていても気が付きません。

しかし話をしながらも相手の反応や食事の進み加減に目が行く人は、グラスが空いていることに気付き「何か頼みますか?」と一声かけることが出来ます。

気配りが出来るようになるには、周囲をよく観察する必要があります。目の前のことだけではなく、一歩引いて全体を見渡すように見る訓練をして下さい。

現状をきちんと把握することが出来れば、誰が何を必要としていてこれから何が必要になるのかが分かるようになります。

自分勝手な思い込みはトラブルの元!相手がしてほしいことをする

よく「自分がされて嬉しいことを相手にもしてあげる」と言う人がいます。それは決して悪いことではないのですが、自分本位な考え方ではお節介や勘違いになりかねません。

気配りとは相手が必要としていること、してほしいと思うことを先手を打ってすることです。気配りだと思ってしたことでも相手が必要としていることでなかった場合は、余計なお世話になることもあります。

ですから自分本位な考えではなく、本当に相手が必要としていることを見極めなければいけません。

考えているだけでは意味がない!気配りは行動があってこそ!

相手が必要としていることが分かれば、相手に対して気を遣うことも気を配ることも出来ます。しかしそれが分かっていても、行動に移さない人や行動出来ない人がいます。

「良かれと思ってしたことが、逆に相手に迷惑をかけてしまった」なんて経験はありませんか?

そういった経験から、困っている人が目の前に居ても「自分がしなくても」とか「反って気を遣わせるのでは」などと考えてなかなか行動に移せず、後で後悔する人もいるでしょう。

ありがた迷惑にならないように気を付ける必要はありますが、周りがどう思うかではなく「自分がした方が良い」と思うことを行動に移してみることが大切です。

気配りでトラブルを引き起こすことも!気配りにも注意が必要!

せっかくの気配りも、下手をすれば人間関係をギクシャクさせたりストレスの原因になってしまいます。

気配りをする時の注意点は下記の3つです。

  • 押し付けになっていないか
  • ありがとうを求めない
  • 都合のいい人にならないために気配りを制限する
  • 自分にも気配りをする

自分が良いことだと思ってしたことだとしても、相手にとってもいいことだとは限りません。たとえ善意であっても、相手の求めていないことであればそれは善意の押し付けになってしまいます。

また自分がしたことに対して「ありがとう」という感謝の言葉を求めてしまう人もいます。感謝をされないと寂しい気持ちになるのはわかりますが、相手からの感謝を期待した善意は互いにストレスを感じてしまいます。

人が気付かないことに気付く人やかゆいところに手の届く人は、時に都合よく使われてしまうこともあります。察しのいい人や気の利く人を「使い勝手のいい人」と思って、仕事を押し付けてきたり無理な頼みごとをしてきたりする人がいるのです。

嫌なことを嫌と言える人や断ることが出来る人は良いのですが、気のいい人や気の弱い人は気配りが出来てしまうことでストレスを抱えてしまうことになります。そうならない為に、気配りにも制御が必要なのです。

気配り上手は自分自身にも気を配る!自分への気配りとは

shutterstock_313909142
周囲への気配りをしすぎて自分のことを二の次三の次にしてしまう人がいますが、気配りは自分に余裕がないとできないことです。

