• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夜コップ一杯飲むだけ美活!簡単レモン水ダイエットの効果

Date:2016.05.06

shutterstock_270031589ダイエットをしているとは思えないほど簡単なレモン水ダイエット。

レモン水を飲むだけでやせるの?と不思議に思いますよね。

海外セレブやモデルもレモン水で産後のダイエットに成功した!とインターネット上でも紹介され、真似する女性も増えてきました。

レモン水ダイエットは人によっては短期間でかなり体重が減ったなど、簡単なのに効果は抜群のようです。簡単ならダイエットも続くかも?とちょっと期待してしまいます。

レモン水を飲むとダイエットにどんな効果があるのか、どのタイミングでどのくらい飲めばいいのかなど、レモン水ダイエットを成功させるためのポイントをご紹介します。

レモン水ダイエットとはレモンをプラスした水を飲むダイエット

レモン水ダイエットの良さは、なんといっても簡単なこと!

レモン果汁を入れた水を飲むだけです。これでダイエットできるなら嬉しいですよね。

口の中もさっぱりしますし、ダイエット以外の健康効果もたくさんあるんです!特に産後の女性には手軽にできるダイエット法として人気があるようです。

ダイエットに最適な成分がこれだけある!レモン水ダイエット9つの効果

レモンといえばビタミンCの代名詞ですよね。

ビタミンCの美容効果は誰もが知るところですが、それ以外にもポリフェノール、クエン酸などダイエットに最適な成分がたくさん含まれているのがレモンなのです。

レモンは肌にいいだけじゃないんですよ。嬉しいレモン水の効果をたっぷりご紹介!

レモンのポリフェノールは脂肪の吸収を抑える

レモンにはエリオシトリンというポリフェノールが含まれており、中性脂肪を減らし、脂肪肝になるのを防ぐ働きがあることがわかっています。

揚げ物にレモン汁をかけるのは理にかなった食べ方だったんですね。脂っこいものやお肉を食べる時にはレモン水を一緒に摂ると腸での脂肪の吸収を抑えてくれますよ。

このポリフェノールは、

  • レモン
  • ライム

にしか含まれていないので、残念ながらミカンやグレープフルーツでは代用できません。

クエン酸が肝臓で脂肪の代謝と血流を促進する

レモンに含まれるクエン酸は酸っぱさの元ですが、このクエン酸のおかげで脂肪の吸収を抑えるだけでなく、脂肪燃焼もサポート!

