• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

唇の乾燥に舐めても安心の簡単手作りアロマリップはいかが?

Date:2014.12.03

秋から冬へと気温が下がるにつれ、気になって来るのが“乾燥”。特に唇の乾燥は荒れにつながり、見た目も悪く、口紅も上手くのりません。ひび割れたり皮が向けたりして流血!?なんて惨事も。

そこで活躍するのがリップクリーム!薬用だったりはちみつが配合されていたり、色つき香りつきと様々な商品が売られています。それだけに当たり外れも多いはず。効果が持続しない、香りがキツすぎる・好みじゃないなど。

それではいっそのこと自分で作ってみませんか?基本が出来てしまえば、色も香りも思うがまま。市販品は商品の質を保つために、様々な添加物が配合されています。その点、この手作りリップは舐めても安心な天然成分100%です。お子さん用にも最適です。

用意するもの

ミツロウ(ビーズワックス)

蜜蜂から取れます。キャンドルにも使われます。

シアバター

アフリカのサバンナに自生するシアの木の実から採れる植物性のバター。近年、化粧品として注目されています。オレイン酸とビタミンCが豊富で日焼け・肌荒れを防ぐと言われています。無くても作れますが、これを入れると入れないではしっとり感が全く違います。

キャリアオイル(植物油)

希釈用に使います。多種に渡るためお好みで良いのですが、代表的でお手頃価格な物として

・『ホホバオイル』…肌刺激が最もないと言われる。ビタミンEが豊富でアンチエイジングへの効果も期待される

・『オリーブオイルEXバージン』…オレイン酸等含み保湿性が高く、乾燥肌の方にオススメ

この2つがあげられます。

この3つ共に「未精製」「精製」とあります。「未精製」は自然の色・匂い・成分がそのままなもので、「精製」は色や匂いなど一部の成分が抜かれたものです。「未精製」の物は精製されたものと比べると成分が強く、肌の弱い方には刺激が強い場合があります。

お値段に差はありません。初めて使うとき、色つきを作りたいときは「精製」を使うと良いでしょう

精油(アロマオイル)

無くても作れますが、せっかくなので香りをつけてみましょう。最初は使う人を選ばない『ラベンダー』を使うと良いでしょう。リラックス効果があります。

※レモンやグレープフルーツなどの柑橘系は陽に当たるとシミを作る作用があるので避けましょう。

リップケース

リップケースは普通のクリーム用ケースでも可です。これなら化粧品店にもあります。ただし耐熱性であることに注意してください

以上5点はアロマテラピーの専門店「生活の木」さんや生活雑貨店のLOFTさんなら全て揃います。

その他

・大さじ
・小さじ
・耐熱性の容器(ガラスなど重みのある物が良い)
・割りばし
・小鍋
・鍋つかみ

作ってみましょう!リップスティック2本分

① 小鍋にお湯を沸かします。(耐熱性の容器が1/3程度沈む水量)

② ミツロウ大さじ1/2(3g)・シアバター小さじ1/2弱・キャリアオイル小さじ1(5ml)を耐熱容器に入れます。

③ ①が沸騰する前(60~70℃)で火を止め、②を入れ湯煎します。

④ 全て溶かします。割りばしでかき混ぜると早く溶けます。

⑤ ④に精油を2滴垂らします。

⑥ 鍋つかみで取りだし、リップケースに移します。

⑦ リップケースの底をトントンと軽く打ちつけ空気を抜きます。

⑧ 冷めたらはみ出したり凸凹な上部をナイフなどでカットします。

⑨ フタをして完成!

諸注意

*防腐剤・保存料は入っていません。4カ月~半年を目途に使いきってください。作った日付を書いたラベルを貼っておくと良いでしょう。ただし、カビている・匂いがおかしいなどの異常があれば即使用を止めてください。

*冷暗所で保管してください。

*自宅で作る場合の売買は薬事法で禁止されています。

*天然成分100%だとしてもアレルギー反応が出る方はいます。アレルギーのある方はもちろん、ない方も最初は様子を見ながら少しずつ使ってください。肌にあわないと感じたらすぐに使用はおやめください。

Let’s TRY!

いかがでしたか?材料さえ揃えてしまえば、意外と簡単でしょう?理科の実験感覚で作ってみてはいかがでしょうか?

火に気をつけてお子さんと作ってみるのも楽しいと思います。ミツロウが溶けていく様は面白いですよ。ただし、冷めるとすぐに固まりだしてしまうので、溶けたらすぐに容器に移してくださいね

慣れたら色をつけてみたり、香りや配合を変えたり、お友だちにプレゼントしたり色々チャレンジしてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事