• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

丁寧なクレンジングは逆効果?今すぐ試したくなるクレンジング方法

Date:2012.12.04

水洗いだけの洗顔が一番いいの?

洗顔フォームにもクレンジングにも肌に刺激を与える成分がたっぷりと入っているので、洗顔は本当に水洗い(お湯洗い)のみが良いとする意見も、世の中にあります。しかしファンデーションをつけた日は、かならずクレンジングと洗顔フォームでの洗顔が必要です。

ファンデーションなどの油性の成分は水にはなじまないので、水洗い(お湯洗い)だけでは落ち切ってくれないからです。ただし、洗顔フォームやクレンジングには肌にさほど良くない成分が入っていることもまた事実で、「手早くさっと」洗いきってしまうことが求められるのです。

肌に良くない成分ってなに?

クレンジングや洗顔フォームには、界面活性剤が入っています。油と水を馴染ませる成分のことで、この界面活性剤が入っていないと、クレンジングでも洗顔フォームでも、ボトルの中で水と油分とに分離してしまって使い物にならなくなります。

界面活性剤の作用が強いか弱いかというのは、各メーカーやブランドごとに違いますが、比較的肌にやさしいのは、乳化したクリームタイプのものです。

これもメーカーごとに違いがあるので、例外はたくさんあるものの、製造方法から見ると乳化したクリームタイプ、あるいは、洗い流せるクリームタイプが肌にやさしいのです。

肌にやさしいクレンジングテク4つ

  • クレンジングはたっぷりと使う
  • 少量のクレンジングをチマチマと伸ばしながら使うと、それだけで肌への摩擦が多くなります。指で肌をこする行為こそが、肌荒れやしみの原因なのです。クレンジングは多少「贅沢かな」と思えるくらいたっぷりと使いましょう。

    クレンジングメーカーにもよりますが、一般的には泡立てた時にクレンジングがゴルフボール1つ分くらいの量になっているのが適量です。泡をこんもりと両手に溢れるくらい作るのは、逆に多すぎです。

  • こすらない
  • クレンジングをしっかりと肌になじませるとメイクがよく落ちる。これはメイク業界の誤解です。クレンジングは肌の上に放置しておくだけでもメイクを落としてくれます。長時間放置しておくのも良くないので、「軽くこする」程度で、クレンジングを洗い流す。これが正解です。

  • ついでにフェイスマッサージも・・・というのはNG
  • でも述べたように、こすること自体がNGなわけですから、ついでにフェイスマッサージを・・・という発想を捨てましょう。

  • タオルは「押さえるもの」です
  • タオルでゴシゴシと顔を「拭く」のはNGです。こする行為がNGであるということは、タオルで顔を「押さえて水分をとる」というのが正解。

いかがでしたか?クレンジングはさっと手早く。しかも肌をこすらない。この2つを習慣化するだけで、肌はいつまでも美しくあり続けるのです。

この記事をシェアする

関連記事