  • 肝臓での脂肪の代謝を促進
  • 老廃物の排出を促進

するといわれています。

老廃物がたまりにくいということは、太りにくい代謝の良い体を作ることが出来るのです。

レモンに含まれるヘスペリジンもまた毛細血管を強化して血流をよくしてくれます。

クエン酸とダブルの効果で体の巡りをよくし、体の隅々まで酸素や栄養素が行き渡るようになります。

ペクチンが血糖値の上昇を緩やかにする

レモンに含まれる食物繊維のペクチンには、血糖値が急上昇するのを抑える働きがあります。

血糖値が急上昇すると、膵臓からインスリンというホルモンが出て血糖値を下げようとします。インスリンは脂肪燃焼とは対局にあるホルモンです。

なぜならインスリンは、糖分を優先的にエネルギーとして使い、余った糖分は脂肪細胞に溜め込んで蓄えようとするからです。

血糖値の上昇が緩やかであれば、インスリンが大量に分泌されることもなく、脂肪を溜め込みにくい体になるのです。

また、血糖値が急上昇すると下降も急激になり、空腹を感じやすくなってしまいます。

血糖値をコントロールして脂肪を燃焼させ、空腹感を感じにくくすることがダイエット成功への近道なのです。

ペクチンで腸内環境を整える

レモンに含まれる食物繊維のペクチンは血糖値をコントロールするだけでなく、腸内環境を整える働きもあるのです。

腸の中で悪玉菌が増えて腸内環境が悪化すると、老廃物を排出することが出来ずに便秘やガスがたまりやすくなるだけでなく、肌荒れの原因にも。

ペクチンは腸の中で食べ物のかさを増し、便通を良くするとともに善玉菌の餌となります。

腸の中で善玉菌が増えてくれば腸内環境が改善されて、便秘の解消や予防し有害物質を体外に排出するというデトックス効果が期待できるのです。

空腹感を感じにくい

ペクチンは水溶性食物繊維なので胃の中で膨らんで他の食べ物を吸収しつつ、ゲル状に包んで胃腸までゆっくりと運んでくれます。

食べ物が胃にとどまる時間が長くなるので、空腹感を感じにくくなるのです。空腹を感じたらレモン水を飲むと空腹感を抑えることが出来るでしょう。

爽やかな香りでリラックス効果

レモンの香りは

  • リモネン
  • シトラール

という成分。爽やかな香りで気分もリフレッシュできます。

ダイエット中は何かとストレスが溜まりがちですが、ストレスを上手に解消することもダイエットには欠かせません。

ビタミンCはストレスを感じた時に出るホルモンであるコルチゾールの生成に関わります。

ストレスを強く感じている方ほど、ビタミンCをたくさん摂った方がストレスに対抗できる力を強くした方がよいでしょう。

レモンの香りで体内時計をリセット

リモネンには体内時計をリセットする効果があり、寝起きのレモン水は目覚めをよくしてくれる働きが期待できます。

夜型のライフスタイルの方は特に、朝しっかりと体内時計をリセットすることで、昼間眠くて夜眠れないなど、昼夜が逆転することを防げます。

レモンのビタミンCで美白効果

ビタミンCには抗酸化作用とメラニン色素の沈着を防ぐ作用があり、シミやそばかすを予防してくれます。

紫外線を浴びると肌を守ろうとしてメラニン色素がどんどん作られ、活性酸素も増えます。

これが体の錆び付きを招き、シミの元に。ビタミンCをたっぷり取ることで予防しましょう。

また、ビタミンCはコラーゲンの生成にも関わっています。特に40代以降は、残念ながらコラーゲンは減る一方。

紫外線の影響で外側からもコラーゲンが破壊されるため、肌の弾力が衰えてシワの元になってしまいます。少しでも今の肌の弾力を保つためにはビタミンCを積極的に摂りたいものです。

ビタミンCには免疫力アップ効果も

ビタミンCには白血球の働きをよくし、体内に侵入してきた

  • 細菌
  • ウィルス

を撃退する力を持っています。

ビタミンC自体も白血球に含まれているので、レモン果汁をたっぷり取ることで、免疫力がアップします。

風邪を引きやすい方や1度風邪を引くと治りにくいという方は積極的に摂った方がいいですね。

クエン酸の疲労回復&ダイエット効果

クエン酸サイクル(TCA回路)という言葉をご存知でしょうか。糖質などからエネルギーを作り出す体のシステムを「クエン酸サイクル」と呼んでいます。

クエン酸を毎日適量摂ることで、このシステムを効率的に回すことが出来て、エネルギーをどんどん作り出すことが出来ます。

効率的にエネルギーを作ることが出来れば、疲労物質がたまりにくく、疲れにくい体を作ることが出来ます。疲労回復効果とともに、代謝の良いダイエット向きの体になるというわけです。

レモン水ダイエットの効果を最大限に発揮するためのポイント

shutterstock_364179647
レモン果汁と水なのでいつ飲んでも良さそうですが、ダイエットの効果を最大限に発揮するためにはいつ飲むと良いのでしょうか。

レモン水を飲むタイミングは夜がオススメ!

朝よりも夜がおすすめです。

朝飲むと気分もリフレッシュしてよいのですが、一番カロリーの高い食事をする夕食と一緒に、もしくは夕食後がおすすめです。

またはレモンウォーターを作っておいて、食事のたびに飲むのもいいですね。ただし、食前の空きっ腹に飲むと胃を痛めることもあるので注意して下さい。

夜に飲んだほうがいい理由にもう一つあります。

光によって活性化される物質ソラレンがレモンに含まれていることを皆さんご存知でしたか?

