• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

キャベツが3倍おいしくなるノンオイルドレッシングでダイエット

Date:2014.02.17

ダイエットのためにサラダをたくさん食べますという方は多いと思います。私もよくサラダを食べています。ですが、あるとき、サラダを食べていない時よりも体重が増えたことがありました。

なぜかというと、ドレッシングがとっても高カロリーだったからです。そんなわけで、今回は、ドレッシングがヘルシーなサラダについて紹介したいと思います。

野菜には海藻はとっても相性のいいドレッシングだった

キャベツと昆布!?なんだかしっくりこない感じですね。ですが、これがとっても美味しいんです。

ひじきの煮物を応用する

お弁当のおかずにも最適で、栄養価も豊富なひじきですが、生野菜ととってもよく合います。キャベツの千切りとあえて、それからゴマをたっぷりかけて食べると、とっても見違えるようにキャベツのぱさぱさした感じが減ります。

逆に、ひじきの煮物は美味しいんだけど、ごはんと食べていてもシャキシャキ感がないから、なんだかなぁということありませんか?それもこのキャベツひじきで吹っ飛びます。水菜とひじきとゴマもとってもおいしいので是非お試しくださいね。

ワカメとレタスとゴマ

ワカメもとっても野菜に合うんです。ワカメにごま油を少しいれて、レタスをあえて、その上にゴマをたっぷりふりかけると、とっても美味しいサラダの出来上がりです。

ごま油はかけすぎないようにしてください。ワカメにゴマの香りを足すだけに使う感じですね。

塩昆布とキャベツとゴマ

塩昆布っておにぎりに少し入っているというイメージがありますよね。この塩昆布がとってもキャベツをマイルドにしてくれます。塩昆布ひとつまみをキャベツにあえてゴマをたっぷりふりかけます

そうすると、忙しい朝もキャベツがパクパク簡単に食べれてしまいます。昆布っておにぎりだけじゃあなかったのねという感じです。

モズクとサラダ

モズクって、栄養があるから買っておいたけど、結局食べずじまいで、賞味期限が切れているものが混じっている。なんてことがありました。そんなときに、ふと、キャベツにかけてゴマをふりかけて食べてみました。すると、とっても美味しいのです。

モズク特有のぬるぬる感がきえていて、シャキシャキだけが残る感じです。さらに、モズクのお酢がドレッシングになっていて、キャベツもほんのり甘くて食べやすくなっていました。

モズクといえば、山芋の千切りと梅干が良く合うというのは知っていましたが、キャベツにこんなにドレッシング替わりになるなんて意外でした。

海藻以外の意外なドレッシング食材

それは、かんきつ類の皮です。かんきつ類の皮は表面にとってもいい香りのする場所があるそうです。ですから、レモンですと、汁を絞ってから、中の皮をはいで、外の皮だけを薄く千切りにして、それを塩麹につけておくんです。

そうすると、即席のドレッシングができます。キャベツやレタスなどの上にかけるだけで、レモンドレッシングになります。レモンの汁も皮と塩麹と一緒につけておくと、とっても美味しいドレッシングになります。

ですが、昆布だしを取った後の昆布を細く刻んでから、細く切ったレモンの皮と塩麹だけでもとっても美味しいドレッシングの具材ができます。さらに、パセリやバジルを加えると香りも濃くなります。

いかがでしょうか?海藻とサラダの組み合わせ、是非お試しくださいね!

この記事をシェアする

関連記事