ですから、気配り上手になるには心に余裕を持つため、下記のような自分自身への気配りが必要です。

  • ストレスを溜めない
  • 人に頼る
  • 愚痴を言う
  • 人と比べない

心に余裕を持つためには、ストレスを溜めないことや適度に人に頼ることが必要です。愚痴だって言っていいんです。

しかし愚痴を言う時は、相手に気を遣わせない為にも重苦しく言うのではなく、最後には「また頑張ろう!」と明るく締めくくるといいでしょう。

また人と比べてしまう癖のある人は、ひがみや嫉妬を感じストレスを抱えやすいので、「自分は自分」と人と比べる癖を無くすようにしましょう。

これが出来れば気配り上手!いろいろな場面での気配り

先手を打つような気配りを身に付けるのには時間がかかるかもしれませんが、今すぐにでも出来る気配りは沢山あります。

では実際にどんな気配りができるのか、いろいろな場面での気配りをご紹介します。

たったこれだけで人間関係が上手くいく!人と接する時の気配り

どんな場面でも必要とされる、人と接する時の気配りがあります。

人間関係が上手くいく気配りは下記のようなことです。

  • 自分から挨拶をする
  • 笑顔で対応する
  • 聞き取りやすい声で話す
  • 連絡や返事をすぐにする

相手がしてほしいと思うことや、されて嬉しいことをするのが気配りです。挨拶や笑顔は誰がされても嬉しいものです。

また相手の都合を考えられる人は、仕事でもプライベートでもすぐに連絡を返します。もし予定が不確定であるなどで返事がすぐに出来ない時でも、その旨を連絡していつ予定が分かるかを伝えるはずです。

職場での人間関係や仕事が上手くいく!職場での気配り

人と接する時の気配りももちろんですが、職場でもすぐに実践できる気配りがあります。

  • 電話を早く取る
  • 納期を守り、より早く提出する
  • 報連相をマメにする

与えられた仕事を丁寧に早く行うことはもちろんですが、その際の報連相もとても大事です。報告や連絡をしても、「わかった」としか返事が返って来ないからといって報告を怠ってはいけません。

“今どうなっているのかが分からない”というのは、周囲にとって不安なものです。報連相をマメにすることで、状況が把握でき安心して仕事を任せることが出来ます。

また、先輩や上司への気配りは下記のようなことです。

  • 元気に挨拶をする
  • 素直に指摘されたことを受け入れる
  • 怒られてもうじうじしない
  • 雑用を率先してする

最近では、ミスを指摘さると反抗する人や落ち込みすぎてしまい仕事を辞めてしまう人もいるので、上司であっても部下を叱ることが出来ないと言います。

ミスを指摘するのは上司であっても言い辛いものです。叱られても落ち込みすぎない、気持ちを切り替えるなども周囲に対する気配りなのです。

指摘し辛い人にならないなど、相手に気を遣わせないことが気配りにもなるのです。

気配り上手は断り上手!人間関係を壊さない気配り上手な断り方

相手の気持ちを考えるばかりに、嫌なことを嫌と言えない人もいます。しかし気配り上手は断るのも上手です。

  • 嫌そうな顔をしないで穏やかな表情で
  • 感謝しながら
  • きっぱりと断る
穏やかな表情で「ありがとう」と言いつつ、きっぱりと断るのが気配り上手の断り方です。嫌な顔をしたり言いにくそうにしたりすると気まずくなりますし、「今回だけ、一回だけ」はずるずるした関係を招きます。

それでも断り辛い人や迷ってしまう人は、自分の中で“出来る出来ない”の境界線をしっかり持つことが大切です。

  • 頼みごとをされても、他の予定をずらしてまでは受けない
  • 仕事の頼み事は受けるけどプライベートな頼み事は受けない

このように境界線を決めることで、「こういう主義だから」と断りやすくなります。また人といい距離を保つことができるので相手とべったりな関係になるのを防ぎ、相手に振り回されなくなります。

ストレスは人間関係がよくなることで解消できるかも!まずは気配りから

shutterstock_247059397
ストレスの原因のほとんどが人間関係から産まれます。その人間関係が上手くいけば、ストレスも減ります。

気配りは空気を読んだり察したりというスキルが必要だと思われがちですが、そんなスキルがなくてもできる気配りは沢山あります。

いきなりあれやこれや普段しないことをいきなりしようとすると、不自然さやぎこちなさが出て上手くいかないこともあるかと思います。

ですからまずは自分から人に挨拶をするなど、出来ることから始めてみてはどうでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事