• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

知らないままでは恥ずかしい!?女をキレイに見せる傘のマナーとは

Date:2013.08.17

傘をさす女性の姿ってエレガントで素敵ですよね!絵画でも美人には傘がつきもので、日傘をさす貴婦人や、和傘をさす着物美人はとても絵になります。

でも現実はというと、周りを気にせず傘を開いてぶつかりそうになったり、水滴を人にかけても気づかないなど、エレガントとは程遠い人も多いもの。傘の扱い方でその人の「気づかい」や「マナーの良さ」がハッキリと分かってしまいます。

知っておくべき傘のマナーを身につけて、素敵な傘美人になりましょう!

傘のマナー3箇条

①傘の先端は「凶器」と心得る
②水滴の行方にまで、責任をもつ
③広げた傘が邪魔にならないか周りに気をつかう

傘は使い方によっては人に迷惑をかけてしまったり、危険な目にあわせてしまいます。特に気を付けたいのが「傘の先端」「水滴」「傘同士がぶつかる」ことです。

ではエレガントに見える傘の扱い方とはどのようなものでしょう?

傘を閉じる時のマナー

①さしたまま、少しすぼめます
②ゆっくりと斜め下に降ろし、完全に閉じます
③軽く2~3回下に振り、水滴を落とします
④バンドをとめます

気を付けたいのは「傘の先端を人に向けない事」「水滴は飛び散らせない事」。

やってしまいがちな傘NG

  • 閉じる時に傘先を気にせず、一気に閉じる事。人の目の位置に傘先があると危険です
  • バサバサ振ったり、回転させて水滴を落とす。人にかけてしましますし、子供っぽいです
  • バンドをしない。動くたびに人のカバンや服を濡らしているかもしれません

傘を広げる時のマナー

①周りに人がどこにいるのか確認する
②斜め下の状態で、半分開きます
③持ち上げてから、全部開きます

やってしまいがちな傘NG

  • 先端が人の顔に近くても気にしないで、一気に開く。危ないです!

傘を閉じて歩く時のマナー

  • 人通りがある場所なら、手で持つ。カバンと一緒に肘にかけない事
  • 傘先は常に下を向くように気をつける
  • 人とすれ違う時は、サッと逆に持ち変えるとさらに良いです

やってしまいがちな傘NG

  • 傘を持った手を振って歩く。先端が人にぶつかりそうに!
  • バックなどと一緒に肘にかける。バックで傘の先端が持ち上がってしまい危険です!

電車など人ごみでのマナー

  • 立つ時は傘先を下にして、膝の間に引き寄せます
  • 座る時も同じく、膝の間に立てます

空いている時は肘にかけたり、脇に立ててもOKですが、傘先が下を向くよう気をつけましょう。

やってしまいがちな傘NG

  • 電車や建物の中で、水滴を落としたり傘をたたむのはマナー違反です。

傘をさして歩く時のマナー

  • 狭い道を占領しないよう、横並びで歩く時は気をつけましょう
  • すれ違う時は傘を傾けるなど、ぶつからないように注意します

やってしまいがちな傘NG

  • 横並びは思っている以上に幅をとっています。よほど広い場所でないなら、横並びはしない方が良いでしょう

折りたたみ傘の扱い方

  • 使っていない時は、バンドでまめに閉じましょう
  • ビニール袋などを携帯して、カバンにしまうのもオススメです

またお店などの傘立てにしまう時には、バンドで閉じるのもがマナーです。

ウン万円もするブランド傘を持っていても、周囲の迷惑を考えずバサバサと振り回していてはエレガントとは程遠いですよね?立ち居振る舞いの美しい、ステキな傘美人を目指してみませんか。

この記事をシェアする

関連記事