• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

うるおい肌ゲット!驚異のココナッツオイルパワーの驚きの効果

Date:2014.05.29

普段どのような乳液をつかっていますか?そろそろ乳液を変えてみようかなんて思うことありませんか?そんな時にお勧めがココナッツオイルです。

ココナッツオイルはオイルであって、乳液ではないよねといいたいところですが、乳液よりも、保湿力があり、お肌がすべすべになります。その理由についてみていきましょう。

母乳の成分でもあるラウリン酸

ラウリン酸という物質は、母乳に含まれる免疫強化成分になります。ですから、これをお風呂から上がり夜つけるだけで、保湿だけでなく、その日の紫外線による皮膚の乾燥やただれからも保護してくれるんです。

最近は紫外線が強いので、いつのまにか肌が荒れて赤くなり、しかも花粉の季節なので、眼の周りが赤くなったり、眼がくしゃくしゃしたり、肌がかゆく乾燥肌になったりしますよね。

そんな時にココナッツオイルをつけるだけで、赤みも引いて、保湿もしてくれて、翌朝は前日と違い、なんだかさっぱりしているという感じです。しかも、毎日続けていると、お肌がつるつるになってきます。

寝ている間に皮膚の新陳代謝が行われ、その時にココナッツオイルが作用してくれているようです。

ココナッツオイルはとてもいい香り

ココナッツオイルのいいところは、アロマオイルのようなとってもいい香りがするところです。ですから、塗ることで、アロマを炊いているようなココナッツの甘い香りがして、癒されます。

頭皮にもとってもよいココナッツオイル

ココナッツオイルは頭皮にもよいとされる油です。シャンプー前の頭皮になじませて30分くらいおきましょう。その後、熱湯で絞ったタオルを頭皮にあてて、頭皮を温めましょう。それからいつも通りシャンプーリンスをしましょう。

そうすることで、髪がさらさら、頭皮も健康になります。オリーブ油などをつけると、どうしても油っぽくなってしまったりすることもありますが、これは翌日からさっぱりした感じになります。

赤ちゃんにも使える

ココナッツオイルは赤ちゃんにも使えます。鼻水をかみすぎて、お鼻のまわりがただれたり、離乳食でお口のまわりが荒れてしまった赤ちゃんに塗ると、次の日には炎症が治まっていることなんかもあります。

また、寝癖なども、ココナッツオイルをほんのすこし、手にとりなじませ、お湯でうすめて、それを赤ちゃんの髪に付けると寝癖もなおりますし、いつのまにか髪もしっとりさらさらになっています。

ココナッツオイルのいいところは、べたべたせずに、付けた時もさらさらしていて、他のオイルと比較してすぐに乾燥してくれるというところでしょうか。また、コスト的にも500mlで3000円位のものもあり、低コストだと思います。

朝はうすめにつける

朝は化粧水→オイル→日焼け止めとする場合、ココナッツオイルは夜の3分の1の分量で薄目につけましょう。あまり沢山つけると、光沢がでてしまいます。ですが、この光沢も一時的なもので、すぐにしっとり乾燥してくれます。

いかがでしょうか?ココナッツオイルで美しい美肌をゲットしてみませんか?

この記事をシェアする

関連記事