ソラレンとは「光毒性」の物質で、レモンの他に下記の食品などに含まれています。

  • パセリ
  • きゅうり
  • しそ
  • キウイ
  • グレープフルーツ
ソラレンは紫外線の吸収を促す働きがあると言われており、摂取後2時間が最もその効果が高いと言われています。その後効果は下がるもの、紫外線吸収促進の働きは最大7時間続くそうです。

ということは、朝ソラレンを含むレモンを取れば日中はずっと「紫外線吸収促進状態」というわけです。いくらビタミンCが豊富に含まれているとはいえ、これでは逆効果ですね。

美白効果を期待するなら、外出する前の少なくとも7時間前、つまり夜レモン水を飲むのが効果的というわけです。

美味しいレモン水の簡単な作り方

さていよいよレモン水を自分で作ってみましょう。

出来れば国産レモンがおすすめですが、輸入物を使う場合はしっかりと洗って使って下さいね。

生のレモンを搾るレモン水の作り方

材料
200ml
レモン
2分の1個

レモンの果汁を搾ってお水に入れるだけです。目安として1日1個が適当な量です。水を炭酸水に代えるとさらに腹持ちがよくなりますよ。

ホットレモン水を作る

材料
200ml
レモン
2分の1個

水を温めてからレモン水を作りますが、レモンの酵素を壊さないように48℃までにします。ホットレモン水は朝飲むのもおすすめですよ。

レモン果汁を使う

生のレモンがない時は、レモン果汁で代用します。スプーン1~2杯のレモン果汁を水に入れて飲みましょう。

レモン果汁を使ったポッカレモンダイエット

生のレモンは高い!いちいち切るのは面倒!ということで、レモン果汁100%のポッカレモンを使った方法です。

しっかりとダイエット効果を出したいという方におすすめですよ。

材料
200ml
ポッカレモン
50ml

これを混ぜて飲むだけ。

かなり酸っぱいですが、お砂糖などを入れてしまったらダイエットにならないので、がんばって飲んでみましょう。酸っぱさにはすぐに慣れます。

レモン果汁の割合が多いので、空腹時は避けて食後に飲みます。夕食後が一番効果が出ますが、昼食後でもOK。または、昼、夜と2回飲んでもいいでしょう。

レモン果汁をたっぷり搾るコツ!

どうせ搾るならたくさん搾れた方がいいですよね。おいしいレモンの搾り方を知って、レモン水をさらに美味しくして下さい。

  1. レモンを平らなところに置く
  2. レモンに手を添えてコロコロと転がす
  3. 体重をかけるようにして30秒程転がす
  4. 半分に切って手で搾る

ポイントは手で搾ること!搾り器を使うと果肉と皮の間にある苦みのある成分まで一緒に出てきてしまうためです。

コロコロ転がすことによって皮と果肉の間にスキマが出来るのです。これによって、美味しい果汁だけが搾れるというわけ。

半分に切った時に果肉をフォークで数カ所刺しておくと、さらにたっぷり果汁が搾れますよ。

胃が弱い方は不向き!?レモン水ダイエットの注意点

胃があまり丈夫でない方は、レモン水を飲み続けることで胃に負担がかかり、痛みが出ることもあります。

あくまでも自分の体調と相談しながら進めて下さいね。

レモン水でスリムなボディだけでなく美肌も手に入れよう

shutterstock_299977721
あまりにも簡単なレモン水ダイエットですが、やはり継続して行うことで効果が出やすくなります。

ダイエットできるだけでなく、肌もキレイになるし、疲労回復効果もあり、いいことづくめのレモン水ダイエット。

疲れやすい人にもおすすめ。朝の目覚めがとても良くなるんです。

レモンは常温でも10日程度持ちますので、週末にまとめて買っていて毎日使う、またはレモン果汁を使って上手にレモン水を摂取して下さいね。

この記事をシェアする

関連記事