• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ほめ上手な女性はいつも幸せ!幸運体質になれる言葉の魔法とは

Date:2013.10.26

最近、あなたの周りの人をほめましたか?「ほめられると幸せな気分になる」「自信がついてやる気になる」「努力を認めてもらえて嬉しい」ほめ言葉は、まるで魔法のように人を幸せにしてくれるのです。

でもほめる事で一番幸せになれるのは、「ほめられた人」ではなく「ほめた本人」なのをご存じですか?

私たちが話している「言葉」は、無意識のうちに脳に働きかけていて、自分自身の「性格」や「キレイ」「意欲」などを作り出しています。これは、あなたが幸せになるのも不幸になるのも、あなたの話している「言葉」や「話し方」次第だという事。

あなたを幸せ美人にする、美しい「言葉」や「話し方」を身につけて、幸運体質になりましょう!

ほめ言葉と脳の関係

人は「キレイだね」「すごいね」とほめられると、脳内に様々なホルモンがあふれて「キレイ」「すごい」を実現させようとします。そして興味深いのが、ほめた本人の脳にも同じような反応が起こるという事!

ちょっと難しいお話になりますが、その仕組みはこうです。脳は「大脳新皮質を中心とする、新しい脳」「自律神経系を中心とする、古い脳」と大きく二つに分かれています。

新しい脳は、論理的に考えたり、喜怒哀楽などの人間らしい感情を司ります。古い脳は、体調を調え、呼吸や消化などの生命維持を行います。見た事や聞いた事を「新しい脳」で考えて、それを「古い脳」が受け取って、身体に色々な指示を出すのです。

その時「古い脳」は「誰が」という主語が分からないのだそう。それはつまり「あなた、キレイね!」とほめた言葉が、古い脳にとっては「私、キレイね!」になっているのです!

そして脳は自分がほめられたと思い込み、快楽ホルモンであるドーパミンやβエンドルフィン、性ホルモンの分泌を促して「キレイ」を実現させようとします。

これは「レモンを見ると唾液が出る」のと同じ反応です。古い脳はレモンの味を「食べた」のか「想像しただけ」なのかの見わけがつかないのですね。

「最近ほめてもらえていないな~」と感じているのなら、思いっきり人をほめてあげて下さい!脳が喜んで「ほめ言葉」を実現させようと働きだしますよ!

美しい言葉が美人をつくる

あなたどんな人を「美しい人だな」と感じますか?外見が素敵なだけでなく、きっと「表情」や「仕草」のキレイな人を美しいと感じるのではないでしょうか?

私たちの話している「言葉」は、古い脳である自律神経に響き、その「言葉」を実現させようとします。例えば「さようなら」と「バイバイ!」と言う時の手の動きや表情は、きっと違っているはず!

「乱暴な言葉」は脳を興奮させ、攻撃的な振る舞いになり、顔立ちまで変えてしまいます。キレイな顔立ちをしていても、眉間にしわをよせて自己中心的な言葉をまくしたてる人を「美しい」と感じませんよね。

内面も外見も「美しい人」を目指すのなら、それにふさわしい「美しい言葉」を話すようにしましょう。美しい話し方をに身につけるのにオススメの方法は、あなたの憧れる先輩や女優、アナウンサーの話し方を真似する方法。

話す時の姿勢や表情、仕草までイメージして、密かになりきってみましょう!雑談の時は女優のAさん、ビジネスの時はアナウンサーのBさん、デートの時は友人のCさん・・・と使い分けるのもありです。

気を付けるべき話し方のポイント

自己中心的な会話になってしまわないように、会話のキャッチボールをスムーズにするポイントをまとめました。

  • 聞き役に徹する事・・・悩みを聞くと、ついお説教したくなりますが我慢です!「そうなんだ」と共感するだけで十分癒しになっています
  • 「ほめて!」のサインを見逃さない・・・頑張った時、人は必ず「ほめて!」のサインをだしています。表情やしぐさをよく観察しましょう
  • 「私」の言葉でほめる・・・適当なお世辞は禁物です。必ず「私はこう思った」と伝えましょう。「そのネクタイ素敵!」より「そのセンス好きです」
  • 「ありがとう」を伝える・・・ありがとうの代わりに「すみません」なんて言っていませんか?ちょっとした事にも「ありがとう」を笑顔で伝えましょう
  • いつでも学ぶ気持ちで・・・すぐに「それ知ってる」と言っては相手をがっかりさせます。私たちにはには学ぶべき事がたくさんあるのです
  • 以心伝心は期待しない・・・相手の気持ちを察する努力は大切です。でもそれを相手にも強要するのは傲慢です
  • 話す前に「1秒」考える・・・言ってしまった言葉は永遠に消えません。たった1秒で一生後悔する言葉を避けられるかもしれません
  • 相手に通じる言葉を選ぶ・・・仲間内でしか分からない話題や言葉を話していませんか?それは相手を精神的に孤独にさせます。専門用語も同じです
  • 名前を口にする・・・人の名前ってなかなか覚えられないもの。だからこそ日常的に名前を口にすると喜ばれます。誰でも「そこのキミ!」は嫌ですよね
  • スピードオーバーに注意・・・興奮するとスピードが速くなったり、音量が大きくなるものです。頭のなかに音量つまみをイメージしてみて

あなたを不幸にする言葉とは

幸運体質になる言葉があるのなら、その逆もあります。それは「悪口」や「愚痴」などのネガティブな言葉。

「あの人って性格悪いよね」と言った言葉は、脳にとっては「私って性格悪いよね」と同じ事。脳は色々な脳内ホルモンを分泌して「性格悪い」を実現しようとするでしょう。

さらに、あなたの評判も悪くなり、人間関係がどんどん悪い方向に向かいます。悪口は「百害あって一利なし」なのです!愚痴は言っている本人の心を傷つけます。

自分が受けた被害や悩みを繰り返し口にする事は、脳にとっては何回も被害を受けているのと同じ事。これってすごいストレスですよね!

たしかに愚痴は、頭を整理したり、ストレスの解消につながる事もあります。でもエンドレスにぐちぐち言うのは禁物!例えば「愚痴は20分!」と決めて、時間がきたらキッパリとやめるようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事