• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

クレソンは栄養たっぷり美容効果抜群!キッチン菜園で簡単栽培

Date:2018.04.02


お肉の横にちょこんと添えられている「クレソン」。無知な私は飾りという認識でいましたが、飾りどころか栄養的にはメインに据えてもいいくらい!その栄養価の高さから、クレソンは「最強の野菜」と注目されています。

高級なお肉と並んでいるイメージからか、庶民の食卓に登場することも少ない野菜ですが、お浸しやお鍋などにも普通に使えるお野菜なんですね。

捨てるはずの根っこの部分を利用して育てる「再生栽培」にも適していて経済的!お高くとまっているイメージとは逆に、庶民の味方!異常気象、大雨被害などにより、野菜の高騰が頻繁に起こる今、主婦の味方にもなりうる食材なのです。


最強の野菜「クレソン」!その最強っぷりとは?

学名は「ナスタチューム・オフェチナーリス」。その立派な響きから、また遠い存在に感じてしまいますが、日本では「オランダがらし」や「水がらし」などと呼ばれることも。

学名の「オフェチナーリス」は「薬効がある」という意味だそう。ヨーロッパや中国では昔から薬として使われていたくらい、体によい成分たっぷりの健康野菜なのです。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の機関誌「Preventing Chronic Disease(慢性疾患を予防する)」(2014年6月5日号)において、栄養素の含有量を元にスコア化された野菜・果物の中で、スコア100点を獲得して見事1位に輝いた「クレソン」

91.99点獲得のチンゲンサイ・白菜、86.43点のほうれん草などを押さえての堂々の1位獲得に、世の中のクレソンを見る目がすっかり変わってしまいました!

今までの脇役扱いが嘘のように、一気に美意識の高い女性たちのメイン食材へ!

クレソンの美容効果

100点満点をとっただけあって、ビタミン、ミネラル、食物繊維など、さまざまな栄養素がバランスよく含まれているクレソン。

カロテンやポリフェノールが豊富!
カロテンが2700μg/100g、ポリフェノールが141mg/100gと豊富!カロテンとポリフェノールには強い抗酸化作用があります!アンチエイジングの強い味方です!食べるだけでなく、ペースト状にしてパックにすると、シミ・ソバカスに効果があるそうです。
ビタミンCをもれなく摂取!
ビタミンCは量的には100g中26μgと目立って多くはありませんが、クレソンはサラダなど生でもたくさん食べられるので、加熱調理などで損なわれることなく丸ごと摂取することができます。
シニグリン効果でお腹の中からきれいに!
クレソンのピリッとした辛味と独特の香りは、「シニグリン配糖体」という成分からきています。わさびや大根にも含まれる、辛味配糖体です。

このシニグリン配糖体には胃腸の働きを高め、消化吸収をよくする働きがあります。美と健康は胃腸から!胃腸が元気になれば美容効果もアップします。

また、シニグリン配糖体には殺菌作用、口臭を予防する働きも。葉をしっかりよくかんで食べることで効果アップ!お口の中をすっきりきれいに保ちます。

クレソンの健康効果

古くはお薬として食されていたクレソンは、以下の症状にも効果があると言われています。

  • 貧血
  • 視力の衰え
  • 便秘
  • むくみ
  • リュウマチ・神経痛
  • 心臓虚弱
  • 慢性疾患に伴う衰弱  など

また、

  • 動脈硬化や高脂血症などの生活習慣病の予防
  • がん予防

にも、効果があると言われています。

体に良いとわかっても…馴染みのないクレソンをどう調理?

クレソン料理の写真
そんなに素晴らしいなら!とクレソンを買ってきたはいいものの、お肉に添える以外にお料理に使っているのを見たことがない…という人も多いのでは?

でも、心配はいらないようです。普通のお野菜と同じく、どんな料理にもどっさり投入して大丈夫みたいです!

美容効果を得たいなら生食がおすすめ!クレソンサラダ!

一番おすすめなのは、クレソンが主役のサラダです。加熱すると、せっかくのビタミンCやポリフェノールが損なわれてしまいます。美容・アンチエイジング効果を重視するなら、生でいただくのが一番!

葉と茎の柔らかい部分をちぎって、他のサラダ野菜と合わせて盛り付けてください。カロテンは脂分と一緒に摂った方が吸収がよくなるため、オイリーなドレッシングとともに。

和食にもどんどん投入!食べやすさでは加熱料理がおすすめ!

生の方が栄養的にはよいですが、辛み、独特な香り、苦味など、味や香りに少し癖があるため、味が苦手な人や、小さなお子さんには、加熱料理がおすすめです。加熱すれば、苦味や辛みがやわらいで食べやすくなります。

  • 炒め物
  • 天ぷら
  • 味噌汁、スープの具
  • ごま和えなどの和え物
  • お浸し
  • チャーハンやパスタ
  • 鍋物

など。特に鍋はたっぷりの量を食べられるのでおすすめです。どんな味のお鍋でも大丈夫。すき焼きにも合うと評判です。漬物や青汁の材料などにもおすすめです!

