• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

目から鱗!ひと手間加えて香水の香りを長持ちさせる方法

Date:2016.04.08

shutterstock_221862415いよいよレジャーの季節到来、肌の露出も高くなるし、デートやレジャーなど楽しいお出かけの予定が入るひともいるでしょう。

さて、そんな特別な一日を素敵な香りと一緒に過ごせたら最高だと思いませんか。

筆者も気温が20度前後になってくると毎朝オーデコロンをつけて朝の香りを楽しんでいます。

一方で昼頃になるとせっかくの香りも消えてしまっていています。なぜでしょう?

今日は香水の香りを長持ちさせる方法のお話しです。

まずは香りの知識から。香水の種類と香りの区分

空港の免税店に立ち寄ったとき、香水のボトルがたくさん並んでいるショップがありますよね。

ブランドも豊富ですが、同じブランドでもさまざまな香水が出ています。

ついつい香水はどれも同じだと成分も確認しないで、惹かれるデザインのボトルに手を伸ばしていませんか?

4つに分かれる香水の種類

ボトルをよく見てみてください。
そこに

  • パフューム
  • オードパフューム
  • オードトワレ
  • オーデコロン

とラベルに書いてありませんか?

実はこの4つの区分は香水の香りの強さや持続時間を表す大切な表記、つけ方もそれぞれ違うのです。

パフューム
成分のうち22パーセントがエッセンシャルオイル。香の持続時間も5~7時間と最も長いため価格もお高め。本当の「香水」とはこのパフュームを指す。

つけかたですが一般的には液体の香水になり、1、2滴を点になるようにつけます。

オードパフューム
パフュームに次ぐ強さの香り。含まれるエッセンシャルオイルは15~22パーセント。持続時間は5時間程度となる。パフュームよりお手頃な価格。

スプレーになっているタイプが多いのですが、つけかたとしてはサッと線を引くように吹きかけます。

オードトワレ
エッセンシャルオイルは8~15パーセントとパフューム、オードパフュームに比べて軽いものとなる。持続時間は3~4時間程度。普段使いでほんのり香りたい人におすすめ。

こちらもオードパフュームと同様、線を引くように吹きかけます。

オーデコロン
エッセンシャルオイル4パーセント。一番香りが弱くて持続時間も2時間程度と短い。朝に気分転換にサッと吹きかけて使うのも良いです。

軽い香水ですから面になるよう10センチ程度離れた距離からスプレーします。

時間が経つにつれて変わっていく香り

香水をつけてから一定の時間が経つと、その香りは3段階に変化するといわれています。

その香りの区分を「ノート」と呼び、香水をつけてから時間が経つにつれて

  1. トップノート
  2. ミドルノート
  3. ラストノート

という名前の順に変化していきます。

トップノート
つけてから5~10分で現れる香り。レモンなどの柑橘系の香りやハーブっぽい香りなど爽やかな香料の香りがします。
ミドルノート
つけてから30~1時間くらいで出てくる香り。その香水らしさが一番出る時間といえます。多くはバラなどフローラル系の香りの香料が使われています。
ラストノート
つけてから2~3時間で現れる、いわゆる「残り香」で別名「ベースノート」とも呼ばれます。動物性香料ともいわれるムスク(実際に動物性のものを使用しているのではなく香水では人工合成した香りを使用)、それからバニラ系の香りが代表的なものです。

香水の香りを持続させるためにできること

shutterstock_264701294
さて、遠出や長いデートなど、できるだけ香水の時間を長持ちさせたい場合はやはりパルファンと呼ばれる香水をつけることが一番でしょう。

しかし、より香りを長持ちさせるためにこんな工夫をしてもいいみたいですよ。

お風呂上りに汗が引いてからつける

汗をかいた肌にすぐにつけてしまっても汗のにおいに邪魔されて香水の香りがしっかりと出てきません。

また香りは体温に反応しますから、香水をつける前にお湯のシャワーでしっかりと温まり、ほどよく汗が引いたと思ったら香水をつけましょう。

保湿すると香りがより密着する

シャワー上がりに乾いた肌の上にサッと吹きかけるのではなく、まずはつける場所をしっかり保湿します。

香水をつける場所としておすすめはひざ裏や足首など。脇や胸元も体温と一緒に香りがこもりそうですが、同時に汗をかきやすい場所ですのでおすすめできません。

また、

  • オイル
  • ワセリン

といったこっくりした保湿剤だと香りもより密着します。

香水を振りかける前にひと塗りすることをおすすめします。

こすることは逆効果

よく手首に香水をつけこすっている人をみかけますが、それは香り成分を壊してしまうためおすすめできません。

香水をかけたら自然に乾燥するのを待ちましょう。

枕や下着など肌に密着するものにつける

これは人によっては抵抗あるかもしれませんが、

  • 下着
  • ストッキング

など普段肌に触れるものに香水をつけて香りを体に密着させるという方法もあります。

たとえば一日中お香の香りがする部屋で暮らしている人は、近づいただけで誰かわかるほどその部屋の匂いが漂っています。

単に洋服に匂いがついてしまっているだけかもしれませんが、香りとはそんな風にどんどん染みついてくるものなのかもしれませんね。

ただし枕などは髪のみならず顔の皮脂などもつく場所。こまめにカバーを洗濯しましょう。

香水のつける場所、こんなところもおすすめ

香水をつける場所に関してはその人の好みもありますがこんな場所につける人もいるようです。

ネイル
香水をコットンに含ませて爪の先につけます。向かい合って座った相手にほんのり手元からいい香りが伝わるかも?!ただし手を洗ったら落ちますよね…。
あご
自分の鼻に近い場所ですが、デートのときなど相手に香りが一番伝わりやすいかもしれません。その分つけるのならほんのちょこっとにしておきましょう。

香水のつけ直し、初心者ならばタイミングと場所に気を付けて

香水を長く持たせるよりも付け直すほうがよっぽど安心というのも考え方の一つですね。

ずっとその香りを纏っていると人間の鼻はすっかりその香りに慣れてしまい感覚がマヒしてきます。

「あれ?もう香りが消えたな」とあなたが思ってもまだ香りが残っている可能性は高く、ここでつけ直すと香りのしつこさで一緒にいる相手が不快になりかねません。

香水をつけ直すのなら最初の香水をつけてから4~5時間はおき、つける量と場所は足元に1回吹きかける程度にしましょう。

強すぎる香りはデートに禁物。彼が不快な思いをするだけではなく、周囲(たとえばエレベーターや地下鉄で乗り合わせた人たち)にも不快な思いをさせ、一緒にいる彼のメンツを傷つけてしまうことも。

ふんわりとちょうどよい香りを纏うには「足りないかな?」くらいがちょうどいいのかもしれません。

香りのTPOをわきまえたつけ方をしていますか?

shutterstock_85480615
通りを歩いているときにすれ違った人がふわっと香るとその人の印象もぐっとアップしますよね。

でも街中でちょうどいい香りを纏っている人には男性が多いような気がします。もしかすると男性用の香水の香りがそう思わせているだけかもしれませんが。

女性用の香水は甘い香りが多い分、香りが強いとその印象も下品なものになってしまいます。

香水の香りはよくレストランでの食事のときはタブーとされています。映画館や劇場など一定の場所に留まるような場所でも香水での失敗は周りに迷惑をかけてしまいます。

映画館やレストランに行くけれどどうしても香水くらいはつけないと落ち着かないという人は空中に香水を3回くらいプッシュしてその中をくぐる程度にしましょう。

そのほうがデートもきっとうまくいきますよ!

この記事をシェアする

関連記事