• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

家事も仕事も何もしたくない!そんな時には上手に「休憩」をとろう

Date:2013.09.16

理由はわからないけれど、何故か何も手に付かない事ってありませんか?それは家事だったり仕事だったりするかと思います。そんな自分が情けなくなるかもしれませんが、それって誰にでもある事なのです。

それでも頑張らなくちゃ!なんていつも思っていたらいつかパンクしてしまいます。大事な事は上手に“休む”事です。そして一旦ゼロにしてみると不思議とやる気は出てくるものです。

休みたいけど休めない

ほとんどの人がそうだと思います。家事なんて休んでしまったら家はぐちゃぐちゃになるし、仕事なんて余計休む暇ありません。という事は休む時間を増やせないのならば、今ある休み時間を今よりも有効に使う方法を考えなくてはなりませんよね。

家事を休む方法

毎日毎日家事をしていても誰にも感謝してもらえないし、だんだんやる気は奪われていきますよね。綺麗な家がもちろんいいですし、掃除を頑張っても何も言われないのに、たまたま少し汚れている時だけうるさく言われたりしますよね。と言っていけばキリがありませんのでこれくらいにしておきます。

家事というのは休まずにパパっとやってしまう方がはかどると思われがちですが、意外と合間合間に休憩を入れてもいいそうです。

例えば掃除が終わった後、いつもならすぐに洗い物をする所なのに今日はなんだかだるい!という時はテレビを見てから次の洗い物をしてもよいという事が実証されています。

もちろんそこでずっとテレビを見てしまっては意味がありませんが、ドラマだと1時間ほどで区切りができますし、このドラマを見たらなどとすれば、逆に仕事がはかどっていつもよりも早く仕事が終わるかもしれません。

仕事で疲れた体を休ませる方法

仕事をしている以上休める時間というのは限られています。主婦のように自分で休憩時間を決める事はできません。では今ある時間をより有効に使うにはどうすればよいのでしょうか。

まず休みの日にこそ早寝早起きをしてみましょう。休みだからいっぱい寝たいという気持ちは痛いほどわかりますが、頑張っていつもと同じくらいの時間に起きて太陽の光を浴びてみてください。そしてどこか外へ出かけてみましょう。友達とでもいいですしもちろん一人でもかまいません。

そして大事なのがその日は早く寝るという事です。一日思いっきり行動して楽しんで疲れたらいつもよりも何時間も早く寝ます。そして次の日からまた仕事で頑張れるかもしれません。

あと実践してみたいのは普段の睡眠を深くするという事です。限られた数時間しか寝る事ができないという方も多々おられるかと思いますが、寝る前にパソコンや携帯を見るのは実はあまりしない方がいいです。

脳や目に刺激があるのであまり深い睡眠ができません。そして眠る時にヒーリングミュージックを聞いてみてもいいかと思います。いろいろなCDが売っていて楽しいですよね。

もしかしたら貧血かも?!

私の体験ですが、家事をするのになぜか突然やる気がまるでなくなってしまった事がありました。少しやったらもう疲れてしまって、座ったらもう立つ力が全然沸いてきませんでした。それは実はやる気がないのではなく貧血だという事がわかったのです。

貧血の見分け方として簡単なものはあっかんべーをして、普通は目の下が赤いのですが、白っぽいと貧血の可能性があります。

貧血を改善するには基本的にはビタミンCを取ることが大事みたいです。果物や野菜を沢山とるとよいのですが、私は実はどちらも苦手であまり食べられないのでビタミンCのサプリメントを飲む事にしました。そんなに高いものではなくコンビ二に売っているようなものです。

すると今まで力が全然出ずに寝てしまっていたような場面でも、シャキッと家事をこなすことができるようになりました。このようにやる気のなさは体調からくるものも結構ありますので、まず自分の健康状態をチェックして、改善できるところは改善してみてもいいかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事