• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

言霊に愛される女になる。幸運体質になるネガティブな言葉の置き換え術

Date:2013.08.07

誰かのネガティブなひと言で、一日中イヤな気分で過ごすことになった経験ってありますよね。人間の防衛本能は言葉の分野でも働き、恐怖や脅威を感じるものから強く心に刷り込まれるため、ネガティブな言葉のダメージは予想以上にしつこく尾を引くことになるのです。

嫌な言葉を使った人は、そのまま「嫌な人」 というイメージになっていませんか?実際、ネガティブな言葉が多い人には、周囲は寄り付かなくなっていきますね。そう、言葉は人格なのです。

ネガティブな言葉は、発散したいときに出るものですが、それで人格イメージが損なわれるとしたら、そんな一瞬の快感のために、わざわざ不幸を招くことになってしまいます。

だったら、同じことをポジティブな言い回しに変えれば、逆に愛される幸運体質になるわけですよネ。

ユーモアのある言い換えをしましょう

言葉の言い換えには、その人のキャラクターが出てきます。たとえば、「あの人は臭い」 というネガティブ度100% の言葉を、ポジティブ表現に置き換えたら・・・。

  • のんびりキャラ ・・・ 「なんか香ばしい人ですよね」
  • 大人の女キャラ ・・・ 「フェロモンが抑えられないタイプ?」
  • クールなキャラ ・・・ 「野性的な香水つけてるんですね」

言い換えは、言葉遊びです。同じ中身でも、言い回しのバリエーションは、発言する人の個性や教養によって無限に広がります。どれだけユーモアを含ませられるかで、人間関係や場のポテンシャルも変わります。

ここを上手に引き上げられる女性は、人気者になります。自分のキャラとあえて違うタイプの言葉遣いをするのも、意外性があってお茶目な魅力が生まれますネ。

思慮深い表現は人を魅了します

若者言葉には躍動感や時代性があふれているので、使っていても楽しいものですが、大人の女性たるもの、同じ言葉を思慮深い言い回しに置き換えるぐらいのスキルは持っておきたいですよね。

  • 「キモいヤツ」 ・・・ ミステリアスな人/独特の個性の持ち主/人目を引くタイプ
  • 「ウザいヤツ」 ・・・ 距離計測が不得意なタイプ/情熱的/こだわり派

これらの置き換えは、語感のキレイさ自体がウィットになります。「やることが遅い」 は、仕事が丁寧。「失業中」 は、人生のロンバケ中。などなど、当事者が聞いても気分を悪くしない、思いやりのある言い換え表現を増やしていきましょう。

ネガティブな言葉というものは、たいがい直情的で反射的なものです。自分の感情に待ったがかけられない状態から出てくるのですね。ポジティブな言葉はこの逆、感情と発言の間に意識的にクッションを噛ませるということです。

着地はソフトランディングですし、クッション自体に活き活きとした個性が出るので、ポジティブな言葉は人を惹きつけるのです。

言霊に愛される女とは・・・

普段から語彙を増やしていく心がけは、とても大切です。言葉をたくさん持つことは、想像力を豊かにするからです。つまり、言葉を知っているほど世界が広がり、相手の立場も思いやれるようになるのですね。

これが少ないと、発想も狭いものになりがちで、ひいては忍耐のキャパシティも小さくなります。この状態は、まさしくネガティブな言葉の性質そのものですよね。

読書や映画鑑賞などの色んな形で、良い言葉を増やしていくことは、見かけの美の追求と同じぐらい貪欲になった方がいいです。

美しい言葉には魂があります。それは人を美しくするチカラです。言葉ひとつで、世界は明るくも暗くもなります。言霊に愛される女になって、人も自分も癒す美しい歩みを、ぜひ、目指してみてください。

~舞台女優が教える美のレッスン

この記事をシェアする

関連記事