• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

海外旅行のフライトで機内持ち込み必須の美容便利アイテム!

Date:2014.04.19

海外旅行のネックは長いフライトと思われる方も少なくありません。アメリカにしろヨーロッパにしろ10時間を超えるフライトは、体力を消費します。また機内の空気の乾燥はかなりのもの。

10代20代の若いころはさほど感じなくても、悲しいかな30代にのると肌の乾燥が気になるものです。乾燥対策にマスクを持参される方もおられますが、むれてしまったり寝苦しかったりするものです。

しかし、乾燥しないように対策をしていると…現地に着いたときはもちろん機内でもしっとりとした肌に保て疲れも違います。かと言って機内持ち込みが厳しく制限されている場合が多く、何でもかんでも持って行きたいコスメを持って行けるわけでもないのが実情です。

スチーマーかスプレーをもちこんで!

機内の乾燥の影響を一番不快に感じやすいのは、コンタクトをしておられる方かもしれません。瞳も保湿が必要なため目薬は欠かせないはずです。保湿できるように、電池でできるスチーマーを持って行くとかなりの効果があります。

スチーマーに入れるのも化粧水ではなく美容液ならもっと良いのですが、小さな小瓶にたくさん小分けにして機内に持ち込むのは意外と面倒ですし、監査員によってはたくさんすぎると没収されてしまう事もあります。

そこで化粧水にあらかじめ美容液を混ぜておくことができます。また電池で動くスチーマーをお持ちでない方は、からの入れ替え用スプレーを持って行き、機内でもらえるミネラルウォーターと持ち込んだ化粧水を溶かしてとにかくスプレーし続ける!

新型インフルエンザが流行ったころイギリスから日本に来る時、スチーマーを入れ忘れ次亜塩素酸水でスプレーを殺菌もかねて吹きかけていました。

ところがその次亜塩素酸水が空っぽになってしまい、持ち合わせの美容液をミネラルウォーターでわってスプレーしていたら、到着のころにはしとしとですべすべなお肌になっていました。

おしぼりを上手に利用して温パック!

機内でメイクを落としておくとかなり肌への負担を軽減できるので、スッチーならぬ客室乗務員の方もまめに落としてメイクをしなおしています。メイクを落として就寝…そしておしぼりが配られますが、おしぼりを1つ余分に頂いて下さい。

1枚だと薄く感じますが2枚になると温パックにぴったりな厚みになります。おしぼりを配られる前に洗顔を済ませておけたらベストです。小分けした普段お気に入りの乳液をつけて温かいタオルで温パックしていきます。

ここでポイントなのがクリームでは温パックしないこと!クリームは肌に水分を補給した後の蒸発を防ぐためのものですから乳液または美容液の方がおススメです。

ですので、機内持ち込みのおすすめアイテムはスチーマーまたはカラ詰め替えスプレー!そして美容液と乳液!乳液はクレンジング剤の代わりにも使える隠れ優れものですのでマストアイテムです。上手に保湿してお肌を守ってくださいね。

この記事をシェアする

関連記事