• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

うっとり肌美人に!美肌実践済みの手作りできちゃう米ぬか美容!

Date:2012.11.19

毎日しっかり洗顔していても、気になる毛穴の黒ずみ、更にこれからの季節に起こりやすいお肌の乾燥。お悩みの方も多いのではないでしょうか?しかしそんな毛穴の黒ずみや乾燥を、一気に解決出来るお肌ケアがあるのです。

それが、米ぬかなんです。皆さんも一度は、聞いた事があるかもしれませんね。では、どうして米ぬかが美容に良いのか、簡単に出来ちゃう米ぬかパックや化粧水の作り方などご紹介していきましょう。

米ぬかは、美容に良いってホント?

米ぬかが美容に良いらしいって事は、知っている方も多くいるかもしれませんね。

では、黒ずみの原因は、なんなのか知っているでしょうか?毛穴の黒ずみの原因は、毛穴に残ってしまった汚れや皮脂などが、酸化してしまい黒ずみになるといわれています。

又毛穴が黒ずんでしまう事で、メラニン色素が更に生成させてしまい、お肌全体が黒ずんで見えてしまうのが原因なのです。

メラニン色素の生成を抑えるには、ビタミンEが有効だといわれています。米ぬかには、そのビタミンEが多く含まれており、更に紫外線からのメラニン色素の増殖を抑えるガンマオリザノールという米ぬか特有の成分も含まれています。

又米ぬかには、水分量を保つ働きもあるので、乾燥が気になる方にも有効なスキンケア方法なのだそうです。

米ぬかパック&化粧水を作ろう

良い事だらけの米ぬかスキンケアですが、パックも化粧水も作り方はとっても簡単!ただ…残念な事に作り置きが出来ません。

作り置きをした物では、先程の効果は期待できないという事なので、材料を揃えて新鮮なケア剤を使うようにしましょう。

実は、この米ぬかパックは、私も実践しています。

週に2回程度の事なので、翌日にお仕事がないくゆっくり出来る日や、少し早目にお仕事から帰宅した時などに行なったりしていますので、私はそんなに苦にはならないし、しっとりして黒ずみも消えてきて、モチモチ肌になってる気がします。

私は、オイリー肌なので週2回行なっていますが、普通肌や乾燥肌の方は、週1回で十分なんだそうですよ。

「米ぬかパックの作り方」

1回のパックで用意する物:
米ぬか(小さじ2)・小麦粉(大さじ1)・お水(少々)・混ぜる容器

  1. 米ぬか(小さじ2)と小麦粉(大さじ1)を入れ物の中で混ぜ合わせます。
     何人分かまとめて作りたい場合には、小麦粉6に対して米ぬか4の割合で分量を調節しましょう。
  2. そこにお水を少しずつ加えながら、液体ノリくらいの硬さになるまでコネコネしていきます。
  3. そのままラップをして、20分から25分くらい寝かせてたら、出来上がりです。

パックの仕方も簡単です。

  1. 通常通りに洗顔をした後に、蒸しタオルを5分程度あてて、毛穴を開かせておきます。
     私は、お風呂の時間を使ってお風呂のお湯で蒸しタオルを作り、湯船につかっている時に蒸しタオルをしています。
     身体も温まるし、わざわざ蒸しタオルを作る手間もなくて一石二鳥なんです。
  2. 蒸しタオルを取ったら、米ぬかパックを均等に薄く塗ります。
     薄く塗るという所がポイントで、口周りや目の周りなど、皮膚の薄い部分は避けて下さい。
  3. そのまま10分くらいすると、米ぬかが乾いてきます。
     乾いてきたら、ぬるま湯などですすいで終了です。

「米ぬか化粧水の作り方」

用意する物:
米ぬか(15g)・日本酒(大さじ1)・お水(180cc)・グリセリン(5cc)・保存用ボトル・お鍋

  1. お鍋に米ぬか・日本酒・お水を入れます。
  2. 沸騰させないように注意しながら、弱火で2分くらいかき混ぜて下さい。
  3. お鍋を火から外して、自然に冷めるのを待ちます。
  4. 冷めた化粧水を、保存用ボトルに移し替え、そこにグリセリンを加えて混ぜましょう。

この化粧水を、洗顔した後の清潔なお肌や米ぬかパック後のお肌に付ければ、黒ずみ解消、お肌モチモチになりますよ。

パックや化粧水を作るのも、少し面倒と思われる方は、米ぬかに水を加えてマッサージするだけでも、効果が期待できるそうなので、ぜひお試しになってみて下さいね。

この記事をシェアする

関連記事