• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

唇マッサージの効果で魅惑的な唇に!週2回でOK、簡単なやり方

Date:2017.05.22

メイクをする時、少しでも綺麗にそして若く見えるようにとシワやシミといったものを隠してメイクをする女性は多いと思います。

しかし、男性の多くがシワやシミよりも部分的なメイクの方に目が行くと言われています。

その中でも特に多くの男性がチェックしているのが、唇です。

唇がぷっくりとして魅力のある唇をしている女優さんは男性だけではなく女性にも人気で、女性誌などでも特集をされています。

そんな魅力的な唇は、日頃のケアだけではなくマッサージをしてあげる必要があります。

「唇のマッサージ?」と思ってしまいますが、今では唇のマッサージなどのケアは当たり前のようになっています。

では、唇にはどういったマッサージをしたら魅惑的なプルンとした唇にすることができるのでしょうか。

印象が変わる!唇をマッサージすることで得られる3つの効果

よくアイメイクで印象が変わると言いますが、それと同じくらい唇で印象がグンと変わります。

そのためにはメイクだけではなく、元の唇をプルンとふっくらにする必要があります。

最近では、スキンケア同様に唇ケアというのも増えています。その中で、自分で簡単にできるのが唇マッサージです。

唇をマッサージすることによって、どういった効果が得られるのでしょうか。

その1.マッサージで血流が良くなり唇の色が良くなる

メイクを落とした時の唇の色を確認したことはありますか?

