• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ゲルマニウムローラーの効果と使い方。フェイスラインが激変!

Date:2017.10.05

ゲルマニウムローラーと言えば「ながら美容」の定番アイテムですが具体的にどんな効果があるのかご存知でしょうか?

顔の上をコロコロするだけで肌にどう良いのか、手でのマッサージではなくゲルマニウムローラーを使うことでどんなメリットがあるのか…身近な美容アイテムだけど正直なところ「ハッキリとは分からない」という人もいるかもしれません。

ゲルマニウムローラーは商品によっては2~3万円もする高価なものもありますし、せっかく使うならその効果をきちんと理解しておきたいところ!

くつろぎながらでもケアが出来る、忙しい女性には頼もしいゲルマニウムローラー。今回はその効果と使い方についてご紹介します。


表情筋に効果てきめん!ゲルマニウムローラーの効果とは

ズバリ言ってしまうと、ゲルマニウムローラーを顔の上で転がすということは顔全体の筋肉に刺激を与えることになります。

ここでポイントになるのは表情筋です。

顔には30種類以上の筋肉がありますが、中でも表情筋は名前の通り喜怒哀楽などの細かい表情を作りだすための大切な筋肉です。

  • 目元
  • 口元

など顔全体に及んでいるにも関わらず、なんと普段の生活ではその30%も使われていないとも言われているんです。

表情筋がきちんと使われていないと、以下のようなことにつながります。

  1. 肌のハリを保つためのコラーゲンやエラスチンの質が変わることで肌の弾力がなくなる。
  2. 代謝機能の低下で顔の皮下脂肪が重力に引っ張られてたれ下がる。
  3. 筋力が低下し、皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなる。

ではゲルマニウムローラーを使って表情筋に刺激を与えることは一体どんな効果をもたらすのでしょうか。

1.頬や口元への効果

顔のたるみはどのパーツでも悩ましいものですが、特に頬から口元にかけてのたるみは、

  • ほうれい線
  • マリオネットライン
  • ブルドッグフェイス

など一気に見た目年齢を引き上げるシワに直結するので気を付けたいもの。

これらのシワを防ぐには日頃から頬~口元付近の表情筋を適度に動かしてあげることが大切です。

ゲルマニウムローラーを使えば顔の上をコロコロ転がすだけで表情筋への刺激を入れることが出来ます。

マッサージ効果
凝り固まった筋肉をほぐして柔らかくするマッサージ効果によって血行が良くなります。肌に弾力が出てシワの防止につながります。
トレーニング効果
ローラーの刺激=表情筋への刺激です。頑張って顔の筋トレをしなくても自然に筋肉を動かすことになり、効率的に頬や口元の筋肉を鍛えられます。

つまり、頬や口元にゲルマニウムローラーを使うことで顔の下半分の筋肉をほぐしたり鍛えたりということが出来るんです。

頬全体の引き締めることがリフトアップにつながるので未来のシワを防ぐためにも有効です。

2.フェイスラインへの効果

フェイスラインがぼんやりしていると、

  • 老けて見える
  • 太って見える
  • 顔が大きく見える

など残念な印象なりがちですが、実はこのフェイスラインは老廃物がたまりやすくむくみやたるみが生じやすい要注意のパーツ

また、顔を大きく見せる「エラ張り」もフェイスライン周辺の咬筋のコリによって引き起こされると言われています。

咬筋は咀嚼筋のひとつです。「咀嚼」という名前の通り、食事の時にも使われる筋肉ですが、その他にも眠っている間の歯ぎしりやストレスや癖による食いしばりなどによっても使われます。こうしたことで、咬筋が必要以上に発達したり凝り固まることがエラ張りの原因となってしまうことがあります。

ゲルマニウムローラーはそんなフェイスラインの

  • むくみ
  • たるみ
  • コリ

といったあらゆる悩みに一気に働きかけることが可能な便利アイテム!

ポイントになるのはデトックス作用とリフトアップ効果です。

デトックス作用
フェイスラインに沿ってゲルマニウムローラーを転がすだけでリンパの流れが活性化されます。血流がアップし、あごの部分にたまった水分や老廃物の排出がスムーズになりむくみの改善が期待出来ます。
リフトアップ効果
先述したようにゲルマニウムローラーで刺激を与えることは筋肉をほぐすこと、鍛えることにもなります。咬筋などのフェイスラインの凝り固まった筋肉をほぐしたり、たるんだ贅肉を動かしてあげることで、フェイスライン全体の引き締めやリフトアップにつながります。

もたつきやすいフェイスラインのケアにはリンパや筋肉に効率的にアプローチ出来るゲルマニウムローラーが効果てきめんということですね。

3.目元への効果

目元にある表情筋で代表的なのが眼輪筋です。

眼輪筋とは目を開けたり閉じたりする時に使われる筋肉です。目の周りをぐるりと取り囲んでいて、こめかみや頬にもつながっています。

この眼輪筋は加齢とともに衰えやすいパーツで、ここが衰えると

  • まぶたのたるみ
  • 目元のシワ
  • 目の下のクマ

などスキンケアやメイクでもごまかしにくい目元の老化を招いてしまいます。

こうした目元の老化予防としてもゲルマニウムローラーは効果的です。

目元のたるみを引き締める
頬や口元の筋肉と同じように、目元の筋肉も動かしてあげることでたるみを防ぐことが出来ます。ゲルマニウムローラーで眼輪筋などの目元の筋肉をマッサージすることで、まぶたや目の下のたるみを防いで引き締めることが出来ます。目元のたるみがなくなれば目元がスッキリ、パッチリするので目そのものを大きく見せる効果もありますよ。
目元のクマやくすみに効く
目の下のクマやどんよりとしたくすみも、ゲルマニウムローラーを転がして血行を良くしてあげることで目立ちにくくなるでしょう。明るい印象、若々しい印象につながります。

目の疲れからくる血行不良によって目の周りのたるみやクマは生じます。

  • ついスマホを長時間見てしまう人
  • パソコン作業など仕事柄目を酷使する人

などは仕事の合間や目の疲れを感じた時などにさっと目元ケアが出来るコンパクトなゲルマニウムローラーをひとつ持っておくと便利かもしれませんね。

4.肌への効果

ゲルマニウムローラーのマッサージによって顔全体の血流が良くなると、美肌作りに必要な酸素や栄養分が肌にきちんと行き届くようになります。

同時に、美肌の妨げとなる老廃物が排出されやすくなるんです。

つまり、【栄養補給】+【毒素排出】のダブル作用によって高い美肌効果が期待出来るということです。

肌の新陳代謝が高まることで肌のターンオーバーも整いますから、

  • 肌のくすみの解消する
  • ニキビや吹き出物などの肌トラブルが起きにくくなる

など健やかで透明感のある美肌作りがかないます。

また、ゲルマニウムローラーのゲルマニウムには32度以上の温度でマイナスイオンを発生するという特徴があります

体内でイオンバランスが崩れプラスイオンが増えてしまうと酸素不足になったり、新陳代謝の低下につながります。肌のターンオーバーが乱れ肌トラブルが起きやすくなってしまうんです。

ゲルマニウムローラーのマイナスイオンはこうしたイオンバランスの調整をサポートしてくれる働きがあると言われています。

5.頭皮への効果

一般的に頭皮のマッサージは指の腹でぐっと圧をかける方法がありますが、自分でやると手や腕が疲れるうえに力加減も難しいもの。

ゲルマニウムローラーなら顔に使うような感覚で頭皮マッサージが出来ますし、圧をかけるなどして手や指が疲れるということもありません

ゲルマニウムローラーで頭皮をマッサージすると頭皮全体の血行が良くなります。頭皮全体に栄養素がきちんと行き渡るようになるので細毛や抜け毛を防いで、健康で艶やかな髪を育てることが出来ます

また、毛穴汚れも落ちやすくなるので頭皮環境が整うのも美髪につながる嬉しいポイントです。

頭皮マッサージ自体がリラックス効果がとても高いので、夜のリラックスタイムにぴったりですね。

ただし、商品によっては形などが頭皮の使用には不向きなものもあります。正しく刺激を加えられなかったり髪の毛を巻き込んでしまう恐れもあります。説明書などを確認したうえで使用する、無理のない範囲で行う、など必要に応じて対処してください。

