• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

子育て中でもキレイでいたい!時短メイクでキレイをキープ

Date:2013.05.10

子育てで毎日忙しくしていると、自分の事はいつも後回しになりがち。気付けばいつもスッピン…なんてことになっていませんか?

実際に児童館などに行くと、スッピンのママをとても多く見かけます。ママ同士はお互いに大変なので理解し合えますが、夫や友人からは「子供を産んでからすっかりオバサン」になったなんて思われているかもしれませんよ。

時間がなくてもパパッと完成、約10分でできる簡単な時短メイクでいつまでもキレイなママを目指しましょう!

ベースメイクはBBクリームにお任せ!

時短ベースメイクと言えばBBクリーム。顔を洗って保湿をしたら、BBクリームを顔全体に塗ります。この一本で、美容液も下地も日焼け止めもファンデーションも全てが完了です。

BBクリームは各メーカーからたくさんの種類が発売されていますが、使用感はそれぞれ全く違いますので、テスターなどで自分の肌質に合うものを選びましょう。

商品によっては塗る手順が決まっているものもありますが、時短メイク用にはなるべく簡単なものがオススメ。例えば最近人気があるエテュセのBBクリームは手順なんて一切無く、顔に全体に伸ばすだけで肌が明るくなります。

BBクリームにありがちなベタつきやテカりも無く、何よりプチプラなのでオススメですよ。BBクリームの後はパウダーをはたいてベースメイクは終了。3分以内で完成です。

アイメイクはポイントを押さえて手抜きに見せない!

まずはビューラーでまつ毛を上げておきます。根元から毛先に向かって3〜4回に分けて上げていくとキレイにカールします。上がり方が足りない時は最後に根元だけを挟むと、角度がグンッと上がります。

時短メイクではアイシャドウ1色でスピーディに仕上げます。まぶたを明るく見せる肌なじみのいい色か、まぶたに深みを与えるブラウンなどの暗めの色がオススメです。どちらを選ぶにしても、パールの入っているものの方が使いやすいです。

アイシャドウを買ったときに付いているようなチップやミニサイズのブラシではなく、アイシャドウブラシを使うとキレイに早く仕上がりますのでオススメ。肌なじみのいい色を選ぶ際は、ブラシにたっぷりと取ってアイホール全体に広げ、下まぶたもライン状に塗ります。

暗めの色を選んだ際は、まずブラシをまぶたに垂直になるように持って、まつ毛のきわにライン状に色をのせ、それからブラシを寝かせてアイホールにぼかすようにすれば、濃く付きすぎることもなく簡単にグラデーションを作る事ができます。

下まぶたは目尻から三分の1から半分ぐらいにライン状にサッとブラシを滑らせておきましょう。

時短メイクでもアイラインとマスカラは欠かせません。アイシャドウができなかったとしても、この2つだけで目の印象が全く変わってきます。

アイラインが苦手な人はペンシルアイライナーでまつ毛のきわにザックリとラインを引いて、綿棒でなぞれば多少の失敗はごまかせます。マスカラはささっと1回塗るだけで終了です。

ビューラー・アイシャドウ・アイライン・マスカラで、アイメイクは5分以内で完成です。

眉毛とチークは絶対に欠かせない!

いくらスッピンで過ごすと言っても、眉毛だけは書くという人も多いと思います。更にチークを入れればスッピンでも顔色がパッと明るくなり、「あの人顔色悪いわね」なんて事も防げます。眉毛とチークはメイクには絶対に欠かせないコンビなのです。

まず眉毛はパウダーで全体的に形を決めます。色ムラなどは余り気にせず、ブラシで手早く大体の形を仕上げましょう。

それが終われば、少し鏡を離して見てみてください。眉毛の濃淡のムラがあったり、ちょっと足りないところがあったりという部分が分かりやすくなります。

その部分にペンシルでチョンチョンと毛を書き足すようなイメージで色を入れていきます。大体均等になったら、ブラシで眉頭から眉尻までスッとなぞってなじませます。チークは大きめのチークブラシで入れると、1回でふわりとキレイに入ります。

リップは色つきのリップやグロスで、薄い色とツヤを与えればOK。眉・チーク・リップで2分以内で、ベースからメイク終了まで約10分で完成です!

この記事をシェアする

関連記事