常にリップクリームや口紅を塗っている人は、自分の唇の色が分かっていないという人がいます。

唇は血行が悪くなると紫に近い色になります。よく寒い時などに血行が悪くなり、唇が青くなると言いますが日頃からその色に近い唇の人もいます。

これは、血流が悪いからです。唇マッサージをすると唇回りの血行が良くなるため、唇の色が良くなります。

メイクをした時のようなピンク色…とまではなりませんが、血色の良い唇になるとリップクリームだけでも綺麗な唇に仕上げることができます。

その2.クリームを使うので潤いのあるプルンとした唇になる

唇が乾燥すると、リップクリームなどを塗って保湿をします。

しかし、乾燥が酷い場合はリップクリームを塗ってもすぐに乾燥したり、リップクリームを塗ることで唇が沁みたりすることもあります。

唇マッサージは、リップクリームやワセリンを使って行います。塗るだけではなく、塗ってマッサージをすることで唇のシワに入り込んで潤いを与えてくれます。

また、唇マッサージを定期的に行うことで唇の余分な角質も取れるため乾燥しにくい唇になります。

乾燥知らずの唇は、常にプルンとした綺麗な唇になるので口紅のノリも良くなります。

その3.唇のガサガサ解消で老け顔脱却に繋がる

唇が乾燥してガサガサだと、貧相・老け顔に見えてしまいます。

唇マッサージは、リップクリームやワセリンを使うため、潤いを与えてくれます。

その他、唇マッサージをすることで血行が良くなるので唇の色だけではなく、唇の代謝も良くなるのでカサカサ唇を予防することもできます。

よく唇の乾燥を防ぐのに唇パックをするという人もいますが、そこに唇マッサージをプラスするだけで唇の状態は格段にアップします。

そのため、カサカサだけではなく唇の色も良くなるので老け顔脱却に効果があると言われています。

魅惑的な唇になる自宅でできる唇マッサージの方法

唇といっても、リップクリームを塗る程度しかケアをしていないという人も多いのでしょうか。

唇マッサージをすることで、唇に嬉しい効果が期待できますが自分でマッサージする方法が分からないという人もいます。

今回は、自分で簡単にできる唇マッサージを3つ紹介します。

どのマッサージも毎日ではなく、週2~3回のスペシャルケアとして取り入れるだけで唇状態は変わります。

その1.唇と唇周辺をマッサージしてプルンとした唇にする

1番ベーシックな唇マッサージが、唇周辺の口輪筋も一緒にマッサージをする方法です。

唇だけではなく、その周辺の筋肉もマッサージすることで血行が良くなり、プルンとした唇にすることができます。

1.上唇にリップクリームかワセリンを多めに塗り、上唇のヤマ部分から口角に沿って輪郭を指でなぞりながらマッサージする

リップマッサージのやり方0522-1

2.下唇もリップクリームかワセリンを多めに塗り、唇の真ん中から口角に沿って輪郭を指でなぞりながらマッサージする

リップマッサージのやり方0522-2

3.上唇を円を描くように中央部分から口角に向かってマッサージする

4.下唇も同じように中央部分から口角に向かって円を描くようにマッサージする

リップマッサージのやり方0522-4

マッサージは、各10回程度で十分です。また、毎日マッサージをしてもいいですが、週2~3回から始めてみましょう。

マッサージをする時、あまり力を入れると唇を傷めるので力を入れないようにするのがポイントです。

人差し指よりも中指や薬指を使う方と力が入らないのでいいかもしれません。

その2.唇を軽くポンポンと叩き血流マッサージ

唇マッサージには、カサカサの解消だけではなく血行を良くする効果もあります。

唇の血行が良くなれば唇の色も良くなりますし、刺激を与えることでぷっくりとした唇にもなります。

  1. 唇全体にリップクリームかワセリンを塗る
  2. 指の腹を使い、上唇を口角から口角までポンポンと軽く叩く
  3. 下唇も同様、口角から口角までポンポンと軽く叩く

唇を軽くポンポンと叩き血流マッサージ0522-5

叩くといっても、力を入れて叩くのではなく軽くプッシュするような感じで行います。

あまり強く叩くと、唇にダメージを与えるので力加減には注意が必要です。

その3.唇全体をブルブルとさせて柔らかいぽってり唇に!

唇マッサージで、唇をつまんで筋肉を揉みほぐすマッサージをする方法があります。

この方法でも効果はありますが、力加減が分からないのでつい力を入れてしまい唇が痛くなることがあります。

そうならないためにもっと簡単なのが、ブルブルと唇を震わせるマッサージ法です。

この方法、ただ唇をブルブルとさせるだけなのでとても簡単です。

ブルブルマッサージ、ネットで調べると様々な方法がありますが実際このマッサージ法をしている人にいくつかポイントを聞いたものを紹介します。

  1. 唇を尖らせた状態にし、唇をブルブルと振動させる
  2. 普通に口を閉ざした状態で唇をブルブルと振動させる
  3. 笑顔を作るように口角を上げた状態で唇をブルブルと振動させる

マッサージは、1~3を合わせて1日10分程度で構いません。

テレビを見ている時や湯船に浸かっている時などにもできるので、毎日取り入れることも可能です。

ブルブルマッサージですが、1の唇を尖らせた状態のものは、ネットでも数多く紹介されています。

1の状態で唇をブルブルさせると分かりますが、口角付近はあまり振動が来ないためマッサージをしていない感じがします。

そのため、2や3のような口角までしっかりと振動が行き渡るマッサージをプラスすることで、さらに効果もアップします。

さらに唇の魅力アップ!マッサージ後にやりたい「唇パック」

唇はマッサージをしてあげるだけでもケアは十分ですが、そこにプラスしたいケアがあります。それが「唇パック」です。

唇マッサージ後に行えば、さらに血行も良くなり潤いのある唇になります。

唇マッサージと唇パックをセットにして行えば、乾燥知らずで唇のシワも目立たなくなるプルンとした唇に近づけることができます。

【用意するもの】

  • リップクリームかワセリン
  • 唇より少し大きめにカットしたラップ
  • 蒸しタオル
【唇パックの方法】

  1. 唇の輪郭より少しはみ出す程度にリップクリームやワセリンを塗る
  2. クリームを塗った唇にラップを貼り付ける
  3. ラップを貼り付けた唇の上に蒸しタオルを3~5分当てる
  4. ラップを外し、クリームを唇に馴染ませていく

リップクリームやワセリンを塗る時は、唇のシワの中にも入るように縦に塗っていくのがオススメです。

口紅を塗るように輪郭に沿って滑らせると、シワの中にリップクリームやワセリンが入り込みません。

リップクリームは、必ずシワの中にクリームが入るように縦塗りを忘れないのがポイントです。

蒸しタオルは電子レンジでチンすれば作ることができます。

しかし、蒸しタオルを作るのが面倒という場合は、ラップを貼り付ける時間を長くしましょう。

10分くらいまで伸ばせば蒸しタオルをした時に負けないくらいの効果は期待

唇も顔と同じ!マッサージをしてあげれば魅惑的な唇になる

毎日のケアは、多くの人がシミやシワといった皮膚部分に力を入れてしまいます。そのため、唇を入念にケアしているという人は少ないと思います。

しかし唇も顔と同じで、ケアをしてあげればしっかりと綺麗になります。

唇がくすんでいる人、唇がカサカサな人、唇にハリがない人はもしかするとケアが足りないかもしれません。

唇をもっと綺麗にしたい!という女性は唇マッサージをして魅惑的な唇を目指してみましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント