• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

呼吸をして痩せよう!ダイエットに効果抜群のヨガの呼吸法6つ

Date:2014.04.13

私たちが日々無意識に行っている呼吸がダイエットに役立つとしたら、どうでしょうか?

実は深呼吸をすることで、酸素が身体にいきわたり、脂肪細胞を燃焼させる助けになったり、エネルギーを与えてくれたり、代謝を上げてくれるといった効果も期待できるのです。

そんなダイエットに多大な効果が期待できるヨガの呼吸法、プラナヤーマを6つご紹介していきます!

カパラバティ

この呼吸法は「火の息」とも呼ばれるもので、ポピュラーな呼吸法です。また、体重を減らすのに非常に効果を発揮します。

①ヨガマットの上に脚をクロスし、背筋を張り、瞑想の形をとって座ります。

②目を閉じ、両手をそれぞれ膝の上に置きます。

③腹筋は完全にリラックスさせた状態にし、力を入れないようにしましょう。

④口から息を深く吸い込み、鼻から息をゆっくり吐きます。息を吐くとき、お腹をひっこめるように意識してください。

⑤これを30回から50回ほど繰り返しましょう。慣れてきたら少しずつペースを早めていき、5-10分ほど続けるようにしましょう。

※注意:生理中の時、または高血圧や心臓病がある方はこの呼吸法は避けるようにしてください。また、行っている最中に具合が悪くなることがあったら、直ちにやめましょう。

バストリカ

この呼吸法は新鮮な空気を身体に十分と取り込むことを目的としています。

①ヨガマットの上にリラックスして座ります。あぐらをかく形をとってください。

②手の平を上に向けた状態で、両手をそれぞれ膝の上に置きます。親指と人差し指の先を合わせて、○を作るような形にしてください。

③普通に呼吸をして、リラックスします。

④今度は肺一杯に酸素がたまるように、力強く、深く息をしましょう。

⑤鼻から力強く息を吐きます。吐き出した音が出るくらいに強く吐き出しましょう。

⑥これを5-10回繰り返します。

※注意:心臓病を患っている人は、医師に相談してから行ってください。

アヌローマ・ヴィローナ

片鼻で交互に行う呼吸法として知られています。

①ヨガマットの上に脚をクロスして座り、リラックスしてください。

②目を閉じ、前身の筋肉の力を抜きましょう。

③右の親指で右側の小鼻を外側から抑え、左側の穴だけで息を吸い込みます。

④息を吸い込んだら、そのま5カウントしてください。

⑤今度は左の薬指で左の小鼻を外側から押し、右の穴から空気を吐き出します。

⑥吐ききったら、そのままの状態で右の穴から息を吸います。

⑦吸いきって5数えたら、今度は右の穴をふさぎ、左側の穴から息を吐き出します。

⑧①から⑦までの流れを一回とカウントし、これを10回から15回ほど繰り返しましょう。

※注意:この呼吸法は朝食前に行ってください。妊婦や生理中の方はこの呼吸法は行わないようにしてください。

ブラマリ

別名、蜂の羽音の呼吸法とも呼ばれます。

①マットの上に瞑想の姿勢で、脚をクロスして座ります。

②背筋を伸ばし、リラックスしましょう。

③親指を使って両目を閉じさせます。

④両方の中指を使い、それぞれで閉じた瞼を軽く押さえつけます。

⑤そのまま、今度は人差し指をそれぞれこめかみのあたりに軽く置きます。

⑥更に両薬指と両小指をそれぞれ小鼻と唇の端に置きます。

⑦そのままの状態で鼻から深く息を吸い、鼻から息を吐きながら、ハミングします。

⑧これを10回から20回ほど繰り返しましょう。

アルダ・ マッチェンドラ・アーサナ

背骨をツイストしてお腹と背中に働きかけるポーズです。

①ヨガマットの上に両足を前に伸ばして投げ出した状態で座ります。呼吸をしてリラックスしましょう。

②右の膝を曲げ、右脚だけあぐらをかくように、かかとをできる限りお尻に引き寄せるように持っていきます。

③次に左のひざを曲げ、立膝をするような感じで右の足の上を通ってクロスさせます。左の足首が右の膝の横にくるようにします。

④左の腕を自分の身体の後ろに持っていき、手のひらを床につきます。

⑤右腕は伸ばし、右手で左のつま先を触るように置きます。

⑥そのままゆっくり深く息を吸い込み、背筋を伸ばします。

⑦上半身を左側にゆっくりとツイストしていき、左肩越しに後ろを見ます。ツイストをしながら、息を吐き出します。

⑧息を吸いながら正面を向き、吐きながらツイストをします。

⑨そのまま5回息を吸い、ツイストを解放します。

⑩逆側も同じようにやりましょう。

ウージャイー

勝利の呼吸法とも呼ばれるもので、身体が活性化され、エネルギーが作られます。

①ヨガマットに瞑想の形で座ります。

②あごを引き、口を閉じたまま、舌の先をのどの方に向けて丸め、気道を狭くします。

③お腹をへこませたまま、「スー」と音がするように鼻から息を吸います。

④お腹をへこませたまま、鼻から息を吐きます。

この記事をシェアする

関連記事