肉との相性は抜群!「クレソンの肉巻き」はオススメ!

いろいろな料理に意外と合う!と評判のクレソンですが、中でも「クレソンの肉巻き」は定評があります。

薄切りの牛肉で、適当な長さに切ったクレソンをクルクルッと巻いて焼くだけ!の簡単料理です。

肉巻き料理を作ったことがない人は、キッコーマン株式会社のサイト内に詳しいレシピが載っているので参考にしてみてください。

キッコーマン株式会社 商品情報サイト|キッコーマン
https://www.kikkoman.co.jp/index.html

こちらのレシピでは、クレソンを巻いたお肉に小麦粉をまぶして、と丁寧に調理されていますが、我が家では何もまぶさず、油をひいたフライパンでそのまま焼いちゃいます!

味付けも醤油とみりんとお酒を使うのが定番ですが、面倒なときは焼き肉のたれで簡単味付け!しっかりとした味がつくので、クレソンの味や香りが苦手な人も食べやすくておすすめですよ!

簡単に栽培可能!クレソンをお家で育ててモリモリ食べよう!

クレソンを自宅栽培している写真
水辺に野生のクレソンが自生しているのを見たことがある人もいるのでは?クレソンは、生命力・繁殖力が高いことでも有名です。

家で栽培するのも比較的簡単にできるので、自分で育ててみるのもよいでしょう。

クレソンは「再生栽培」にも適した野菜

種からの栽培もそう難しくはないようですが、もっとも簡単なのは、スーパーなどで購入したクレソンの、捨てちゃうはずの茎のはしくれを利用する「再生栽培」です。

クレソンはとにかく繁殖力がすごいので、茎を水につけておけば発根します。そのまま水耕栽培しても育ちますが、葉っぱまで水に浸かると腐ってしまうので注意が必要。また、何度も収穫したいなら、土に根付かせるのがよいでしょう。

土に根付かせる場合も、最初は水で育てます。毎日水を換えてくださいね。そのうち、いくつか脇芽が出てきます。脇芽に根が生えてきたころに、土に植え替えると根付きます。

水切れにさえ気をつければ、ざっくりした育て方でも育つ!

種から育てた場合は間引きしたりと少々面倒ですが、再生栽培の場合はそれほど頑張らなくても育ってくれます。

  • 真夏・真冬以外植えつけ可能(春と秋がベスト!)
  • 水を多少やり過ぎても腐ったり枯れたりしない
  • 肥料も必要なし
  • 少しくらい日当たりが悪くてもOK
  • 寒さには強く、霜に直接当たらなければ大丈夫

ただ、暑さには弱いので、夏場の栽培には注意が必要です。真夏は風とおしの良い日陰で育てるようにしてください。

普通に植木鉢やプランターで育てられますが、乾燥には弱いので水を切らすことがないように!

水を抜く穴をあけた容器に土を入れて植えつけ、その容器を水の張ったお皿に浸しておくという育て方なら、水切れの心配がなくて安心です。

ただ、夏場など気温が高い時期は、お皿の水が腐らないよう、ちょこちょこ水を換える必要があります。また、保水力の高い土を使うと根が腐る場合があるので、水はけの良い土を使うようにしましょう。

肥料はなくても育ちますが、10日に1回程度液体肥料を与えると、元気にモリモリ育ってくれます!真夏の暑さで弱っている場合は、肥料を与えることで余計に弱らせてしまうので与えないようにしてくださいね。

カラフルな菜園ポットをキッチンに並べてみるもよし。ベランダ菜園するもよし。園芸初心者向きの「クレソン」で、キッチン菜園に取り組んでみてはいかがでしょうか。

いつも食卓にクレソンを!上手に育てて毎日元気に美しく!

女性がクレソンを手にしている写真
クレソンに含まれるポリフェノールは、吸収がよく効果もすぐに現れますが、体内に留まる時間が短く、効き目は持続しません。食べることを習慣化して、日々、その恩恵にあずかりたいものです。

クレソンは繁殖力がすごいので、上手に株分けしていけば、摘み取っては食べ、摘み取っては食べも夢ではありません!キッチンやベランダに見た目にもおしゃれなクレソンを、たくさん育ててみてください!

野生のクレソンがたくさん生育している場所を知っていても、摘み取って食べないようにしてくださいね。野生のものには、稀に寄生虫がいることがあり危険です

また、自宅で育てる場合も、枯れて黄色く変色した葉っぱには有毒成分が混じっているため、食べないようにしてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント