• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

一歩進んだかわいいへ!口紅の選び方、塗り方で変わる5つの方法

Date:2014.05.12

こんなとき、ありませんか?すぐ出かけないと遅刻する!けれど、なんとかぱっとした顔に見せたい!でも、アイシャドウを塗っている暇なんてないし、ましてやスモーキーアイなんてやってられない・・・!そして、はっ!と気づく。「口紅だ!」。

目を引くような鮮やかなマットな口紅なら、少しの努力で最大限あなたの顔を華やかに見せてくれます。あなたが今探している、メイクポーチの中のマットな口紅を塗りさえすれば、目の周りのメイクはいっそ控えめな方が引き立つというもの。時間もほとんどかかりません。上唇と下唇にすい、すいっと2滑り。でしょ?

このようにマットな仕上がりの口紅はあなたの印象をシンプルに、また時に大胆に魅せてくれるのですが、魅力的な唇に見せるためにはちょっとしたコツが必要です。ご心配なく、そんなに難しいものではありません。プロのメイキャップアーティスト直伝、簡単にあなたの唇を輝かせてくれるヒントを5つご紹介しましょう。

1.口紅の前に角質を取って

マットな口紅を塗る前には、唇に残っている不要な皮をきれいに取り去りましょう。マットな口紅はグロスほど難を隠してくれませんから、ちょっとした欠点もあますことなく見せてしまうのです。

もしあなたが唇の角質取りコスメを持っているなら、それを使いましょう。もしなかったら・・・ソフトな歯ブラシを用意。ワセリンを塗ってしばらく待ち、優しくブラシで擦りましょう。その後ぬるま湯できれいに流し、乾かせば、不要な皮も残りません。

2.正しい色を選んで

これはあなたが遅刻寸前になるずっと前に考えなければいけない問題ですね(ごめんなさい)。口紅を買いに行くときには、コスメカウンターであなたの肌色に合う口紅の色をじっくり選びましょう。もしあなたの肌色より薄いものを選んでしまうと、まるで死人(!)のように見えてしまうし、もし濃すぎれば唇がべったりと悪目立ちしてしまいます。コーラルや赤、ピンクなどから選んでみるのが無難でしょう。

3.リップブラシを使いましょう

口紅を塗るときはリップスティックとリップブラシのダブル使いで仕上げましょう。おおまかな部分はスティックをすべらせ、細かい部分や口角はブラシで描いてきちんとした印象に。

4.ハイライト

さて、そういうわけで。アイシャドウをする時間がないから、リップは華やかにしようという訳でこの記事は進んでいるわけですが・・・。アイシャドウを使いましょう。ただし、あなたの下唇のセンターに。ハイライト用のアイシャドウを、口紅を塗ったあとにちょんとのせます。この一手間で、あなたの唇がぷっくり愛らしく見えるようになります。

ハイライトの色は口紅とマッチするものを使う、これは鉄則。赤やヌード系の口紅にはゴールド系、ピンクやパープル系の口紅にはシルバー系のハイライトを使いましょう。

5.潤いをプラス!

マットな口紅は、一歩間違えるとギラギラした輝きになってしまう時があります。ベトベトしていないリップバームを持ち歩いて、唇に常に潤いを与えてあげましょう。

さあ、これで完璧!自信を持ってドアを開けましょう。キスの1つや2つくらい、どーんとサービスしても大丈夫ですよ(笑)。

この記事をシェアする

関連記事