• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

くせ毛で良かったと思える!くせを活かすパーマ風ヘアの作り方

Date:2014.07.05

くせ毛で悩んでいる人からはサラサラストレートヘアはとっても素敵に見えますよね。これから梅雨の時期が近づくと、くせ毛は湿気で余計に髪のまとまりが無くなってしまうのも悩みの種。そうなる前に縮毛矯正をしようと考えている人も多いかもしれません。

そう言う私もくせ毛で悩んでいました。髪が大きくうねってしまうので昔から縮毛矯正は欠かせませんでした。

しかし、美容師さんから「縮毛矯正は思っている以上に強い薬をつかうもの。髪への負担が大きいし、ストレートヘアにこだわらずにくせを活かすことを考えたらどうかな?」と提案されました。

くせはなんとしても無くしたいと考えていた私にとってはまさに思いがけない提案でしたが信じて任せてみると、楽で褒められる良いことだらけの「くせを活かすヘアスタイル」に!美容師さんに聞いたくせを活かすヘアスタイルの作り方をお教えします。

くせとライフスタイルに合わせたカットを

くせを活かすヘアスタイル作りで一番大切なのはカットの技術。カットが上手な美容師さんを探すのが成功への近道です。

髪が広がるからと言うとただ髪をたくさんすいてボリュームをおさえようとしたり、くせ毛で悩んでいると話すとすぐにストレートパーマや縮毛矯正を勧めるような美容師さんはくせを活かす技術が無い可能性が高いです。

カットの前にどんなくせがあるのかをよくカウンセリングしてもらいましょう。更に、「子育て中で髪を結ぶことが多いので髪をまとめやすいように。」「フェミニンな服が好きなので、カジュアルすぎるヘアスタイルは嫌。」など、自分の希望をしっかりと伝えることも大切です。

一緒に可能性を模索してくれる美容師さんこそ信頼できる相手だと言えます。

コテやアイロンを上手に活用する

いくら「くせを活かす」とは言っても、朝起きたままで大丈夫とはいきません。くせ毛のスタイリングの強い味方はコテとアイロン。

ストレート感を出したい前髪はアイロンで少し押さえ、毛先はコテで巻いてパーマっぽさを出すなど、上手に使い分ければ「くせ毛風パーマヘア」のようなスタイリングが簡単に作れます。

以前ブームになった「ツヤグラアイロン」などのようなコテとアイロンが一体化したような商品を使えば、更に簡単にスタイリングが完成です。

くせが強いならショート〜ボブがオススメ

くせ毛の人は「髪の重みがある分落ち着くから、髪は長い方がいい!」と思っている人がとても多いです。確かに縮毛矯正などをする場合は髪が長い方が落ち着きやすく感じます。

しかし、くせを活かすなら短い髪がオススメ。あえてくせを全面に出して、それを柔らかいパーマ風に見せるととても素敵です。

私の場合は肩にかかるぐらいのボブヘアにしましたが、朝毛先を中心に適当に巻くだけで、全体的にフワッとしたパーマ風のヘアスタイルになります。

実際に友人から「パーマにしたの?」とよく聞かれ、くせ毛だと話すと「羨ましい!」と言われる事もとても多いです。今まで悩みの種だったくせ毛が羨ましがられる時の快感を是非味わってください。

この記事をシェアする

関連記事