• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

朝の支度が遅い!子どもをご機嫌で送り出す秘訣とは?

Date:2014.01.27

支度以前に起きない

朝起きられないというのは子どもだけでなく、大人でも悩まされている方は多いのでは?冬なんて特に気持ちのいい布団から出ることが出来ず、ついつい二度寝してしまいますよね。

遅れるからと何度も声をかけても起きない。でもママにとって朝は本当に忙しいもの。特に仕事をしている方は朝出る時間が決まっているので、子どもを起こすことに時間をかけていられない。

そんな気も知らずにぐぅぐぅ寝る、逆ギレされたりすると「もう知らない!」とブチッときてしまいませんか?

素早い支度は気持ちのいい目覚めから

起きるべき時間に起きてくれたら、ガミガミ言わずに済むし気持ちよく送り出す良いスタートが切れますよね。スッキリ起きるためには、まず早く寝かせること。これが一番大事です。小学生でも低学年のうちは21時にはぐっすり眠っておいてほしいものです。

毎日絶対!と決めてしまうと守れなかったときにストレスを感じてしまうでしょうから、まず早く寝かせられたらすごい!と思うところから始めてみましょう。

ただ長く寝ればいいというわけでもなく、質の良い睡眠も大事。我が家では晩御飯は18時ころからですが、そのあとはゆったり過ごしてお風呂にゆっくり入って本を読んで寝るという生活です。

晩御飯のあとはゲームはもちろんテレビもつけません。刺激が強すぎるんですよね。頭がすっかり覚醒してしまうので眠ってしまってからも睡眠の質が変わってしまうと思います。

夜もできるだけ「早く!」と言わないで楽しく過ごせるように心がけています。笑顔で布団に入ってそのまま眠ることが出来た時と、早く寝ろとせかされてブスッとして眠るのとでは眠りの質が変わる気がしませんか?

寝かせる方も寝る方も機嫌よく夜を迎えられたら、起こす方も起こされる方も機嫌よく朝を迎えられるはず!

朝起こす時は子どもによって有効な方法があると思います。まずは起こす少し前にカーテンを開けておきましょう。音楽をかけてもいいかも。

うちの息子の場合はちょっとくすぐってみたり、指でトコトコ息子の体の上を歩きながら「おしり山に到着~!」なんてやるとケラケラ笑って一発で起きます。もう1回!とせがまれるのでついつい時間がかかってしまうところが難点ですが。

娘の場合、今日学校でこれするんだっけ?というように今日これからのことを話しかけると割とパチッと起きます。全然反応がない時はガバッと体を起こして眠いけど頑張れと応援してみます。彼女はくすぐったりするとキレるのでそれは厳禁です。

試したことはありませんが、柑橘系の香りは目覚めがよくなるようです。嗅覚から攻めるというのは新しいですね。試してみる価値アリかもしれませんね。

早くと言わない朝

朝起きたらぼーっとしてしまうのはある程度仕方がないもの。でも忙しいママとしてはさっさと支度をしてほしいものです。早く早く!もうこんな時間!と言うだけでどんどんイライラしてきてしまいますね。

でもガミガミ言えば言うほど子どもには届かないものです。では言うのをやめてアラームを使ってみませんか?

この時間までに着替えておきたい、食事を終えておきたいという節目の時間にアラームをセットしておけば子どもが自分で「ヤバい!」と思えるようになるはずです。

アラームはガミガミ言いませんし、鳴らす時間はあらかじめ子どもと相談して決めておけば素直に従うでしょう。だんだんアラームが鳴る前に自分で時間を気にすることができるようになっていくと思います。

こうやって自分で動くことが出来たら素直に褒めてあげられますよね。朝から褒めるなんてなかなかできないですが、気持ちのいいものですよ。子どもも自信を持って一日をスタートさせられますね。

午前中はとても大事

園でも学校でも大事な活動は午前中に行われるはずです。昼食のあとは眠くなりますからね。その大事な活動をしっかりこなすために朝をスッキリスタートさせることはとても大切だと思います。

朝早く起きて充実した午前中を過ごすことで、夜は早く眠くなってよく眠り、また朝スッキリ目覚めるという良いサイクルを手に入れることができます。

早寝早起き朝ごはんってよく言われますが、本当に大切なんですね。これが当たり前になるように良い生活リズムを身につけさせてあげたいですね!

この記事をシェアする

関連記事