• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恋人に貢いでしまう心理とは?その時ふたりの間の上下関係は?

Date:2013.07.22

何故恋人同士にはめったに割り勘が存在しないのか

恋人同士には、割り勘と言うルールは余りお目に掛かれないのが現実です。つらいことに、どちらかが一方的におごることになってしまいます。これは、何故なのでしょうか。

最初の数回や付き合う前には、割り勘だったことがあるはずです。それなのに、付き合いが続く間に何故かそういうことになってしまいます。

そして、何故か破局する時には、おごっている方がフラれます。逆なら分かるけれど、何でおごっている方がフラれるのでしょうか。これは、男女の不思議のうちのひとつです。

恋愛において相手に貢ぐ心理とは

恋愛をしていく間には、相手に相当貢いでいる状態が発生します。これは、何故か金欠状態になって分かることです。しかし、おごっている間には本人も認識していないのです。

あれ?おかしいな・・・何で、こんなに残高がないのだろう?ふとそんなことを思ってしまいます。でも、何故だかなかなか分かりません。

これは、付き合っている相手に貢いでいる状態で、最も危険な心理状態です。デートするのだから、自分が払って当たり前だと思っています。だから、デート代にお金が掛かっていて残高が足りないことに気が付かないのです。

何故デート代を貢いでいることに気が付かないのか

デート代イコール貢ぐと思っている人は、意外と少ないのです。付き合い出したら、男が払うのが当たり前、もしくは女性が年上なら女性が払うのが当たり前です。

また、2人の間でどちらがお金を持っているかで、払う方が決定します。もちろん、最初は払った方がお金を持っているはずです。

しかし、数回・数年続く間にそれは変化します。相手にデート代を貢いでいる為に、自分の貯金がなくなっていきます。代わりに相手がどんどん貯蓄していくことになります。

払うことは気持ちが良い感覚

相手に自分が払うと言う行為は、実はとても気持ちが良い行為です。自分は、相手にリッチな人間だと思わせることが出来ます。そして、自分が相手よりも上に感じます。最初は、相手もありがとうと笑顔で言ってくれます。

払うことに慣れて来たら要注意

お金を払う行為に慣れて来たら要注意です。払っている人物は、自分が偉いと感じます。自然に相手は自分の従属物だと思うようになります。つまり、自分がお金を払っているのだから、相手は自分よりも下だと言う意識が出て来ます。

こんなに美味しい物を食べられるのも、自分が払っているからだと感じます。だから、おごっている相手に対して、多少横柄に接しても良いと思います。そういう態度は端々に出て来ます。すると、おごられている相手は、だんだん気持ちが離れていきます。

お金がないのを実感する

お金がないことに気が付いた時に、相手にデート代を払っているからだと気が付いた時からが地獄です。こんなにお金がないのは、付き合っている相手のせいだと感じます。

デート代を払っている人物は、これだけ自分が払っているのだから、当然相手は結婚してくれると思います。しかし、実際はそうではありません。この段階では、すでに払っている人物には、決定権はありません。

相手は、おごられて嫌な気分になっています。デート代にお金を払うことで、横柄に接する相手に対して別れたい心境です。

貢いだ挙句に捨てられるのは

この人は私には幾らでもおごると思っています。自分とデートする時にお金を幾らでも払う人だから、高級なレストランやホテルに行きたいと言い出します。贅沢をして我儘を言って、相手がお金を払えないと言い出したら別れます。

その時には、相手は完全に貢いでいた相手に対して軽蔑しています。

恋愛における初期段階で対策を

恋愛の最初は金銭が絡まない状態です。しかし、最後にはどうしても金銭が絡んでしまいます。こんな不幸な結果にならない為には、どこかで割り勘を持ち掛けてみます。相手と気持ちがつながっているのなら、最悪の事態は避けられることがあります。

しかし、すでに貢ぐ関係が成り立っている状態では難しいことがあります。恋愛において金銭に関しては、初期の段階で対策をした方が良いのです。そうすることで、今後の恋愛関係を決定することにもつながるからです。

相手を純粋に好きだった気持ちを持続する為に、何でもかんでも相手の言いなりにはならないことです。本当に、お金の問題には気を付けて、相手との恋愛関係を発展させて行きましょう。

この記事をシェアする

関連記事