• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

30代から気をつける!骨粗しょう症予防に効果的な食べ物

Date:2013.01.18

仕事やプライベートでも、まだまだ働き盛り、輝き盛りの30代。女性の体ではある一つの変化が起き始めます。それは骨がじょじょに弱くなり、骨量も減っていくことです。

なんと女性の骨は30代をピークにあとは弱まり、減っていくものなのです。骨が弱くなることは、イコール体が弱くなること。つまり老化の始まりです。

まだまだ気持ちは元気なのに、反比例して体は元気を失っていく。体に元気がないと、気持ちがつられてしまうこともあります。では骨の老化を止めるには、どうしたらいいのでしょうか。今日は骨がどんどん少なくなっていずれ引き起こしてしまうかもしれない「骨粗しょう症によい食べ物」を紹介します。

骨粗しょう症を引き起こす原因

骨の密度がなく、スカスカな状態になってしまうこと。それが骨粗しょう症です。それを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか。残念なことに骨の老化を止めることは出来ません。加齢が原因であれば尚更です。

しかし、落胆してはいけません。ストップさせることは出来なくてもそのスピードを抑えることは出来ます。ちなみに骨粗しょう症が起きてしまう原因としては女性ホルモンの減少が大きな理由として挙げられます。

女性ホルモンと言えばイソフラボン。大豆製品に多く含まれる成分の摂取は現在だけでなく、将来的に見ても続けておきたいものです。味噌や豆腐、納豆、豆乳と女性が大好きなものばかりの大豆製品。苦手な人も早めの克服で、骨粗しょう症予防をした方がよさそうです。

骨と言えばカルシウム

やはり骨と言えば、大事な栄養素はカルシウムです。これは日常生活でも意識しないと不足しがちな栄養素でもあります。皆さんは、今現在自信を持ってカルシウムをしっかり摂っていると言えますか?一般的にカルシウムと言えば、牛乳や煮干ですが、小松菜や大根、かぶの葉っぱ部分、海藻、魚介類にも豊富に含まれています。

しっかり意識して摂ることと同時に、カルシウムの吸収をよくすることも大切です。カルシウムの吸収にはビタミンDが必要であり、その為には適度な日光浴が必要だということをご存知ですか?

サプリメントなどでも簡単に、必要な栄養素の摂取が出来るようになった現代ですが、サプリで運動を補給することは出来ません。日光浴と運動を兼ねることの出来るウォーキングなどから始めることが骨粗しょう症の発症を防ぐ大事なポイントになります。

いつまでも元気な骨で健康的に美しく過ごすために女性ホルモン、カルシウム、日光浴が大事な3点であると覚えておいてください。

この記事をシェアする

関連記事