• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

血管年齢と見た目は比例する、血管年齢を若返らせるには抗酸化

Date:2014.05.02

「少しでも見た目を若くしたい!」といろんなスキンケアをしたりエステに通ったりしている人もいると思います。確かにこれでも効果はあるんですが、すぐにまた元に戻ってしまうということがありますよね。

実は見た目を若くするには血管年齢を若くするのが一番効果的なんだそうです。でも「血管年齢を若くしよう」と言われてもどういう方法があるのか分かりません。どうしたら血管年齢を若返らせることができるのでしょうか。

見た目が若い人は血管年齢が若い

見た目が若い人っていますよね。そういう人を見ると「どういうスキンケアしているんだろう」と思ってしまいます。

でもそういう人に話を聞くと特別なケアは何もしていないという人が多かったりします。これは本当のことで、血管年齢が若い人は何もしなくても見た目が若くなるんだそうです。

どうして血管年齢が若いと若く見えるのでしょうか。血管年齢が若い人は血管に柔軟性があり、血流もよくなります。血流がよくなると酸素が体の隅々まで送られて細胞が活性化、それで若々しく見えるんだそうです。

若くても血管年齢が高い場合は酸素などが行き渡らず疲れ切った顔になったり吹き出物などができやすくなったりします。もちろん細胞が活性化しないと肌のターンオーバーも悪くなるので肌がボロボロになってしまいます。

なので見た目を若くしたい!という場合は外側のケアも大事ですが、内側からのケアもしっかりとしないと意味がないそうです。

血管の若返りには抗酸化が必要

血管年齢を若返らせるにはいくつかの方法があります。その中でも女性が気にしておきたいのが「抗酸化」です。体に活性酸素が溜まってくると体全体が老いてくると言われています。それは肌はもちろん血管もそうです。

活性酸素はいろんな理由で増えていきます。ストレスやタバコは有名ですが、他にも加工食品や紫外線、医薬品なども活性酸素を増やす原因とされています。

普通に生活をしていても体内の活性酸素は増えていきます。なのでこれをうまく排出してあげないといけないのです。それが上手に排出できている人が血管年齢も若いともいえます。

どういうもので抗酸化するのがいい?

体内の活性酸素を減らすには抗酸化作用の高いものを食事として取り入れるのがいいとされています。食べ物で良いとされているのは野菜です。これで嬉しいのは野菜には抗酸化作用だけではなく血管にいいものがたくさん含まれているんです。

血管を傷つけると言われているナトリウムを排出する機能や食物繊維、ビタミンもたくさん含まれています。そして何といってもカロリーが低いので血圧などが上がりにくいというのも血管年齢を老けさせない理由の1つです。

血管年齢は血流でも変わってきます。高血圧やドロドロ血液だと血管に負担がかかり血管年齢が上がっていくので、血圧が上がらなくするのも若返りの1つです。そのためには食事に多くの野菜を取りいれるのがいいんだそうです。

年配の方で年齢より見た目がかなり若いという人がいます。それは昔から食事バランスが良く、体内の活性酸素がうまく排出されているからと言われています。

野菜中心の食生活とまではいかなくても、毎日の食事に多くの野菜を取りいれることで体内の活性酸素を取り除いて若い血管を手に入れるように頑張ってみましょう。

この記事をシェアする

関連記事