ゲルマニウムローラーの基本的な使い方と知っておきたい注意点

ながら美容の相棒とも言えるほどお手軽なゲルマニウムローラーですがやみくもに顔の上を転がしていても最大限の効果は得られません。

正しい使い方をしてこそ効果を発揮するものなので、基本的な使い方や注意点を覚えておきましょう。

ゲルマニウムローラーの基本的な使い方

ゲルマニウムローラーを使ってリフトアップをしたいなら、

  • 下から上へ向かって転がす
  • 顔の内側から外側へ転がす

の2点がポイントです。

【手順】

  1. 最初は口元からスタートし、徐々に頬~目元~眉間~髪の生え際の順でローラーを転がしていきます。
  2. 頬や目元に使う時は顔の内側から外側へ向かって(耳の方向へ)転がしてください。
  3. フェイスラインはあご部分から耳に向かって転がせばOKです。
ただし、リンパの流れを整えるために首筋に使う場合は上から下に向かって転がすので気を付けてください。耳の下から鎖骨に向かってローラーを転がします。

ゲルマニウムローラーを使う際の注意点

ゲルマニウムローラーの注意点は以下の6つです。

往復させない
上下左右にコロコロを行ったり来たり…ついローラーを往復させがちですがこれはNG!上方向に持ち上げた肌を下げることになるので、たるみケアとしては逆効果です。ローラーは一定方向に動かすようにしてください。
力を入れすぎない
強い力でローラーを転がすと当然ながら肌にダメージを与えてしまいます。肌の防御機能が働いてメラノサイトが活性化するとメラニン色素が生成されるのでシミの原因になってしまいます。また、強い力によって肌細胞やコラーゲンが破壊されると肌からハリや弾力が失われて、かえってたるみを引き起こすことになります。力加減はあくまで優しく、皮膚があまり動かないくらいで十分!特に目元や口元は皮膚が薄いのでより軽く、優しく行いましょう。
時間をかけすぎない
顔の上を転がすだけなので無意識のうちについ時間が経ってしまいそうですが、長時間の使用は肌にダメージを与えてしまいます。使用時間の目安は大体5~10分程度です。商品に使用時間の説明がある時はそちらに従ってください。
乾燥した肌には使わない
ゲルマニウムローラーはそれだけでも肌に刺激を与える行為です。乾燥した状態の肌に使うと刺激が強すぎて摩擦が起きやすいので、シミやたるみ、ニキビなどの肌トラブルにつながってしまいます。ゲルマニウムローラーを使う前後は必ず保湿をするように心がけてください。
肌が弱っているときは使用しない
肌状態が弱っている時や生理中など肌が敏感な時は、どんなに優しく使っても肌には刺激が強すぎることもあります。せっかく美容のためにと使っているゲルマニウムローラーで肌トラブルを招いては意味がありませんから、使用する前には肌状態を確認して場合によっては使用を控えましょう。
お風呂での使用に注意する
バスタイムを美容の時間としている女性も多いですが、ゲルマニウムローラーの商品すべてが防水加工されているとは限りません。防水性がないものを無理に使うのは不具合の恐れもあって危険です。その商品がお風呂で使えるのかどうか、必ず確認してから使用するようにしてください。

せっかくの美容グッズですから使用上の注意をしっかり確認して安全に使いましょう。

ゲルマニウムローラーは継続が大切!毎日のケアで小顔&美肌

ゲルマニウムローラーは正しく使えば「ながら美容」でも、

  • リフトアップ
  • 小顔
  • 美肌作り

が叶う頼もしい美容アイテムです。

しかし、たった1回で肌全体が上に上がる、一気に肌トラブルが解消する、なんていう魔法のアイテムではありませんから、大切なのは毎日コツコツ続けること

また、より効果を高めたいなら表情筋のエクササイズをプラスするのもおすすめの方法です。

▼表情筋の鍛え方についてはコチラも参考にしてください!

表情筋の鍛え方の記事のトップ画像キャプチャ

毎日のゲルマニウムローラーで小顔や美肌を手に入れましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント